実験的で驚きに満ちた舞台作品を体験して!KEX2021秋が開幕、3作品が初日迎える

1

25

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 0 10
  • 15 シェア

「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2021 AUTUMN」が、昨日10月1日に開幕。ホー・ツーニェンによる「ヴォイス・オブ・ヴォイド-虚無の声」、チェン・ティエンジュオによる「牧羊人」、荒木優光による「サウンドトラックフォーミッドナイト屯」が初日を迎えた。

「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2021 AUTUMN」の様子。

「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2021 AUTUMN」の様子。

大きなサイズで見る(全5件)

荒木優光「サウンドトラックフォーミッドナイト屯」より。(撮影:井上嘉和)

荒木優光「サウンドトラックフォーミッドナイト屯」より。(撮影:井上嘉和)[拡大]

「KYOTO EXPERIMENT」は、2010年から開催されている京都発の国際舞台芸術祭。今回は、「もしもし?!」をキーワードに、“声と身体の関係性”に注目した、国内外のアーティストによる作品がラインナップされている。「ヴォイス・オブ・ヴォイド-虚無の声」と「牧羊人」はいずれもインスタレーション作品で、10月24日まで各会場で観ることができる。なお「牧羊人」は昨日1日がプレビュー開催となり、5日から本開催となる。また、本日2日と明日3日には、チェンがディレクションを務めるライブパフォーマンスが実施される。

荒木優光「サウンドトラックフォーミッドナイト屯」より。(撮影:井上嘉和)

荒木優光「サウンドトラックフォーミッドナイト屯」より。(撮影:井上嘉和)[拡大]

荒木優光「サウンドトラックフォーミッドナイト屯」より。(撮影:井上嘉和)

荒木優光「サウンドトラックフォーミッドナイト屯」より。(撮影:井上嘉和)[拡大]

荒木がディレクションとサウンドデザインを手がける「サウンドトラックフォーミッドナイト屯」は、音響システムに特化したカスタムオーディオカーをモチーフにした、新作のパフォーマンス作品。本作では、京都・比叡山の山頂駐車場を舞台に、カスタムオーディオカーによるコンサートが開かれる。初日を経て荒木は「無茶な現場を立ち上げさせてくれたことに敬意を示しつつ、それだけに初日というより初夜に近い、そんな気合が入る日々を過ごしています。ぜひ体感しに来てください」と語った。「サウンドトラックフォーミッドナイト屯」の上演時間は約50分で、明日3日まで開催される。

また、「KYOTO EXPERIMENT」の共同ディレクターである川崎陽子塚原悠也ジュリエット・礼子・ナップの芸術祭開幕に際したコメントも到着。3名は共同で「いよいよ1日から24日まで、『KYOTO EXPERIMENT 2021 AUTUMN』が開幕します!! 京都市内の様々な会場で、みたことないくらい実験的で驚きに満ちた舞台作品を体験していただけます。皆さんと共に新しいものを前に、多様な対話がうまれることを期待しています。会場で是非お会いしましょう!!」と述べた。「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2021 AUTUMN」は10月24日まで。

荒木優光コメント

世界初演。初日があけた、初日乾杯と、公演芸術におけるお客さんと出会う日、つまり初日への思い入れは数多あれど、今回の作品ほど初日を迎えることに思い入れのあることはないです。それは、参加する全員が自らの持ち場や現場とは外れたところに、このプロジェクトがあるから。そんな無茶な現場を立ち上げさせてくれたことに敬意を示しつつ、それだけに初日というより初夜に近い、そんな気合が入る日々を過ごしています。ぜひ体感しに来てください。

ステージナタリーでは、「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2021 AUTUMN」の特集を展開中。川崎、塚原、ナップが、キーワード「もしもし?!」の誕生秘話や、“京都”という土地が「KEX」にもたらすもの、さらに複数でディレクションを手がけることへの思いについて語っている。

この記事の画像(全5件)

「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2021 AUTUMN」

2021年10月1日(金)~24日(日)
京都府 ロームシアター京都、京都芸術センター、京都芸術劇場 春秋座、THEATRE E9 KYOTO ほか

「Kansai Studies」(リサーチプログラム)

リサーチメンバー:dot architects、和田ながら、今村達紀、小島寛大、川崎陽子塚原悠也ジュリエット・礼子・ナップ

「Shows」(上演プログラム)

