第36回東京国際映画祭ラインナップ発表、ナビゲーター就任の安藤桃子は「ぶっ飛ぶほど光栄」

1

18

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 3 13
  • 2 シェア

第36回東京国際映画祭のラインナップ発表記者会見が、本日9月27日に東京ミッドタウン日比谷 BASE Q ホールで開催。フェスティバルナビゲーターの安藤桃子、映画監督の小辻陽平富名哲也らが出席した。

第36回東京国際映画祭ラインナップ発表記者会見の様子。

第36回東京国際映画祭ラインナップ発表記者会見の様子。

大きなサイズで見る(全11件)

第36回東京国際映画祭ポスタービジュアル

第36回東京国際映画祭ポスタービジュアル[拡大]

映画の力で多種多様な世界をよりカラフルにしていくことをミッションに掲げる本映画祭。10月23日のオープニングセレモニーは東京宝塚劇場、11月1日のクロージングセレモニーはTOHOシネマズ 日比谷で行われるほか、会期中の上映劇場は丸の内TOEI、丸の内ピカデリー、TOHOシネマズ 日比谷、ヒューリックホール東京、角川シネマ有楽町、シネスイッチ銀座、ヒューマントラストシネマ有楽町、TOHOシネマズ シャンテとなっている。

安藤桃子

安藤桃子[拡大]

本映画祭ではこれまで“アンバサダー”という形で俳優が案内人となってきたが、今年はさまざまな形で映画にコミットしている安藤が“ナビゲーター”に就任した。安藤は、コロナで変化した情勢に触れつつ「これから先、私たちがどこへ向かって行きたいか。その道を示していくことがナビゲーターの務め。ぶっ飛ぶほど光栄に思います」と述べる。続けて「映画は、観る1人ひとりの心にある。未来、人生を導いてくれるようなものだと思っています。各国からいらっしゃるゲストの方々と出会って、今の世の中のこと、これから先どこに向かいたいのかを直接語り合いたい」と意気込みを伝えた。

小辻陽平

小辻陽平[拡大]

富名哲也

富名哲也[拡大]

ヴィム・ヴェンダースが審査委員長を務めるコンペティション部門は、2023年1月以降に完成した長編映画を対象に、114の国と地域から1942本の応募があった。その中から「正欲」「曖昧な楽園」「わたくしどもは。」といった国内作品を含む計15本がラインナップに並ぶ。「曖昧な楽園」を手がけた小辻は「今回が初めての参加になります。国内・海外の素晴らしい映画が集まった、日本を代表する映画祭だと認識しています。まさか自分がこの場に立つことができるとは」と喜びをあらわにする。「わたくしどもは。」の監督・富名は「初めての参加なので楽しみにしております。小松菜奈さん、松田龍平さんと豪華な方々に出演いただきましたが、小さな規模の作品です。このワールドプレミアという機会にぜひ観ていただけたら」と述懐した。

「PERFECT DAYS」場面写真 (c)2023 MASTER MIND Ltd.

「PERFECT DAYS」場面写真 (c)2023 MASTER MIND Ltd.[拡大]

「ゴジラ-1.0」ビジュアル (c)2023 TOHO CO.,LTD.

「ゴジラ-1.0」ビジュアル (c)2023 TOHO CO.,LTD.[拡大]

本映画祭のオープニングを飾るのは、ヴェンダース監督作「PERFECT DAYS」。クロージング作品には山崎貴が監督を務めた「ゴジラ-1.0」が決定しており、本年に生誕120年を迎える映画監督・小津安二郎の特集や「アルプススタンドのはしの方」「銀平町シネマブルース」で知られる城定秀夫の特集もある。詳細は第36回東京国際映画祭の公式サイトでチェックしよう。

第36回東京国際映画祭は10月23日から11月1日にかけて東京都内各所で開催。チケットは10月14日10時から部門別に順次一般販売される。先行抽選販売される作品もあるためご注意を。

第36回東京国際映画祭

2023年10月23日(月)~11月1日(水)東京都 日比谷・有楽町・銀座エリア

オープニング作品

「PERFECT DAYS」

クロージング作品

「ゴジラ-1.0」

コンペティション

「正欲」
「エア」
「真昼の女」
「西湖畔に生きる」
「曖昧な楽園」
「ゴンドラ」
「野獣のゴスペル」
「ロングショット」
「ペルシアン・バージョン」
「ロクサナ」
「鳥たちへの説教」
「開拓者たち」
「雪豹」
「タタミ」
「わたくしどもは。」

