ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

ナイロン100℃の25周年「百年の秘密」開幕、一族の80年にわたる大河ドラマ

446

ナイロン100℃ 45th SESSION「百年の秘密」より。(撮影:引地信彦)

ナイロン100℃ 45th SESSION「百年の秘密」より。(撮影:引地信彦)

ナイロン100℃ 45th SESSION「百年の秘密」が、昨日4月7日に東京・本多劇場で開幕した。

ケラリーノ・サンドロヴィッチ率いるナイロン100℃の結成25周年の幕開けを飾る本作は、2012年に初演された、ある一族の80年にわたる大河ドラマ。劇中ではベイカー家の娘・ティルダ(犬山イヌコ)と、生涯の親友となるコナ(峯村リエ)の友情、彼女たちの親や兄弟、伴侶、子供たちの物語が紡がれる。

ティルダは銀行家の父・ウィリアム(廣川三憲)と優しい母・パオラ(松永玲子)の裕福な家庭に生まれ、変わり者の転校生のコナと友情を結んでいく。同級生のリーザロッテ(村岡希美)やチャド(みのすけ)と違い、ティルダはコナのことを大事に思う。ティルダの兄・エース(大倉孝二)はバスケット選手として大学の推薦入学も決まり、父の大きな期待を受けている。

その頃のベイカー家には明るい空気が満ちていた。エースの友人のカレル(萩原聖人)の来訪に、彼にほのかな思いを寄せるティルダは頬を赤らめ、隣人の弁護士のブラックウッド(山西惇)もベイカー家を訪れ、大きな屋敷にはさまざまな人々が集う。女中のメアリー(長田奈麻)は、家事を取り仕切り、ベイカー家の人間模様を見ていた。その彼女の語りによって、物語は進行する。しかし延々と続くかに思われた穏やかな日々には、次第に暗雲が立ち込め……。

公演は4月30日まで東京・本多劇場、5月3・4日に兵庫・兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール、5月8・9日に愛知・穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール、5月12・13日に長野・まつもと市民芸術館 実験劇場にて行われる。

ナイロン100℃ 45th SESSION「百年の秘密」

2018年4月7日(土)~30日(月・振休)
東京都 本多劇場

2018年5月3日(木・祝)・4日(金・祝)
兵庫県 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール

2018年5月8日(火)・9日(水)
愛知県 穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール

2018年5月12日(土)・13日(日)
長野県 まつもと市民芸術館 実験劇場

作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:犬山イヌコ峯村リエ / みのすけ大倉孝二松永玲子村岡希美長田奈麻廣川三憲安澤千草藤田秀世猪俣三四郎菊池明明小園茉奈木乃江祐希伊与勢我無 / 萩原聖人泉澤祐希伊藤梨沙子山西惇 

ステージナタリーをフォロー