ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

KAAT2019年度ラインナップ発表、白井晃「限界に挑戦するような1年に」

619

神奈川・KAAT神奈川芸術劇場の2019年度ラインナップ発表会より。

神奈川・KAAT神奈川芸術劇場の2019年度ラインナップ発表会より。

神奈川・KAAT神奈川芸術劇場の2019年度ラインナップ発表会が本日2月6日に同劇場にて行われ、芸術監督の白井晃のほか、ケラリーノ・サンドロヴィッチ(以下KERA)、小金沢健人、杉原邦生多田淳之介長塚圭史松井周森雪之丞山田うん山本卓卓、渡邉尚が登壇した。

白井が手がける「春のめざめ」で幕を開ける今年の主催事業には、同じく白井演出の「恐るべき子供たち」「アルトゥロ・ウイの興隆」「怪人と探偵」や、地点「シベリアへ!シベリアへ!シベリアへ!」、多田演出「ゴドーを待ちながら」、松井演出「ビビを見た!」、KERA演出「ドクター・ホフマンのサナトリウム~カフカ第4の長編~(仮)」、杉原演出「グリークス」、長塚演出「常陸坊海尊」などの演劇作品がラインナップ。このほか、韓国国立劇場×テロ・サーリネン「VORTEX」、山田振付・演出「NIPPON・CHA!CHA!CHA!」、笠井叡「─DUOの會─」といったダンス作品や、山本演出「二分間の冒険」をはじめとする「KAATキッズ・プログラム」、日仏コラボレーションプロジェクト 頭と口×Defracto「妖怪ケマメ:L'esprit des haricots poilus」、KAAT EXHIBITION 2019「小金沢健人展 Naked Theatre─裸の劇場─」など多彩な演目が並んだ。

発表会は前半と後半に分けて行われ、前半は演劇作品を手がける白井、KERA、杉原、多田、長塚、松井、森が出席。後半は美術・キッズプログラム・ダンス作品を担当する小金沢、山田、山本、渡邉が登壇し、どちらも白井が進行を務めた。まず白井は「演劇、ダンス、身体表現、現代美術、音楽。そういったアートが複合的にある劇場でありたいとプログラムを組んできたわけですが、徐々にそのような空気が作れてきたかなと自負しています」とこれまでのシーズンを振り返り、19年度のラインナップについて「“場”に足を運ぶことが少なくなってきている昨今の状況で、我々が“場”を持っているということをいかに力強く打ち出せるか。劇的なるものを創造し、劇的なものと出会う場所となれるよう、より多くの方に足を混んでいただき、芸術に触れていただけるような作品が作れればと(作品を)決めました」と思いを述べた。

続いて挨拶したのは、劇場からの提案で秋元松代の「常陸坊海尊」に取り組むことになったという長塚。「とんでもない脚本に手を出すことになったなと思っていて、非常にやりたくないんですけど、やりたくないことはないんですけど、大変なものを引いてしまったなとは思っています」とおどけ、会場の笑いを誘う。さらに「読めば読むほど、どうやっていいかわからなくなるような大変な作品です。が、そんな作品に向き合えることを光栄に思っていますし、上演される機会も少ない作品だと思うので期待していただけたら。素敵な俳優さんたちも決まってますので、発表するのが楽しみです」と期待を煽った。

KAATと地点の共同制作第9弾となる地点「シベリアへ!シベリアへ!シベリアへ!」を演出する三浦基は、ビデオメッセージにて「チェーホフの『シベリヤの旅』という短編小説をヒントにした作品で、『三人姉妹』に出てくる『モスクワへ!モスクワへ!モスクワへ!』というセリフをもじっています。チェーホフが、なぜ流刑地だったサハリン島へ探索に行ったのかを、明るくコントふうに描けたら」と構想を語る。

サミュエル・ベケットの「ゴドーを待ちながら」を演出する多田は、「(出演者の)年代を分け、“昭和平成バージョン”と、“新元号バージョン”として2バージョン上演する予定です。『えらい待ったな』という年齢を重ねた世代の人たちと、『これからこの人たちずっと待つんだな』という若い世代の人たち。元号が変わるいいタイミングで上演できるなと思っています」と笑顔を見せた。

松井は大海赫の絵本「ビビを見た!」の舞台化に挑む。「同じく大海さんの作品『メキメキえんぴつ』がトラウマ絵本と言うか、子供の頃に本当に怖くて押入れの隅に隠しておく、でも気になって見ちゃって夜眠れなくなる、そういう本だったんですね。『ビビ』は大人になってから読んだのですが、これも子供の頃に読んだらトラウマになるだろうなという、終末世界のお話。目が見えない男の子が7時間だけ目が見えるようになるのですが、その代わりに彼以外の全員の目が見えなくなり日本がパニックになるという作品です」と原作を紹介。「現代の日本人が、何か同じ方向にワッと流れていってしまう状態を舞台に乗せられないかと考え、この作品を選びました。残酷な描写があるかもしれないので、絵本ですが“キッズ・プログラム”ではありません」と話し、「全員目が見えない世界をどう表現するかにこだわりたい。演劇はテクノロジーが発達した世界においてもどこかアナログな手法で現代を表してきたと思うので、できるだけアナログな手法でみなさんにパニック状況を体感していただける作品作りをしたい」と抱負を語った。

