音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

紅白初出場の三浦大知、無音シンクロダンスを披露「いよいよと実感」

1205

三浦大知

三浦大知

12月31日(日)にNHK総合、およびラジオ第1で放送される「第68回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが、本日12月29日に東京・NHKホールで行われている。この記事では三浦大知のコメントを紹介する。

音合わせを終えて取材に応じた三浦は「ステージに立って『いよいよなんだな』という実感が沸きました」と話し、「ダンサーのみんなもいつになく緊張していて。いい緊張に変えていきたい」と本番への意気込みを語った。今回、三浦は「Cry & Fight」と「EXCITE」の2曲をメドレーでパフォーマンスし、「Cry & Fight」のイントロでは無音でのシンクロダンスも披露する。音合わせではカメラアングルを確認しながらダンサーの動きを自ら調整する場面も。このシンクロダンスについて三浦は「いつも通りと言うか、今まで重ねてきたパフォーマンス。紅白でも気持ちをシンクロさせたいです」と語った。

また三浦は紅白初出場が決まったときを振り返り「内定という報道が出た段階で、おじいちゃんが『決まったぞ』っていろんな人に電話したみたいで(笑)。ちょっと恥ずかしかったけど、それだけ期待して応援しててくれたんだなと」と笑う。初の紅白で楽しみにしていることを尋ねられると、三浦は「いろんな演出やスペシャルなパフォーマンスが楽しみですね。でもスタッフの皆さんに聞いても全然教えてくれないんですよ(笑)。いち視聴者としても楽しみです」と、当日のサプライズに期待を寄せた。

音楽ナタリーをフォロー