音楽ナタリー

奇跡のコラボ続出!氣志團万博初日は「ヤー!」で締めくくり

2539

氣志團(撮影:青木カズロー)

氣志團(撮影:青木カズロー)

昨日9月19日に千葉・袖ケ浦海浜公園で氣志團主催の野外フェス「氣志團万博2015 ~房総!抗争!天下無双!妄想!狂騒!大暴走!~ Presented by シミズオクト」が開催された。

袖ケ浦海浜公園での開催は今年で4回目となる「氣志團万博」。快晴に恵まれた1日目のトップバッターを務めたDISH//は「衣装を買うお金がないから」という理由で背中の部分のない制服姿で登場し、「サイショの恋~モテたくて~」やこの日初披露となった新曲「俺たちルーキーズ」といった氣志團プロデュース楽曲を中心にパフォーマンスを行った。続く森友嵐士は「どうなってんだい JESUS」演奏後、鬼龍院翔(Vo-karu / ゴールデンボンバー)を呼びmorioniの「サヨナラは歩き出す」を一緒に歌う。さらに綾小路翔(Dragon Voice / 氣志團)もゲストとして登場し、氣志團「One Night Carnival」のカバーやT-BOLANの楽曲「離したくはない」を3人で歌い上げた。

森友の出番が終わると花道の最前部に森山直太朗が登場。今月末より休止期間に入る森山は「氣志團万博」の思い出を感慨深く振り返りつつ、代表曲「さくら」を歌唱。「生きる(って言い切る)」では星グランマニエ(G / 氣志團)が伴奏で参加し、優しいサウンドでオーディエンスを迎える。森山による開会宣言が行われた後は郷ひろみがステージに立ち、「GOLDFINGER '99」「お嫁サンバ」「2億4千万の瞳」といったナンバーを披露。熱い歌声とキレのあるダンスで一気に観客を盛り上げ、すべての楽曲を終えるとさわやかに手を振りつつ退場した。

赤パン一丁にほっかむり姿のダンサーを率いた仙台貨物は「サタデーナイトゲイバー」でライブをスタート。「うまなみで。」では千葉(Vo)とサティ(G)がダンサーに担がれ、花道まで移動するという一幕も見られた。続いて古川未鈴の太鼓からパフォーマンスを開始したでんぱ組.incは「おつかれサマー!」「でんでんぱっしょん」でキレのあるダンスを行って場内を沸かせる。最新シングルの表題曲「あした地球がこなごなになっても」も披露し、オーディエンスのテンションをさらに高めていった。

フードコート付近に用意されたDJブースではNoGoDの団長がパフォーマンスを実施。この日の出演者のナンバーである「恋愛レボリューション21」「チバイズム~手ぬぐいを脱がさないで~」などを煽りながら流していった。その後メインステージにはゴールデンボンバーが登場。「抱きしめてシュヴァルツ」では喜矢武豊(Gita-)が全身を回転台に括り付けて口でボールを取る“スーパーボールすくい”を行う。さらにその横で樽美酒研二(Doramu)は重量上げを行うも、どんどん下着が脱げそうになってしまうというトラブルが起こり観客の笑いを誘った。

「千葉で“ヤンキー怖い”って言ってみたい」とライブ前のVTRで語っていたキュウソネコカミは、歌詞にその一節が出てくる「DQNなりたい、40代で死にたい」を演奏。途中ステージの一部分に幕が用意され、ヤマサキセイヤ(Vo, G)が「ヤンキーが唯一怖がる存在がいます」と語る。幕が下ろされるとヤマサキは和田アキ子を思わせる衣装に着替え、「あの鐘を鳴らすのはあなた」をカバーした。ヤマサキはそのままドレス姿で演奏を行って客席を盛り上げた。続くグループ魂のステージは港カヲル(46歳)の際どい下ネタトークで始まり、「ウィリアム・カウパー」「押忍!てまん部」といった過激な歌詞のナンバーが演奏される。途中、破壊(Vo)は客席に何度もスリッパを投げ込んだり、目をそらす観客に絡んでいったりとスリリングなパフォーマンスを展開した。

保田圭矢口真里石川梨華吉澤ひとみ、新垣里沙の5名によるモーニング娘。OGは「恋のダンスサイト」「LOVEマシーン」「恋愛レボリューション21」といったおなじみのヒット曲を次々と披露。彼女たちの息の合ったダンスやハキハキとした歌声にあわせ、一緒に踊ったり歌詞を口ずさんだりする観客の姿も多く見られた。ROLLY & HEESEYはすかんちの楽曲「恋のマジックポーション」やザ・モップス「たどりついたらいつも雨ふり」のカバーを演奏していく。途中からはゲストとして、金髪のアフロのウィッグに長ラン姿の吉井和哉が登場。THE YELLOW MONKEY「LOVE LOVE SHOW」、サディスティック・ミカ・バンド「タイムマシンにおねがい」のカバーでファンの声援を誘った。

DJブースではチームしゃちほこが氣志團「喧嘩上等」をカバー。そのまま「シャンプーハット」「そこそこプレミアム」「ちぐはぐ・ランナーズ・ハイ」など休みなく披露していく。「トリプルセブン」の途中では咲良菜緒がDJブースの上に乗って歌唱するシーンもあった。続いてメインステージに現れたVAMPSは「LIPS」「AHEAD」といったラウドかつダークな楽曲で会場を彩っていく。初回から出演している彼らはL'Arc-en-Ciel公演の合間を縫ってこの舞台に立ったとMCで明かす。それに続けてHYDE(Vo, G)は「でも、そこまでしても出てえんだよ!」と「氣志團万博」への熱い思い入れを叫んだ。

再びDJブースに舞台は移り、今年でデビュー10周年を迎えた微熱DANJIのパフォーマンスが開始。後半では持ち時間が少ないという理由で「甘い眩暈」がハイスピードバージョンで披露され、フロアに笑い声が飛び交った。続いてメインステージのGACKT presents 神威♂楽園では、「神威♂楽園」の校歌が会場におごそかに鳴り響く中メンバーがステージに登場。客席から「GACKT!」という声援が飛ぶと本人はこれを否定し、自らを「神威♂楽園の性徒会長・神威樂斗」と名乗った。返事は「はい」ではなく「かしこまり」といった校則を神威が直々にレクチャー。そしてGLAYの「口唇」「誘惑」、氣志團の「One Night Carnival」をマッシュアップした“One Nightの口唇の誘惑のCarnival”、「ウルトラソウル!」のフレーズで1曲1曲を強引に終わらせるB'zメドレーなどで会場は何度も笑いに包まれた。

この日の大トリはフェスの主催者でもある氣志團。「喧嘩上等」「俺達には土曜日しかない」「木更津サリー」を続けて演奏した後、MCで綾小路は客席を見渡し、「どこからどう見ても、俺たちの地元じゃないみたい。だって、いつもは、こんなに人がいねえもん」と感慨深げに語った。メンバーが自己紹介を終えると綾小路は森山直太朗をステージに呼び込み、氣志團の演奏で森山とのコラボ曲「ライバルズ」を歌唱。さらにチームしゃちほことともに「Don't Feel,Think!!」、モーニング娘。OGを交えての「恋人」と立て続けに出演アーティストとの共演を果たしていく。そして「ゆかいな仲間たち」の演奏を終えると、綾小路は「俺たちの街に来てくれて、ありがとう!」とお礼を述べ本編を終えた。

アンコールではメンバー全員がブレザーに着替えステージに登場。「性徒会長のおなーりー」という綾小路の呼びかけで神威とゴールデンボンバーの4人がステージに現れ、神威の「僕んとこ来ないか?」から全員で「One Night Carnival」を披露。観客も一緒に踊りながら盛り上がった。さらに神威とゴールデンボンバーが退場すると、今度は仙台貨物の千葉とNoGoDの団長をステージに呼び、CHAGE and ASKAの「YAH YAH YAH」をカバー。サビに入るとダチョウ倶楽部も登場し、「YAH YAH YAH」というフレーズを観客とともに大合唱した。怒濤のコラボを終え、最後は観客を交えてのカウントダウンで花火が打ち上げる。そしてダチョウ倶楽部の決めゼリフをもじった「たま、ヤー!」を全員で叫び、「氣志團万博」初日は大団円で幕を閉じた。

音楽ナタリーをフォロー

  • 読者アンケート実施中【音楽ナタリー】