音楽ナタリー

SKE48名曲「羽豆岬」歌碑除幕式で大矢「誇りに思う」

307

昨日7月4日、愛知・知多郡南知多町の羽豆岬にてSKE48の楽曲「羽豆岬」の歌碑除幕式が行われた。

「羽豆岬」は2010年7月にリリースされたSKE48の3rdシングル「ごめんね、SUMMER」の通常盤Bに収録されていたカップリング曲。これはSKE48が活動する愛知県に実際にある岬をモチーフにした楽曲で、SKE48にとって初めてのご当地ソングとなっている。歌唱メンバーは内山命、大矢真那、小木曽汐莉、中西優香、平田璃香子、平松可奈子、古川愛李、松本梨奈の8名で、現在SKE48に在籍しているオリジナルメンバーは5名となっている。またこの楽曲はファンからの人気も高く、昨年10月に行われた「SKE48 リクエストアワーセットリストベスト50 2012」では第1位を獲得している。

その羽豆岬のある南知多町は「羽豆岬」リリース後にSKE48ファンを中心とした観光客が増加。その恩恵を記念してこのたび歌碑が岬に建立された。除幕式には「羽豆岬」歌唱メンバーの内山、大矢、中西、古川、松本の5名に加え、木崎ゆりあ、木本花音、須田亜香里、高柳明音、古畑奈和の5名も参加。除幕式に先立って歌碑建立についての感想を聞かれると、大矢は「歌唱メンバーの8名はこの歌で羽豆岬を盛り上げたいという気持ちを持って歌ってきました。卒業してしまったメンバーもいるので今は5名になってしまったけど、絶対に仕事やプライベートで訪れたいねって言っていたので今日のことはうれしく思ってます。この場所に歌詞が刻まれるという素晴らしいことが本当に起こって泣きそうになりました」と素直な気持ちを打ち明けた。また応援メンバーとして参加した須田は羽豆岬の感想を聞かれると「以前お仕事で羽豆岬に来て羽豆神社でありがたいお話をしていただいたんですけど、今度は釣りをしたいです!」とコメントし笑いを誘った。

そして除幕式は縁起がいいとされる12:00ちょうどに開始。歌碑にかけられた大漁旗をメンバーが一斉に下ろし、歌碑が姿を見せるとメンバーは喜びの表情を見せた。歌碑を見た感想を尋ねられると内山は「歌碑を見た瞬間、私は泣きました。本当にうれしいです。ここが皆さんの元気の源になるように私たちSKE48もどんどんアピールしていきます」とコメント。また松本は「私たちが歌っている歌詞がここに刻まれて、私の胸にも刻まれました!」と語り笑顔を見せた。さらに古川は「この歌碑を見た瞬間、PV撮影のときのことを思い出しました。本当にたくさんの方にこの歌碑を見てもらいたいです」と打ち明け、中西も「私たちSKE48と羽豆岬を繋ぐこの曲がこんな風にここに刻まれて本当にうれしいです」と素直な気持ちを語った。そして大矢が「この曲を歌えることを誇りに思ってます。そしてここが皆さんのパワースポットになるといいなと思います」と力強くコメントすると会場からは大きな拍手が巻き起こり、除幕式は幕を閉じた。

音楽ナタリーをフォロー