ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

ナイロン100℃、25周年イヤーのラインナップに「百年の秘密」「睾丸」(仮題)

269

来年2018年に創立25周年を迎えるナイロン100℃の公演ラインナップが発表された。

ナイロン100℃は、4・5月には東京・本多劇場および兵庫、愛知、長野で2人の女性間の秘密をシリアスかつシニカルに描いた「百年の秘密」を再演。7月には東京・東京芸術劇場 シアターウエストほかにて連合赤軍の内ゲバ事件を題材にした新作「睾丸」(仮題)を上演する。いずれも作・演出はケラリーノ・サンドロヴィッチが担当。犬山イヌコ峯村リエ三宅弘城みのすけら劇団員が2公演を通じて一堂に会するほか、萩原聖人泉澤祐希伊藤梨沙子山西惇坂井真紀根本宗子安井順平赤堀雅秋ら客演陣が出演者に名を連ねている。

上演に際しケラリーノ・サンドロヴィッチは、「近年の劇団公演の中では抜きん出た一作、どうしても再演したかった『百年の秘密』と、赤軍派の内ゲバ事件に材をとる予定のやさぐれた新作群像劇『睾丸』(仮題)を上演する」と構想を語り、「もう暫くの間、我々にしか作れない演劇をやり続けるつもり。しくよろ」とコメントを寄せている。

なおナイロン100℃の最新作44th SESSION「ちょっと、まってください」は、本日11月10日に東京・本多劇場にて開幕する。

ケラリーノ・サンドロヴィッチ コメント

四半世紀、続けてしまった。こんなに続くなんて夢にも思わなかった。
ずっと一緒に創作してくれた劇団員、支えてくれたスタッフと客演陣、そしてこんなに安定しない作風と身勝手な態度を見捨てずにいてくれた観客の皆様に謝意を。
25周年を記念して、2018年は、近年の劇団公演の中では抜きん出た一作、どうしても再演したかった「百年の秘密」と、赤軍派の内ゲバ事件に材をとる予定のやさぐれた新作群像劇「睾丸」(仮題)を上演する。
もう暫くの間、我々にしか作れない演劇をやり続けるつもり。しくよろ。

ナイロン100℃ 45th SESSION「百年の秘密」

2018年4月
東京都 本多劇場

2018年5月
兵庫、愛知、長野公演を予定。

作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:犬山イヌコ峯村リエ / みのすけ大倉孝二松永玲子村岡希美長田奈麻廣川三憲安澤千草藤田秀世猪俣三四郎菊池明明小園茉奈木乃江祐希伊与勢我無 / 萩原聖人泉澤祐希伊藤梨沙子山西惇 

ナイロン100℃ 46th SESSION「睾丸」(仮題)

2018年7月
東京都 東京芸術劇場 シアターウエスト ほか

作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:三宅弘城、みのすけ / 新谷真弓、廣川三憲、長田奈麻、喜安浩平吉増裕士眼鏡太郎皆戸麻衣、菊池明明、森田甘路大石将弘 / 坂井真紀根本宗子安井順平赤堀雅秋

ステージナタリーをフォロー