ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

悪魔のしるし・危口統之が原案の「蟹と歩く」倉敷市立美術館講堂で上演

30

悪魔のしるし「蟹と歩く」が、3月25・26日に岡山・倉敷市立美術館講堂にて上演される。

原案を主宰の危口統之が手がけ、“同行者”として俳優やダンサー以外にもさまざまな関係者が名を連ねる本作。チケットはすでに予定枚数を終了しており、当日券などについては今後の発表を待とう。なお危口は2016年12月に劇団公式サイトにて癌を発表し、現在倉敷にて療養中。

悪魔のしるし「蟹と歩く」

2017年3月25日(土)・26日(日)
岡山県 倉敷市立美術館 講堂

原案:危口統之
同行者:荒木悠、石川卓磨、臼井梨恵、岡村滝尾、金森香、木口裕香、小早川保隆、佐藤恵、高山玲子筒井潤、星野綜太、堀朝美、宮村ヤスヲ、中山奈美、八木光太郎山崎皓司

ステージナタリーをフォロー