永遠のマリア・カラス

永遠のマリア・カラス

エイエンノマリアカラス
CALLAS FOREVER

2003年7月19日(土)公開 / 上映時間:108分 / 製作:2002年(伊=仏=英=ルーマニア=スペイン) / 配給:ギャガ

解説 天才オペラ歌手として世界に名を轟かせたマリア・カラスは1974年の日本公演を最後に突然公の場から姿を消した。彼女が死去して30年経った今、カラスの親しい友人であった監督の手によって、これまで語られることのなかった彼女の実像がスクリーンに蘇る。彼女へのオマージュとも言えるリアリティ溢れるフィクションが多くの人の共感を呼び、ロングラン上映中。

ストーリー 引退し、パリで隠遁生活をおくる天才歌手マリア・カラスのもとにオペラ映画の企画が舞い込んだ。それは、全盛期の録音を使って彼女の主演作を撮るというもの。最初は難色を示すカラスだったが、芸術意欲に駆られて出演を決心し……。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全3件)