ソールドアウトの大阪「夏の魔物」成田大致たちは鮎川誠、オーケン、ROLLYとコラボ

150

9月9日に大阪・ユニバースでロックフェスティバル「夏の魔物2018 in OSAKA」が開催された。

THE 夏の魔物と大槻ケンヂ。(撮影:橋本塁)

THE 夏の魔物と大槻ケンヂ。(撮影:橋本塁)

大きなサイズで見る(全47件)

今年は東京に続き大阪でも実施された「夏の魔物」。チケットはソールドアウトし、会場には数多くの観客が詰めかけた。

Sundayカミデ(撮影:橋本塁)

Sundayカミデ(撮影:橋本塁)[拡大]

石塚淳(台風クラブ)がDJで来場者たちを歓迎する中、まずは「青コーナー」ステージにSundayカミデが登場。彼は夏の魔物に提供した「ダーリン no cry!!!」や自身が所属するグループ・天才バンドの「君が誰かの彼女になりくさっても」でフェスのオープニングを飾った。「赤コーナー」ステージには東京編にも参加したおおきゆりね、ぜんぶ君のせいだ。せのしすたぁ二丁目の魁カミングアウトが続けて舞台に立ち、パフォーマンスを繰り広げた。

クリトリック・リス(撮影:橋本塁)

クリトリック・リス(撮影:橋本塁)[拡大]

二丁目の魁カミングアウトに続いて登場したONIGAWARA以降は「青コーナー」「赤コーナー」両ステージを交互に使用する形でフェスは進行し、BILLIE IDLE、みるきーうぇい、THE NEATBEATS空きっ腹に酒が演奏。KING BROTHERSの出番になるとマーヤ(G, Screaming)が客席にダイブし、バンド結成の地である「西宮」コールを催促したりとパワフルなステージングで観客を圧倒した。一方「東大阪」コールでライブをスタートさせたクリトリック・リスはクラウドサーフを行って会場を移動。終盤では“ハゲ”コールを受けながらOasis「Don't Look Back in Anger」をカバーするなど、自由奔放にライブを行った。

奇妙礼太郎(撮影:橋本塁)

奇妙礼太郎(撮影:橋本塁)[拡大]

人間椅子うつみようこの出番を挟み、この日限りのスペシャルユニット・ROLLY大槻ケンヂと魔物少女達がステージへ。このアクトにはROLLYと大槻のほか泉茉里、鏡るびい、ファーストサマーウイカ(BILLIE IDLE)、大ヒット中の映画「カメラを止めるな!」に撮影助手の松浦早希役で出演した女優・浅森咲希奈がボーカルとして参加し、すかんち「恋のマジックポーション」や大槻ケンヂと絶望少女達「人として軸がぶれている」「林檎もぎれビーム!」、筋肉少女帯「踊るダメ人間」といった楽曲をカバーした。バスドラムとアコースティックギターでライブを行ったTOMOVSKY、およそ50分にわたって演奏を繰り広げたフラワーカンパニーズののち、「青コーナー」ステージのトリを務めた奇妙礼太郎はブルージーな弾き語りを披露。ざわついた会場に淡々と声を響かせた。

成田大致(THE 夏の魔物)とROLLY。(撮影:橋本塁)

成田大致(THE 夏の魔物)とROLLY。(撮影:橋本塁)[拡大]

大トリのTHE 夏の魔物は成田大致(Vo)の「こうしろとかああしろとか!」という言葉から「音楽の魔物」でライブをスタート。爆音をバックに各メンバーが派手なアクションで観客のテンションを高めていった。さらに彼らはこの日のライブで、ROLLYを迎えての「恋の天国はケモマモハート」や、大槻と共に「バイバイトレイン」をプレイ。豪華ゲストとの共演でオーディエンスを盛り上げた。

左から鏡るびい、泉茉里。(撮影:橋本塁)

左から鏡るびい、泉茉里。(撮影:橋本塁)[拡大]

この日が泉茉里(Vo)の脱退前最後のライブとなったTHE 夏の魔物。成田は「泉茉里と今日がひと区切りなので、ギターリフに合わせて合唱してください!」と観客に語りかけると、成田と越川和磨(G)の初共作曲「さよならメモリー」へと突入。間奏に入ると泉は指揮をとるようなアクションを行い、観客に向かって笑顔を見せた。本編最後の「恋愛至上主義サマーエブリデイ」では成田が観客に乗り込み、下手では鏡るびい(Vo)、上手では大内雷電(Vo)がやぐらに登ってライブ終盤を彩った。

左からうつみようこ、泉茉里、鮎川誠。(撮影:橋本塁)

左からうつみようこ、泉茉里、鮎川誠。(撮影:橋本塁)[拡大]

アンコールに入ると、THE 夏の魔物は鮎川誠をゲストに迎えてSHEENA & THE ROKKETSの「ビールス・カプセル」「レモンティー」をカバー。泉はシーナを意識したセクシーなボーカルを会場に響かせた。さらにTHE 夏の魔物が「You May Dream」を演奏した際にはうつみようこも参加。彼女は泉とのデュエット形式で歌唱した。そして出演者全員が参加したフィナーレではThe Rolling Stonesの「(I Can't Get No) Satisfaction」が披露され、10数分間に及ぶセッションの末、泉による「3、2、1、魔物ファイヤー!」で「夏の魔物」大阪編はエンディングを迎えた。

なお12月25日には青森・リンクモア平安閣市民ホールにロックフェスティバル「夏の魔物2018 in AOMORI」が開催される。同イベントの年内開催はこれで3度目となる。

この記事の画像(全47件)

夏の魔物2018 in AOMORI

2018年12月25日(火)青森県 リンクモア平安閣市民ホール
<出演者>
LAUGHIN' NOSE / DMBQ / 百々和宏withウエノコウジ / Wienners / BiS1st / BiS2nd / GANG PARADE / EMPiRE / DJ掟ポルシェ / 久保ミツロウ&能町みね子 / 眉村ちあき / 二丁目の魁カミングアウト / THE 夏の魔物 / and more

全文を表示

関連記事

THE 夏の魔物のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 THE 夏の魔物 / 鮎川誠 / ROLLY / 大槻ケンヂ / 台風クラブ / ぜんぶ君のせいだ。 / せのしすたぁ / 二丁目の魁カミングアウト / ONIGAWARA / BILLIE IDLE の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。