音楽ナタリー

あのジャマイカの大物が「そばにいるね」英語カバー

今年上半期を代表する1曲となった青山テルマ feat. SoulJaの「そばにいるね」を、ジャマイカの大物プロデュースチーム・SLY & ROBBIEが「HURRY HOME」というタイトルでカバーすることになった。

1970年代半ばから活動を開始し、現在に至るまでレゲエやダンスホール、ヒップホップ、R&B、ラテン音楽を革新的に融合させ続けてきたSLY & ROBBIE。ボブ・ディラン、ミック・ジャガー、THE ROLLING STONES、グレイス・ジョーンズ、SIMPLY RED、スティング、カルロス・サンタナといったアーティストの楽曲制作に参加し、今年に入ってからもポール・マッカートニー、マドンナ、ブリトニー・スピアーズらからリミックス依頼を受けている。

彼らがニューアルバムを制作するにあたり、数多く聴いた日本の作品の中からこの曲に注目。このカバーは9月3日に発売される自身のアルバム「アメイジング」に収録されるほか、彼らがプロデュースするジャマイカの女の子3人組・LADY TRAFFICのデビューアルバムにも別バージョンが収められる。

これらのカバー曲は、オリジナルと同様にSoulJaが英語詞を新たに書き下ろしており、さらに英語のラップもSoulJa本人が参加。彼はこれについて「自分が作曲した曲をSLY & ROBBIEがカバーしたいってこと自体がうれしかったし、しかも歌詞も頼まれてマジうれしいっすね。曲の出来上がりも最高でヤバいでしょ!さすがSLY & ROBBIEですよ!」とコメントしている。

音楽ナタリーをフォロー