ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

スペイン語で上演、神里雄大/岡崎藝術座の最新作がKYOTO EXPERIMENT 2017に

27

神里雄大/岡崎藝術座「バルパライソの長い坂をくだる話」ビジュアル

神里雄大/岡崎藝術座「バルパライソの長い坂をくだる話」ビジュアル

神里雄大岡崎藝術座「バルパライソの長い坂をくだる話」が11月3日から5日まで、京都・京都芸術センター 講堂にて上演される。

本作は、昨年2016年10月からアルゼンチン・ブエノスアイレスに滞在している神里雄大が、オセアニア、小笠原、沖縄、ラテンアメリカ各国など各地で取材した内容をもとに手がける最新作。自らのルーツに向き合いながら新たな表現を模索する神里が、今作ではどのような作品世界を立ち上げるのか注目だ。スペイン語上演、字幕付き。

なお本作は「KYOTO EXPERIMENT 2017」の公式プログラムとして上演される。また岡崎藝術座は初のインドネシアツアーとして、9月6・7日にジャカルタ、10・11日にジョグジャカルタにて「+51 アビアシオン, サンボルハ」を上演する。

※初出時より、団体名に修正がありました。

神里雄大/岡崎藝術座「バルパライソの長い坂をくだる話」

2017年11月3日(金・祝)~5日(日)
京都府 京都芸術センター 講堂

作・演出:神里雄大
翻訳:ゴンザロ・ロブレド
出演:マルティン・チラ、マルティン・ピロヤンスキー、マリーナ・サルミエント、エドゥアルド・フクシマ

ステージナタリーをフォロー