杉原邦生

杉原邦生

スギハラクニオ

撮影:細野晋司

演出家、舞台美術家。1982年東京生まれ、神奈川県茅ヶ崎市育ち。京都造形芸術大学(現・京都芸術大学)映像・舞台芸術学科 同大学院 芸術研究科 修士課程修了。学科在籍中の2004年にプロデュース公演カンパニー・KUNIOを立ち上げ。これまでに「エンジェルス・イン・アメリカ」「ハムレット」、太田省吾「更地」「水の駅」などを上演。木ノ下歌舞伎には2006年から2017年まで参加し、「勧進帳」「東海道四谷怪談―通し上演―」「三人吉三」など11演目を演出した。代表作は、スーパー歌舞伎Ⅱ「新版 オグリ」(市川猿之助との共同演出)、「グリークス」、トライストーン・エンタテイメント「少女仮面」、シアターコクーン ライブ配信「プレイタイム」(梅田哲也との共同演出)、KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「オレステスとピュラデス」など。近作にはPARCO劇場オープニング・シリーズ「藪原検校」、COCOON PRODUCTION2021「シブヤデアイマショウ」(コーナー演出)などがある。2018年(平成29年度)第36回京都府文化賞奨励賞受賞。