音楽ナタリー

ももクロ×北川景子が合体!ドラマ限定“きもクロ”結成

3898

2012年に放送された北川景子主演の日本テレビ系ドラマ「悪夢ちゃん」の劇場版「悪夢ちゃん The 夢ovie」が5月3日に公開される。これに先駆けてスペシャルドラマ「悪夢ちゃんスペシャル」の放送が決定し、ドラマにももいろクローバーZが出演していることが明らかになった。

北川とは事務所の先輩後輩という間柄のももクロ。2組は今回ドラマ限定でコラボユニット“きもクロ”を結成し、劇中でパフォーマンスを披露している。

先日都内のスタジオでは、“きもクロ”のお披露目会と囲み取材を実施。メンバーは「私たち、ドラマの中だけで会えるきもクロだーZ!」という決めセリフとともに報道陣の前に姿を現した。北川は「『悪夢ちゃん』というタイトルの意味をやっと理解しました(笑)。10歳も違う日本を代表するアイドルたちと同じ衣装を着て、こういうことをするのが実は悪夢なんじゃないかと(笑)。ももクロと一緒に歌ったり踊ったりしたいと思っている子供たちはたくさんいると思いますし、そういう子供たちが観てくれるドラマでもあるので、今回、みんなに夢を与えられるのは光栄です」と述べた。

百田夏菜子は「北川さんとは何度かご挨拶させていただいたり、番組でご一緒しているんですけど、きちんと共演させていただくのは初めてです。6人の写真撮影で、私は北川さんとくっついて撮ったので緊張し過ぎてうまく顔が作れなくて、多分すごくニヤニヤしていると思います(笑)」と憧れの先輩との本格的な共演を喜び、玉井詩織は「私は連ドラのときから夢獣の声をやらせていただいてるんですが、今回、実際に北川さんと共演できるのがうれしかったです。まさかこうやって一緒に並べるなんて想像してませんでした」とドラマのエピソードを交えてコメントした。

佐々木彩夏は「しおりんが夢獣の声をやっているおかげで私たちも北川さんと共演できてうれしいですし、しおりんに感謝しています」と玉井にお礼を伝え、有安杏果は「今回、ドラマのために1人ひとりメンバーカラーでまったく同じ形のコスチュームを作っていただいたので、この衣装で撮影するのはすごく楽しみです」と意欲を明かす。高城れには「ドラマ版の『悪夢ちゃん』をずっと観ていて、スペシャルドラマに出られるとは思ってませんでした。北川さんにとっての悪夢が、私にとってはいい夢になったので、いいのかなと思いました(笑)」と北川の発言を受けての発言で報道陣を笑わせた。

会見ではお互いの印象についても語られ、北川は「みんなかわいい!」と大絶賛。有安は「私たちは、スターダストの“ダスト組”と言われているんですけど、初めて“スター組”の方と並ばせていただいて、事務所がスターダストでよかったと思いました(笑)」と述べ、高城は「北川さんは私よりも踊りがうまいと思います。北川さんは、リズムもフォーメーションもバッチリでした。私はリズムがとれないんですよ(笑)」と自虐的に語った。

なおももクロのメンバーは、スペシャルドラマの中で主人公の彩未と深く関わる女子高生を熱演。スペシャルドラマには、連続ドラマ版に続きGACKTも出演する。オンエア日は後日発表。

音楽ナタリーをフォロー