ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

チェルフィッチュの<映像演劇>が熊本市現代美術館で開催

94

「『The Fiction Over the Curtains』2017–18 プロダクションショット」(撮影:加藤甫)

「『The Fiction Over the Curtains』2017–18 プロダクションショット」(撮影:加藤甫)

「渚・瞼・カーテン チェルフィッチュの<映像演劇>」が、4月28日から6月17日に熊本・熊本市現代美術館にて開催される。

これは、チェルフィッチュ岡田利規が、境界のありようをテーマに手がけた<映像演劇>6作品によって構成される「演劇公演 / 展覧会」。岡田は<映像演劇>について、「演劇という形式の特性のなかには、映像というメディアによってより生かされ、はっきりとしていくものがある。その作用を用いて、映像による演劇をつくる。それを私たちは今のところ、<映像演劇>と呼ぶ」と説明。さらに本作については「<映像演劇>のコンセプトを実現した複数の、鑑賞者に問いと経験をもたらしうる作品をつくり、それをひとつの演劇公演として展示する」と語っている。

なお関連イベントとして、本作の映像・音響を手がける映像作家の山田晋平、会場構成を手がけるスキーマ建築計画の長坂常、そして岡田によるトークが4月28日に行われるほか、ワークショップ、ツアーなども開催される。

岡田利規コメント

<映像演劇>及びタイトルについて

たとえば、身体を凝視するという経験の質は、それが生身の人間の身体なのか映像における身体なのかによって、大きく異なる。演劇という形式の特性のなかには、映像というメディアによってより生かされ、はっきりとしていくものがある。その作用を用いて、映像による演劇をつくる。それを私たちは今のところ、<映像演劇>と呼ぶ。<映像演劇>のコンセプトを実現した複数の、鑑賞者に問いと経験をもたらしうる作品をつくり、それをひとつの演劇公演として展示する。
扱いたいのは、ふたつの異なるものや領域やタイプのあいだの境界のありようをめぐる、現在 においてごくオーソドックスな問題。今回の「渚・瞼・カーテン」というタイトルは、もちろんそれを指し示している。

「渚・瞼・カーテン チェルフィッチュの<映像演劇>」

2018年4月28日(土)~6月17日(日)
熊本県 熊本市現代美術館

作・演出:岡田利規
映像・音響:山田晋平
会場構成:長坂常(スキーマ建築計画)
出演:青柳いづみ安藤真理太田信吾大村わたる川崎麻里子吉田庸、塚原悠也

出品作品

「A Man on the Door」
出演:塚原悠也
「The Fiction Over the Curtains」
出演:青柳いづみ、安藤真理、太田信吾、大村わたる、川崎麻里子、吉田庸、塚原悠也
「楽屋で台本を読む女」
出演:安藤真理
「第四の壁」
出演:川崎麻里子、太田信吾、大村わたる、吉田庸
「働き者ではないっぽい3人のポートレート」
出演:青柳いづみ、太田信吾、川崎麻里子
「Standing on the Stage」
出演:大村わたる、吉田庸
岡田利規による書き下ろしテキスト「渚」「瞼」「カーテン」

※川崎麻里子の崎の字は立つ崎(たつさき)が正式表記。

ステージナタリーをフォロー