ホー・ツーニェン「ヴォイス・オブ・ヴォイド-虚無の声」YCAMとのコラボレーション

2021年10月1日(金)~24日(日)
京都府 京都芸術センター ギャラリー南、大広間、和室「明倫」、制作室4 ほか

アーティスティックディレクション:ホー・ツーニェン
テクスト:ホー・ツーニェン、新井知行
声:笛田宇一郎、高山明、神里雄大、大石将弘、筒井潤、アギト、鶴舞裕午、村上晃一、矢吹

チェン・ティエンジュオ「牧羊人」

京都府 京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA

[展示]
2021年10月1日(金)、10月5日(火)~24日(日)
※1日はニュイ・ブランシュ特別プレビュー。

[ライブパフォーマンス]
201年10月2日(土)・3日(日)

ディレクション:チェン・ティエンジュオ
出演
2日:Eartaker、Prettybwoy、VMO(a.k.a. Violent Magic Orchestra)
3日:Mars89、VMO(a.k.a. Violent Magic Orchestra)、¥OU$UKE ¥UK1MAT$U

※¥OU$UKE ¥UK1MAT$Uの「O」はストローク付き、「E」はユーロの記号が正式表記。

荒木優光「サウンドトラックフォーミッドナイト屯」

2021年10月1日(金)~3日(日)
京都府 比叡山ドライブウェイ 山頂駐車場

ディレクション・サウンドデザイン:荒木優光

「Moshimoshi City ~街を歩き、耳で聴く、架空のパフォーマンス・プログラム~」

2021年10月8日(金)~10日(日)、15日(金)~17日(日)
京都府 京都市内各所

参加アーティスト:岡田利規、神里雄大、中間アヤカ、ヒスロム、増田美佳、村川拓也

ルリー・シャバラ「ラウン・ジャガッ:極彩色に連なる声」

2021年10月9日(土)・10日(日)
京都府 ロームシアター京都 サウスホール

コンセプト・演出:ルリー・シャバラ
空間演出:筒井潤
演奏:テニスコーツ

和田ながら×やんツー「擬娩」

2021年10月16日(土)・17日(日)
京都府 京都芸術センター 講堂

演出:和田ながら
美術:やんツー
出演:石川大海、オサム、岸木昌也、杦本まな保、松田早穂

フィリップ・ケーヌ「もぐらたち&上映会『Crash Park: The Life of an Island』」

2021年10月16日(土)・17日(日)
京都府 京都芸術劇場 春秋座

「もぐらたち」
演出:フィリップ・ケーヌ
共同演出:contact Gonzo
出演:松見拓也、三ヶ尻敬悟、塚原悠也、伊藤彩里、長峯巧弥

上映会「Crash Park: The Life of an Island」
構成・演出・舞台美術:フィリップ・ケーヌ
出演:イザベル・アンゴッティ、ジャン・シャルル・デュメイ、レオ・ゴバン、外間結香、セバスチャン・ジャコブ、トマ・スイール、テレーズ・ソング、ゲタン・ヴルチ

松本奈々子、西本健吾 / チーム・チープロ「京都イマジナリー・ワルツ」

2021年10月22日(金)~24日(日)
京都府 THEATRE E9 KYOTO

振付・構成:松本奈々子 / 西本健吾、チーム・チープロ
出演:松本奈々子

鉄割アルバトロスケット「鉄都割京です」

2021年10月22日(金)~24日(日)
京都府 京都芸術センター フリースペース

作:戌井昭人
演出:牛嶋みさを
出演:戌井昭人、奥村勲、中島朋人、マークス雅楽子、村上陽一、渡部真一、向雲太郎、古澤裕介、東陽片岡、湯山大一郎

関かおり PUNCTUMUN「むくめく む」

2021年10月22日(金)~24日(日)
京都府 ロームシアター京都 ノースホール

振付・演出:関かおり
出演:岩渕貞太、内海正考、大迫健司、後藤ゆう、杉本音音、髙宮梢、関かおり

「Super Knowledge for the Future(SKF)」

全文を表示

読者の反応

  • 1

ステージナタリー @stage_natalie

【公演レポート】実験的で驚きに満ちた舞台作品を体験して!KEX2021秋が開幕、3作品が初日迎える(コメントあり)
https://t.co/jXpxvh1Prm https://t.co/EwQXMYIB7s

コメントを読む(1件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

荒木優光のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 荒木優光 / 川崎陽子 / 塚原悠也 / ジュリエット・礼子・ナップ の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします