音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

郷ひろみ、今年の紅白はジュリ扇振って「OK!バブリー!GO! GO! GO!」

459

郷ひろみ

郷ひろみ

12月31日(日)にNHK総合、およびラジオ第1で放送される「第68回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが、本日12月29日に東京・NHKホールで実施中。この記事では郷ひろみのコメントを紹介する。

今年はtofubeatsがリミックスを手がけた「2億4千万の瞳 ~GO! GO! バブルリミックス~」を、“バブリーダンス”で脚光を浴びた大阪府立登美丘高校ダンス部員とパフォーマンスする郷。ジュリ扇を持つ演出も盛り込まれるなど、ド派手なステージが展開される。

郷は「曲が曲なので、それに輪をかけてアレンジが80年代のバブルの感じになって、盛りだくさんで。僕も音が鳴ると気持ちが高ぶって……NHKは僕を踊らせたいんですかね?」と開口一番に記者陣に話す。そして共演者である登美丘高校ダンス部員のダンスを絶賛しつつ、「普段は高校生のかわいい女の子たちで、その落差がいいんですよね」「リハーサルからみんなキレキレですからね。本番が楽しみです」と期待を寄せた。

話はバブル期のエピソードにおよび、「扇子を持つのはバブル期のとき以来。あとはあおぐくらいですね」「ジュリアナは知ってますよ。その前のディスコブームから知ってますから」と語る。「バブル期は浮き足立っていたと思います。でも、その痛みを知ってるから今があるのかな」と振り返った。さらに当時、ディスコで郷がナンパしていたという噂や報道を「あれは嘘です!」と笑いながら全否定していた。

また衣装については「派手ですよ。(持っていたジュリ扇に)負けてない」と断言。囲み取材の最後では「OK! バブリー! GO! GO! GO!」とポーズを決めて本番に向けて意気込んだ。

音楽ナタリーをフォロー