音楽ナタリー

椎名林檎資生堂CMモデルに抜擢、音楽は東京事変が担当

1515

椎名林檎が武井咲とともに、資生堂のトータルメイクアップブランド「マキアージュ」の新CMキャラクターに抜擢。さらにCMソングに東京事変の新曲「女の子は誰でも」が起用されたことが明らかになった。

林檎が出演するのは、2月21日から発売されるベースメーキャップアイテム「ライティング ホワイトパウダリー UV」のCM。明るく透明感のある純白肌に仕立てる商品を、自身がモデルとなって紹介する。

なお彼女が化粧品のCMに出演するのは今回が初めて。CMのディレクターは、武井が出演する「ルージュエナメルグラマー」の「魔法の1分 落ちない唇」編とともに児玉裕一(CAVIAR)が担当している。武井が出演するCMは1月21日より放送開始。林檎の出演する「アカペラ純白肌」編は2月20日からオンエアがスタートする。

CMソング「女の子は誰でも」は林檎がCMのために書き下ろした新曲で、編曲は服部隆之が担当している。またこの曲は東京事変の2011年第1弾作品として、2月23日に新曲「空が鳴っている」との両A面でシングルリリースされる。

音楽ナタリーをフォロー