白井とのタッグでオリジナルミュージカルを手がける森は、「怪人二十面相役に中川晃教、明智小五郎役に加藤和樹、謎の令嬢に大原櫻子。ミュージカルはセリフでは絶対に言えない心の言葉を歌詞にするから存在するわけで。これを大きな武器として作品を作っていきたい」と意気込む。これを受け白井は、「劇団四季の直後に同じ会場でやるオリジナルミュージカルということで、誰にもわからない僕だけのひそかな挑戦……今、抵抗って言いそうになったんでやめましたけど(笑)、挑戦なんですね。楽しんでいただければと思います」と目を輝かせた。

続けて白井が「やっと、やっとKAATで作っていただけることになりました」と紹介したのはKERA。KERAは今回手がける新作について、「映画で言うとフェイクドキュメンタリーやモキュメンタリーというジャンルに近いのかもしれないですけど、カフカの4作目の遺稿が見つかったという想定で、それを舞台化したい。……実際は見つかってないですからね?(笑)」と構想を明かし、「KAATは話を聞けば聞くほど自由度の高い劇場。いろんなことができるKAATで、カフカの世界を……中身はまだ決まってません(笑)。でも面白いものにしたいと思ってます。カフカは面白いんです。カフカの遺稿が見つかったんですからね? 楽しみにしてください」と期待を煽った。

杉原は長編戯曲「グリークス」の全3部連続上演に取り組む。「テレビで蜷川(幸雄)さん演出版を観て、『こんなに長い作品があるんだ』『長くても映像でも観続けられるくらい面白い演劇作品があるんだ』と衝撃を受けた日から、ずっと上演したいと思い続けてきた作品です。長尺物は慣れておりますので、カフェインを採って楽しんでいただけたら(笑)」と話し、会場の笑いを誘う。

最後に、ヒトラーを題材にしたブレヒトの寓話劇「アルトゥロ・ウイの興隆」を演出する白井は、作品について「この時代に上演すべきだろうと決定しました。独裁者が出てくるというのは、独裁者を求める群衆がいるのではないか、それを希望してしまっている我々の気持はどこにあるのだろうという視点からこの芝居を作っていきたい」と語り、演劇作品の紹介を締めくくった。なお本日、ラインナップ発表会後に行われた「春のめざめ」「恐るべき子供たち」の会見は、ステージナタリーにて別途レポートする。

後半では、白井が「話題にすることではないかもしれませんが」と前置きしながら、「主催公演をお願いする演出家としては最年少だと思います」と「キッズ・プログラム」の新作に取り組む山本を紹介。山本は出演者が実際の小学生であることを見どころに挙げ、「子役を使うのは初めてですが、オーディションで僕の出した指示に、『はい』と言わず、眉をひそめたような子を選びました」と冗談を交えながらコメント。「松井さんが『できる限りアナログに』という言葉を使ってましたが、僕は、できる限りデジタルに。映像を駆使していきたいと思います。ですが演劇は、デジタル化していくと、経験上、結果的にアナログになるので、そこにも注目いただきたいです」と続け、作品をアピールした。

山田は如月小春の戯曲「NIPPON・CHA!CHA!CHA!」を、演劇とダンスの2バージョンで同時上演する。「自分が身をもって体験したバブル時代の日本の精神性が、今の日本社会にどう結びついてるのか。オリンピックが始まる年に、ダンスと演劇を並べて上演することで、お客さまと感じられたら」と真摯に語る。

最後に白井が「KAATの体力の限界に挑戦するような1年になるかと思いますが、ご支援お願いします」と挨拶し、会見は締めくくられた。

※初出時より本文を変更しました。

2019年度(2019年4月~2020年3月)主催公演、主なラインナップ

白井晃演出作品 連続上演企画「春のめざめ」

2019年4月13日(土)~29日(月・祝)
大スタジオ

原作:フランク・ヴェデキント
翻訳:酒寄進一
音楽:降谷建志
構成・演出:白井晃
出演:伊藤健太郎岡本夏美栗原類 / 小川ゲン中別府葵、古木将也、長友郁真竹内寿、有川拓也、川添野愛、三田みらの / あめくみちこ河内大和那須佐代子大鷹明良

