ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

山本卓卓が“冒険”をよみがえらせる、百瀬朔ら出演「二分間の冒険」ビジュアル

119

8月に神奈川・KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオで上演されるKAATキッズ・プログラム2019「二分間の冒険」のビジュアルが公開された。

本作は岡田淳の児童小説「二分間の冒険」(偕成社刊)を原作とした舞台作品。上演台本・演出を範宙遊泳の山本卓卓が手がけ、ひらのりょうのアニメーション、加藤訓子の音楽を交えて物語を立ち上げる。出演者には百瀬朔、佐野瑞稀、下川恭平、亀上空花、小林那優、範宙遊泳の埜本幸良青山勝が名を連ねたほか、声の出演で犬山イヌコが参加。また、このたびお披露目されたビジュアルには、ひらのによる黒猫のイラストが収められた。

上演に向け山本は、「迷うことや失敗することが否定されているかのような時代に、置いてきぼりをくらった“冒険”が寂しそうにしています。物語の役目のひとつは、そうした寂しそうにしている言葉を甦らせることにあります。冒険冒険冒険。子どもから大人まで、冒険はきっと待っています」と思いを語っている。公演は8月17日から25日まで行われ、チケットの一般販売は5月25日にスタート。

なお本公演では一部日程でバックステージツアーが実施されるほか、群衆役のエキストラとして12歳から25歳くらいまでの男女を募集する。応募締切は6月30日まで。詳細はKAAT神奈川芸術劇場の公式サイトで確認しよう。

山本卓卓コメント

GPSが発達した現代において、携帯電話ひとつ持っていればサハラ砂漠の真ん中でさえ迷うことなく家に帰ることができる私たちにとって“冒険”という言葉は果たして失笑することなく受け止め得るのでしょうか。
迷うことや失敗することが否定されているかのような時代に、置いてきぼりをくらった“冒険”が寂しそうにしています。
物語の役目のひとつは、そうした寂しそうにしている言葉を甦らせることにあります。
冒険冒険冒険。
子どもから大人まで、冒険はきっと待っています。

KAATキッズ・プログラム2019「二分間の冒険」

2019年8月17日(土)~25日(日)
神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ

原作:岡田淳(偕成社刊)
上演台本・演出:山本卓卓
アニメーション:ひらのりょう
音楽:加藤訓子
出演:百瀬朔、佐野瑞稀、下川恭平、亀上空花、小林那優、埜本幸良青山勝
声の出演:犬山イヌコ

ステージナタリーをフォロー