音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

ゲス乙女もindigoも集合「エノンと愉快な仲間たち」大盛況

189

2月19日、東京・WWWにて川谷絵音(indigo la Endゲスの極み乙女。)の企画によるライブイベント「エノンと愉快な仲間たち Vol.1」が開催され、indigo la End、Crimson、マイクロコズム、ゲスの極み乙女。の4組が出演した。

チケット完売となったこの日の会場には、若い男女を中心に約400名のオーディエンスが集結。トップバッターとしてindigo la Endが登場すると、主役の川谷絵音(Vo, G)は「ようこそ『エノンと愉快な仲間たち』へ!」と呼びかけ、挨拶代わりに「レナは朝を奪ったみたいだ」を送る。彼ららしいゆるく笑いの絶えない雰囲気のMC中には、「4月2日にミニアルバム『あの街レコード』をリリースします。今までと違う作風になってるのでぜひ聴いてみてください」と告知を挟み、新作に収録される「ダビングシーン」も披露。後半はオオタユウスケ(Dr)が「渋谷!」「そんなもんでいいのか!?」と煽り立て、最後に「名もなきハッピーエンド」で締めくくった。

続くCrimsonは、竪山博樹(Dr)が諸般の事情で不参加になったため、川中梢 (Vo)と福重まり(Key / ちゃんMARI[ゲスの極み乙女。])の2人編成でライブに臨んだ。indigo la Endのステージで熱気に包まれた場内を、女性2人のしっとりとしたサウンドでクールダウンさせる。3番目のマイクロコズムは、太田美音(Vo, G)が機材トラブルに見舞われながらも、佐藤穂奈美(Dr, Cho / ほな・いこか[ゲスの極み乙女。])のサービス精神旺盛なつなぎMCにより事なきを得る。リズム隊なしの編成で臨んだCrimsonのあととあって、より一層佐藤のドラミングが映えるステージとなった。

イベントのトリを務めたのはゲスの極み乙女。。メンバー全員がステージに登場するや否や大歓声が沸き起こり、今や彼らのライブアンセムと言える「ドレスを脱げ」で場内全体のボルテージは急上昇した。彼らはダンスホールと化したフロアに「餅ガール」「キラーボール」とアッパーチューンを連投する。MCでは、ちゃんMARI(Key)による恒例のフレーズ「コポゥ!」を使ってコール&レスポンスをしたり、休日課長(B)がギターで即興ソングを披露したりと、人気の要因の1つでもある観客を楽しませる掛け合いを繰り広げた。

ライブが再開すると、そんな和やかムードを吹き飛ばすように、ほな・いこか(Dr)をフィーチャーした「いこかなでしこ」「jajaumasan」を間髪入れずに畳み掛ける。本編最後は「ホワイトワルツ」で恒例の“ゲスの4箇条”を提示し、4人は颯爽とステージをあとにした。その後のアンコールでは、川谷の口からゲスの極み乙女。が全国7カ所のワンマンツアーを行うことを発表。「東京は7月5、6日の恵比寿リキッドルーム2日間です!」とアナウンスするとファンから歓喜の声が上がった。

そして「課長が好きなこの曲で最後終わりたいと思います」という川谷のMCから「モニエは悲しむ」を演奏。その言葉通り休日課長のソロパートは大きな盛り上がりを見せた。川谷は「近いうちに今回のイベントの番外編をやりたいと思います!」と次のイベントを示唆しており、今後も“エノンと愉快な仲間たち”が集まる機会を期待できそうだ。

エノンと愉快な仲間たち Vol.1
2014年2月19日 WWW セットリスト

indigo la End

01. レナは朝を奪ったみたいだ
02. キャロルクイーン
03. 緑の少女
04. 彼女の相談
05. ダビングシーン
06. 名もなきハッピーエンド

Crimson

01. 掌に小宇宙
02. Boys&Girls
03. rqd
04. hermitage
05. Theremin

マイクロコズム

01. 落とし蓋
02. 声
03. オルタナちゃん
04. それでも
05. 黒くにじむ空に絶えず鳴り響く
06. abbie

ゲスの極み乙女。

01. ドレスを脱げ
02. 餅ガール
03. キラーボール
04. いこかなでしこ
05. jajaumasan
06. ホワイトワルツ
<アンコール>
07. モニエは悲しむ

音楽ナタリーをフォロー