音楽ナタリー

Eテレアニメ「クラシカロイド」で千聖×アンカフェみく、布袋寅泰×西川貴教コラボ

362

NHK Eテレのアニメ「クラシカロイド」の10月にスタートする第2シリーズで、千聖(PENICILLIN)と蔦谷好位置が新たに“ムジークプロデューサー”を担当することが決定した。

「クラシカロイド」は、高校生の音羽歌苗が大家を務める洋館に、ベートーヴェンやモーツァルトなど実在の音楽家と同じ名前の“クラシカロイド”を名乗る人物が集まるという物語。クラシカロイドたちは不思議な力を持つ音楽“ムジーク”を奏で、次から次へと奇想天外な出来事を引き起こす。

第2シーズンでは千聖はドヴォルザーク、蔦谷好位置はワーグナーという新キャラクターの“ムジーク”をプロデュース。千聖の“ムジーク”はアンティック-珈琲店-のボーカル・みくが歌唱する。なお第1シーズンに引き続き、ベートーヴェンは布袋寅泰、モーツァルトはtofubeats、リストは浅倉大介、ショパンはEHAMIC、バッハとチャイコフスキーとバダジェフスカはつんく♂が“ムジークプロデューサー”を担当。第2話には布袋寅泰がプロデュースし西川貴教が歌うベートーヴェンのムジークが登場する。

音楽ナタリーをフォロー