チェルフィッチュ×金氏徹平の新作は「消しゴム森」

48

チェルフィッチュ×金氏徹平「消しゴム森」が来年2020年2月に石川・金沢21世紀美術館で開催される。

岡田利規(c)宇壽山貴久子

岡田利規(c)宇壽山貴久子

大きなサイズで見る(全2件)

「消しゴム森」は、チェルフィッチュの岡田利規と現代美術家の金氏徹平がコラボレートする新作。本企画は、映像により演劇空間を作り出す“映像演劇”の手法を織りまぜて、美術館の展示室で開催されるもので、チェルフィッチュが映像を使った展示・上演を行うのは、昨年18年の熊本・熊本市現代美術館での「渚・瞼・カーテン チェルフィッチュの<映像演劇>」以来となる。

11年にあうるすぽっとプロデュースで上演された「家電のように解り合えない」や15年初演「わかったさんのクッキー」、「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2017」のオープニングアクトとなった「tower(THEATER)」など、これまでもさまざまな形でコラボレーションしてきた岡田と金氏の新たな共作に注目しよう。

※初出時より、タイトルと本文を変更しました。

この記事の画像(全2件)

チェルフィッチュ×金氏徹平「消しゴム森」

2020年2月
石川県 金沢21世紀美術館

全文を表示

関連記事

岡田利規のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 岡田利規 / 金氏徹平 / チェルフィッチュ の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします