淑女は何を忘れたか

シュクジョハナニヲワスレタカ

上映時間:72分 / 製作:1937年(日本) / 配給:松竹大船

解説 いつも女房の尻に敷かれている大学教授の小宮が、突然大阪から上京してきた姪の節子に刺激され、発奮。口げんかをしても引き下がらず、初めて女房に平手打ちをくらわす。それ以来、夫婦の仲はかえって良くなるのだった……。小津安二郎のトーキー第2作。晩年の小津作品に頻出する、中年もしくは老年夫婦と、若い世代の娘の間の対立を含んだ信頼関係というテーマが、初めて大きく取り扱われた作品である。しかし、晩年のそれとは違い、全編に小津の西洋指向、モダニストぶりがあふれ、見事なソフィスティケイテッド・コメディとなっている。めったに雨の降らない小津作品中、これは珍しくも雨の降る一編。助監督で吉村公三郎が参加。

情報提供:ぴあ