アジアの未来

「離れていても」
「ラ・ルナ」
「マディーナ」
「マリア」
「家探し」
「レッドライフ」
「ロシナンテ」
「相棒ディーディー」
違う惑星の変な恋人
「辰巳」

ガラ・セレクション

異人たち
エクソシスト 信じる者
「満江紅(マンジャンホン)」
ゴールド・ボーイ
「緑の夜」
「KIDNAPPED」

怪物の木こり
「ムービー・エンペラー」
MY (K)NIGHT マイ・ナイト
ネクスト・ゴール・ウィンズ
哀れなるものたち
「ポトフ」
ほかげ

ワールド・フォーカス

「耳をかたむけて」
「アンゼルム」
「ダンテ」
「湖の紛れもなき事実」
「漁師」
「愛は銃」
「メイ」
「メニュー・プレジール ~レ・トロワグロ」
「ミュージック」
「パッセージ」
「Somebody Comes into the Light」

生誕100周年記念 フランコ・ゼフィレッリ特集

「トラヴィアータ/1985・椿姫」デジタルリマスター版
「尼僧の恋/マリアの涙」修復版
永遠のマリア・カラス」デジタルリマスター版

第20回ラテンビート映画祭 IN TIFF

「犯罪者たち」
「魔術」
「ストレンジ・ウェイ・オブ・ライフ」
「Totem」
「ひとつの愛」

アジアン・シネラマ - 香港フォーカス

トニー・レオン マスタークラス
2046
「白日の下」
「年少日記」
「バイタル・サイン」
「烈火青春」4Kレストア版ディレクターズカット

台湾電影ルネッサンス2023

「成功補習班」
「ミス・シャンプー」
「Old Fox」
青春の反抗

バスク映画特集

「20000種のハチ」
「ディープ・ブレス 女性映画監督たち」
「女性たちの中で」
「ライ麦のツノ」
「スルタナの夢」

Nippon Cinema Now

市子
かぞく
彼方のうた
99%、いつも曇り
「小学校~それは小さな社会~」
左手に気をつけろ
Ryuichi Sakamoto | Opus

監督特集 映画の職人 城定秀夫という稀有な才能

「銀平町シネマブルース」
ビリーバーズ
愛なのに
「アルプススタンドのはしの方」

アニメーション

アートカレッジ1994
BLUE GIANT
リンダはチキンがたべたい!
北極百貨店のコンシェルジュさん
「深海レストラン」
駒田蒸留所へようこそ
かがみの孤城
ロボット・ドリームズ
「トニーとシェリーと魔法の光」

海外映画祭と監督

この世界の(さらにいくつもの)片隅に
夜明け告げるルーのうた
音楽

アニメ・シンポジウム

「青年を描くアニメーション」
「アニメーション表現の可能性」

ユース

TIFFティーンズ

「私たちの世界」
「パワー・アレイ」
「白い小船」

山崎バニラの活弁小絵巻 2023

「突貫小僧」マーヴェルグラフ版
「ちびっ子ギャングの突貫ガラクタ列車」
「ちびっ子ギャングのホット・クリスマス」

TIFFティーンズ映画教室2023

赤チーム「かえして」
黄チーム「あの夏、孤独と共に」
青チーム「もう悲しみをはなさないで」

日本映画クラシックス

白い巨塔」4Kデジタル修復版
忍びの者
雄呂血」4Kデジタル修復版

TIFFシリーズ

「連続ドラマW OZU ~小津安二郎が描いた物語~」第1話、第2話、第3話
「平原のモーセ」

交流ラウンジ

トラン・アン・ユンによるトーク
チャン・イーモウによるトーク
Nippon Cinema Now部門監督陣によるトーク
ヤン ヨンヒモーリー・スリヤの対談
山田洋次×グー・シャオガンの対談
アジア映画学生交流プログラム

TIFF×STORY STUDY

街と映画と映画祭「PERFECT DAYS」と「怪物」ができるまで
TIFFラウンドテーブル「映画ジャーナリズムにおける女性のまなざし」
日韓の映画制作の未来 シンポジウム

小津安二郎 生誕120年記念企画

小津安二郎生誕120年特集上映

非常線の女」4Kデジタル修復版
「大人の見る繪本 生れてはみたけれど」4Kデジタル修復版
父ありき」4Kデジタル修復版
長屋紳士録」4Kデジタル修復版
「菊五郎の鏡獅子」4Kデジタル修復版
風の中の牝鷄」4Kデジタル修復版
宗方姉妹」4Kデジタル修復版
小早川家の秋」4Kデジタル修復版
晩春」4Kデジタル修復版
「麥秋」4Kデジタル修復版
東京物語」4Kデジタル修復版
東京暮色」4Kデジタル修復版
彼岸花」デジタル修復版
浮草」4Kデジタル修復版
秋日和」デジタル修復版
秋刀魚の味」デジタル修復版

小津安二郎生誕120年記念シンポジウム SHOULDERS OF GIANTS

お早よう」デジタル修復版(ヴィム・ヴェンダース×黒沢清×ジャ・ジャンクー×ケリー・ライカートらによるシンポジウムあり)
J-WAVE 公開収録
小津安二郎生誕120年×三越創業350周年特別企画 音語り|東京物語~小津安二郎を聞く~

TIFF/NFAJ クラシックス 小津安二郎監督週間

学生ロマンス 若き日
大学は出たけれど
東京の女
淑女と髯
「突貫小僧」パテベビー短縮版
「突貫小僧」マーヴェルグラフ版
朗かに歩め
その夜の妻
東京の合唱
青春の夢いまいづこ
出来ごころ
母を恋はずや
浮草物語
東京の宿
一人息子
淑女は何を忘れたか
戸田家の兄妹

日韓の映画制作の未来

特別上映

「ナックルガール」

スターチャンネル Presents

JFK/新証言 知られざる陰謀【劇場版】

特別企画「TOKYO POP」4Kデジタルリマスター版上映とシンポジウム

TOKYO POP」4Kデジタルリマスター版
シンポジウム「インディーズ映画の復元と保存の重要性」

韓国における日本大衆文化開放25周年特別上映

シュリ」デジタル・リマスター版
Love Letter

黒澤明賞

黒澤明の愛した映画

「街の灯」
「どん底」4Kレストア版
静かなる男
大人は判ってくれない」4Kデジタルリマスター版
蜘蛛巣城

東京国際映画祭 屋外上映会2023

トップガン マーヴェリック
スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース
ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY
ハニーランド 永遠の谷
ビリーブ 未来への大逆転
ワンダーウーマン
「プロミスト・ランド」
エリン・ブロコビッチ
駆込み女と駆出し男
カサブランカ
「ベン・ハー」
俺たちに明日はない
夢のチョコレート工場
スーパーマン
グレムリン
グーニーズ
「カラーパープル」
ビートルジュース
ボディガード
マトリックス
オーシャンズ11
インビクタス/負けざる者たち
アルゴ(エクステンデッドバージョン)」
ゼロ・グラビティ
華麗なるギャツビー
レディ・プレイヤー1
クレイジー・リッチ!
アクアマン

ワーナー・ブラザース創立100周年記念上映

オズの魔法使」ドルビーシネマ版

提携企画

ケリング「ウーマン・イン・モーション」
「PFFアワード2023」グランプリ受賞作品上映
「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2023」受賞作品「地球星人(エイリアン)は空想する」上映
日本映画監督協会新人賞 上映とシンポジウム
MPAセミナー
第3回みなとシネマフェスタ
第24回東京フィルメックス
ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF & ASIA)2023 秋の国際短編映画祭
京都フィルムメーカーズラボ
2023東京・中国映画週間
第20回ラテンビート映画祭
第17回 田辺・弁慶映画祭
MPTE AWARDS 2023 第76回表彰式
映文連 国際短編映像祭 映文連アワード2023

この記事の画像・動画(全11件)

読者の反応

  • 1

映画ナタリー @eiga_natalie

第36回東京国際映画祭ラインナップ発表、ナビゲーター就任の安藤桃子は「ぶっ飛ぶほど光栄」
https://t.co/8JDw0a3CPx

#東京国際映画祭 #TIFFJP #安藤桃子 #小辻陽平 #富名哲也 https://t.co/w9i5xLsqex

コメントを読む(1件)

関連記事

リンク

あなたにおすすめの記事

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 正欲 / 曖昧な楽園 / わたくしどもは。 / PERFECT DAYS / ゴジラ-1.0 / アルプススタンドのはしの方 / 銀平町シネマブルース / 違う惑星の変な恋人 / 異人たち / エクソシスト 信じる者 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。