KAAT EXHIBITION 2019「小金沢健人展 Naked Theatre─裸の劇場─」

2019年4月14日(日)~5月6日(月・振休)
中スタジオ

KAATキッズ・プログラム2019「KAATキッズ・サマー・パーティー2019 in KAAT高原キャンプ場」

2019年5月3日(金・祝)~6日(月・振休)
大スタジオ

白井晃演出作品 連続上演企画「恐るべき子供たち」

2019年5月中旬
大スタジオ

原作:ジャン・コクトー(コクトー 中条省平・中条志穂:訳「恐るべき子供たち」/ 光文社古典新訳文庫)
上演台本:ノゾエ征爾
演出:白井晃
出演:南沢奈央柾木玲弥松岡広大 ほか

KAAT×地点 共同制作第9弾 地点「シベリアへ!シベリアへ!シベリアへ!」

2019年5月27日(月)~6月2日(日)、7月13日(土)~16日(火)
中スタジオ

テキスト:アントン・チェーホフ
演出:三浦基
出演:安部聡子石田大小河原康二窪田史恵小林洋平田中祐気

「ゴドーを待ちながら」

2019年6月
大スタジオ

原作:サミュエル・ベケット(白水社「新訳ベケット戯曲全集1」)
翻訳:岡室美奈子
演出:多田淳之介

「ビビを見た!」

2019年7月上旬
大スタジオ

原作:大海赫
上演台本・演出:松井周
出演:岡山天音石橋静河樹里咲穂久ヶ沢徹瑛蓮師岡広明

KAATキッズ・プログラム2019「グレーテルとヘンゼル」

2019年7月下旬
大スタジオ

脚本:スザンヌ・ルボー
演出:ジェルヴェ・ゴドロ
出演:土居志央梨小日向星一

KAATキッズ・プログラム2019「Loo」ほか

2019年7月27日(土)・28日(日)大スタジオ

KAATキッズ・プログラム2019 「二分間の冒険」

2019年8月中旬
大スタジオ

原作:岡田淳
上演台本・演出:山本卓卓
出演:百瀬翔、佐野瑞穂、下川恭平、亀上空花、小林那優、若松武史

新作ミュージカル「怪人と探偵」

2019年9月14日(土)~29日(日)
ホール

原案:江戸川乱歩
脚本・作詞・楽曲プロデュース:森雪之丞
テーマ音楽:東京スカパラダイスオーケストラ
作曲:杉本雄治(WEAVER
演出:白井晃
出演:中川晃教加藤和樹大原櫻子 / 水田航生フランク莉奈今拓哉、樹里咲穂、有川マコト山岸門人中山義紘石賀和輝 / 高橋由美子六角精児 / 齋藤桐人石井雅登碓井菜央、菅谷真理恵、大久保徹哉、咲良、茶谷健太、加藤梨里香

KAAT DANCE SERIES 2019 日仏コラボレーションプロジェクト 頭と口×Defracto「妖怪ケマメ:L'esprit des haricots poilus」

2019年10月
大スタジオ

KAAT DANCE SERIES 2019 韓国国立劇場×テロ・サーリネン「VORTEX」

2019年10月
ホール

ケラリーノ・サンドロヴィッチ演出「ドクター・ホフマンのサナトリウム~カフカ第4の長編~(仮)」

2019年11月
ホール
作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ

KAAT+KUNIO共同製作 KUNIO15「グリークス」

2019年11月
大スタジオ

演出・美術:杉原邦生
翻訳:小澤英実

「常陸坊海尊」

2019年12月
ホール

作:秋元松代
演出:長塚圭史

KAAT DANCE SERIES 2019「NIPPON・CHA!CHA!CHA!」

2020年1月
大スタジオ

作:如月小春
振付・演出:山田うん

「アルトゥロ・ウイの興隆」

2020年1月
ホール

作:ベルトルト・ブレヒト
演出:白井晃

「TPAM 国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2020」

2020年2月8日(土)~16日(日)(予定)
神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場 ほか

「SHIRAI's CAFE」

不定期

2018年度 提携公演ラインナップ

地点「三人姉妹」

2019年7月

快快「新作」

2019年9月

庭劇団ペニノ「笑顔の砦」

2019年9月

Baobab「ジャングル・コンクリート・ジャングル」

2019年12月

DULL-COLORED POP「マクベス(仮)」

2019年12月

別冊「根本宗子」「そのバレリーナの公演はあの子のものじゃないのです。(English ver.)」+新作公演

2020年1月

カンパニー・デラシネラ「どこまでも世界(仮)」

2020年2月~3月

OrganWorks「HOMO」

2020年3月

笠井叡「─DUOの會─」

2020年3月

そのほか主催公演

劇団四季ミュージカル「パリのアメリカ人」

2019年3月19日(火)~8月11日(日)

ステージナタリーをフォロー