神里雄大の岸田國士戯曲賞受賞作「バルパライソ~」東京で再演

124

神里雄大 / 岡崎藝術座「バルパライソの長い坂をくだる話」の東京公演が、8月21日から25日に東京のゲーテ・インスティトゥート 東京にて上演される。

「バルパライソの長い坂をくだる話」初演より。(撮影:井上嘉和)

「バルパライソの長い坂をくだる話」初演より。(撮影:井上嘉和)

大きなサイズで見る(全6件)

神里雄大 / 岡崎藝術座「バルパライソの長い坂をくだる話」東京公演のチラシ。(宣伝美術:吉田健人 / bank to、舞台写真撮影:井上嘉和)

神里雄大 / 岡崎藝術座「バルパライソの長い坂をくだる話」東京公演のチラシ。(宣伝美術:吉田健人 / bank to、舞台写真撮影:井上嘉和)[拡大]

本作は、2017年に「KYOTO EXPERIMENT2017」の1プログラムとして初演され、第62回岸田國士戯曲賞を受賞した神里雄大の作品。神里がアルゼンチンに11カ月滞在し、南米各地を取材して書いた物語を、アルゼンチンの俳優・ダンサーや日系移民の家系生まれでブラジル育ちのダンサーたちが立ち上げる。作中では、故人の遺灰を海にやって来た人や、太平洋を越えた昔の人類の話、パラグアイで観測された皆既日食の話など、さまざまな人たちのエピソードが繰り広げられる。

また、異国の街を感じさせる、建築ユニットdot architectsと廣田碧が手がけるユニークな客席空間にも注目だ。なお本作は、スペイン語上演、日本語・英語字幕付きとなっている。

この記事の画像(全6件)

神里雄大 / 岡崎藝術座「バルパライソの長い坂をくだる話」東京公演

2019年8月21日(水)~25日(日)
東京都 ゲーテ・インスティトゥート 東京

作・演出:神里雄大
出演:マルティン・チラ、マルティン・ピロヤンスキー、マリーナ・サルミエント、エドゥアルド・フクシマ

全文を表示

関連記事

神里雄大のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 神里雄大 / 岡崎藝術座 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします