ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

刀ステの集大成「悲伝 結いの目の不如帰」幕開け、鈴木拡樹「結びの作品になる」

16110

左から三日月宗近役の鈴木拡樹、山姥切国広役の荒牧慶彦。

左から三日月宗近役の鈴木拡樹、山姥切国広役の荒牧慶彦。

「舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰」が、本日6月2日に東京・明治座で開幕。これに先駆け、昨日1日にゲネプロと囲み取材が行われた。

末満健一が脚本・演出を務める本作は、DMM GAMESとNitroplusが共同制作した刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」を原案とした作品。2016年5月の「虚伝 燃ゆる本能寺」に始まり、16年12月から17年1月にかけて「虚伝 燃ゆる本能寺~再演~」、同年6・7月に「義伝 暁の独眼竜」、11月に「外伝 此の夜らの小田原」、12月には「ジョ伝 三つら星刀語り」が上演された。

「舞台『刀剣乱舞』」シリーズの集大成となる今作には、過去作に続き出演する三日月宗近役の鈴木拡樹、山姥切国広役の荒牧慶彦、不動行光役の椎名鯛造、へし切長谷部役の和田雅成、歌仙兼定役の和田琢磨、鶴丸国永役の健人、燭台切光忠役の東啓介に加え、新キャストとなる骨喰藤四郎役の三津谷亮、大般若長光役の川上将大、鶯丸役の前山剛久、大包平役の加藤将、小烏丸役の玉城裕規が登場。また足利義輝役に中河内雅貴、“鵺と呼ばれる”役には碓井将大がキャスティングされた。

今回、刀剣男士たちが出陣することとなったのは、永禄8年に起きた永禄の変。そこでは室町幕府第13代征夷大将軍の足利義輝が、三好義重や松永久通らの手によって最期のときを迎えようとしていた。一方、終わりの見えぬ戦いに次第に疲弊していく刀剣男士たち。そんな中、山姥切国広はとある出陣先で正体不明の敵と出会う。その敵は、刀剣男士と同等の力を得るためにあらゆる時代に出陣し、経験を積み重ねているように思えた。やがてその敵と対峙した三日月宗近が取った行動とは……。

足利家が所持していたとされる刀剣男士たちの交流や、刀派を同じくする鶯丸と大包平の関係性といった新要素に加え、「刀とは」「歴史とは」という命題の答えを探し求める刀剣男士たちの姿を、さらに深く掘り下げて描いた本作。最後に彼らはどのような答えにたどり着くのか、ぜひ劇場やライブビューイングで見届けてほしい。

ゲネプロ前に行われた囲み取材には、刀剣男士12振りを演じるキャストが出席。初演から三日月宗近役を演じてきた鈴木は「長い戦いをしてきたということがわかってもらえる、結びの作品になると考えています」と思いを噛み締め、初演からすべての作品に出演してきた山姥切国広役の荒牧は「すべての物語を体感し、近侍を務めてきた身として、今までに登場した刀剣男士たちの思いを背負って臨みたいです」と決意を語る。

新キャストとして骨喰藤四郎役を演じる三津谷は「けがに気を付けて、誰一人欠けることなく全55公演を乗り切りたいです。お客様の貴重なお時間を頂戴して劇場に足を運んでいただいているので、少しでも皆さんの心を動かせるような作品にできるようがんばります」と意気込みを述べた。

不動行光役の椎名は「虚伝 燃ゆる本能寺」を振り返って、「あの頃はわがままを言って本丸のみんなを困らせていた不動くんが、今回どう成長しているか楽しみにしていただけたら」と観客の期待を煽り、へし切長谷部役の和田雅成は今作について、「ここは、ある意味で僕たちがたどり着きたかった場所。最後までしっかり戦い続けられるようにがんばります」と思いを込める。

「義伝 暁の独眼竜」以来、約1年ぶりの“出陣”となる歌仙兼定役の和田琢磨は「さまざまな人間や刀剣男士が持つ気持ちや思いを結び合いながら、『刀剣乱舞』の世界で生き抜きたい。細川家に縁のある刀を代表して、お小夜(小夜左文字)のぶんもがんばります」と今作のタイトル「悲伝 結いの目の不如帰」になぞらえて答え、鶴丸国永役を演じる健人は「驚きを求めながら全力でがんばりますので、楽しみにしていてください」とコメント。さらに燭台切光忠役の東は「何を与えられるのか、どんな思いを伝えることができるのかを考えて稽古してきました。観に来てくださる方に素敵なものを届けられるよう、精一杯がんばります」と抱負を述べた。

続いて新キャストの川上、前山、加藤、玉城が挨拶。大般若長光役の川上は「カンパニーの皆さんが培ってきたものを大切にして、55公演戦い続けたい」と思いを語り、鶯丸役の前山は「この場所に立てることをうれしく思います。同じ刀派・古備前の大包平とコンビでがんばっていきます」と笑顔を見せる。これを受け、大包平役の加藤は「鶯丸と大包平が登場することによってどんな物語になるのか、楽しみにしていてください! 大包平のまっすぐで、元気で、いつも全力なところを伝えられるように演じていきたいと思います!!」と元気いっぱいにコメントし、会場を和ませる。そして小烏丸役の玉城は「この作品に出演する意味を考えながら舞台に立ちたい。刀剣男士たちや『刀剣乱舞』の世界で生きる人々の思いを、お客様にしっかりと届けられたらと思います」と真摯に語った。

最後に鈴木は「個人の意見になってしまうかもしれませんが」と前置きしつつ、「『悲伝』というタイトルではありますが、温かい気持ちを乗せて届けます。観に来てくださった皆さんの明日への活力となるような作品にしたいと思います」と静かに微笑み、会見を締めくくった。

上演時間は途中休憩を含む約3時間30分。明治座公演は6月6日まで。その後、6月14日から7月1日まで京都・京都劇場、4日から6日まで福岡・アルモニーサンク 北九州ソレイユホール、19日から22日まで東京・日本青年館ホール、25日から29日まで東京・天王洲 銀河劇場で上演され、29日の千秋楽には全国の映画館でライブビューイングが実施される。さらに本公演のBlu-ray / DVDが10月31日にリリースされることも明らかになった。

「舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰」

2018年6月2日(土)~6日(水)
東京都 明治座

2018年6月14日(木)~7月1日(日)
京都府 京都劇場

2018年7月4日(水)~6日(金)
福岡県 アルモニーサンク 北九州ソレイユホール

2018年7月19日(木)~22日(日)
東京都 日本青年館ホール

2018年7月25日(水)~29日(日)
東京都 天王洲 銀河劇場

原案:「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMM GAMES/Nitroplus)
脚本・演出:末満健一
音楽:manzo、テルジヨシザワ

キャスト

三日月宗近:鈴木拡樹
山姥切国広:荒牧慶彦

骨喰藤四郎:三津谷亮
不動行光:椎名鯛造
へし切長谷部:和田雅成
歌仙兼定:和田琢磨
鶴丸国永:健人
燭台切光忠:東啓介
大般若長光:川上将大
鶯丸:前山剛久
大包平:加藤将

小烏丸:玉城裕規

足利義輝:中河内雅貴
鵺と呼ばれる:碓井将大

アンサンブル:井上象策、小村泰士、小山蓮司、多田聡、夛田将秀、中西奨、早川一矢、平野アキム、福島悠介、星賢太、守時悟、山下潤、湯浅雅恭、渡辺洋平

(c)舞台「刀剣乱舞」製作委員会

ステージナタリーをフォロー