ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

刀剣乱舞、開始だ「ジョ伝 三つら星刀語り」刀剣男士と黒田軍が邂逅

1874

後列左から日本号役の成松慶彦、へし切長谷部役の和田雅成、山姥切国広役の荒牧慶彦、山伏国広役の横山真史、ソハヤノツルキ役の飯山裕太。前列左から博多藤四郎役の木津つばさ、小夜左文字役の納谷健、骨喰藤四郎役の北川尚弥、同田貫正国役の武子直輝。

後列左から日本号役の成松慶彦、へし切長谷部役の和田雅成、山姥切国広役の荒牧慶彦、山伏国広役の横山真史、ソハヤノツルキ役の飯山裕太。前列左から博多藤四郎役の木津つばさ、小夜左文字役の納谷健、骨喰藤四郎役の北川尚弥、同田貫正国役の武子直輝。

「舞台『刀剣乱舞』ジョ伝 三つら星刀語り」が、本日12月15日に東京・TOKYO DOME CITY HALLで開幕。これに先駆け、昨日12月14日にゲネプロと囲み取材が行われた。

DMM GAMESとニトロプラスが共同制作した刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」を原案とした本作。去る11月には、本公演に先駆けた一夜限りの野外公演「舞台『刀剣乱舞』外伝 此の夜らの小田原」が、神奈川・小田原城 特設野外ステージにて上演された。

過去作に続き、末満健一が脚本・演出を手がけ、山姥切国広役の荒牧慶彦、へし切長谷部役の和田雅成、小夜左文字役の納谷健が出演。また今回新たに登場する刀剣男士役には、骨喰藤四郎役の北川尚弥、同田貫正国役の武子直輝、山伏国広役の横山真史、日本号役の成松慶彦、博多藤四郎役の木津つばさ、ソハヤノツルキ役の飯山裕太がキャスティングされた。

本作で描かれるのは、三日月宗近が顕現する以前の、本丸ができて間もない頃の物語。主の命により、小田原征伐の時代を訪れた山姥切国広率いる第1部隊は、時間遡行軍の奇襲に遭ってしまう。そこで彼らが出会ったのは、へし切長谷部の元主である黒田長政や、その父・黒田官兵衛ら黒田軍の面々だった。自身の過去と向き合い、葛藤する刀剣男士たち。彼らはそれぞれの“物語”を見つけ出すことができるのか。

ゲネプロ前に行われた囲み取材には、刀剣男士を演じるキャスト9人が出席。座長を務める荒牧は「(過去作で三日月宗近役を演じた鈴木)拡樹くんから、戦い続ける座組を受け継ぎ、それをコンセプトに僕たちもがんばってきました。全17公演、1つひとつの戦いをしっかりと生き抜いていきたいと思います」と力強く語り、へし切長谷部役の和田は「ずっと本丸にはいたのですが、出陣するのは『虚伝 燃ゆる本能寺』以来。皆様に帰ってくる場所を作っていただいたので、僕も今回の出陣で本丸を守っていけたらと思います」と笑顔を見せる。続けて、「へし切長谷部にとって、非常に大きな存在である長政様との関係性を見ていただけたら」と本作の注目ポイントを明かした。

「虚伝 燃ゆる本能寺」「義伝 暁の独眼竜」にも出演した小夜左文字役の納谷は「三日月宗近が顕現する前の本丸ということで、刀剣男士たちがまだ初々しい頃のお話です。みんなの成長を見て楽しんでいただけたら」とコメント。今回初参加となる骨喰藤四郎役の北川は「立ち方や所作など、細かいところまで見てほしい。(骨喰藤四郎の)見た目はかわいらしいですが、戦闘中はすごくカッコよくて男らしいところがあるので、そのギャップに注目していただければ」と見どころを語る。同じく初出演の武子は「同田貫正国として強く逞しく、最後まで皆さんと駆け抜けたい」と質実剛健を信条とする自身の役どころになぞらえて答えた。

新キャラクター・山伏国広役を務める横山は「マッキー(荒牧)演じる山姥切国広との関係性に着目してみてください」と観客の期待を煽り、博多の豪商から受け継いだ商売人魂を持つ、博多藤四郎役の木津は「“ジャパニーズびじねすまん”として、大千秋楽まで戦い抜きたいと思います」と初“出陣”にかける思いを語る。また、「1幕だけでお腹いっぱいになっちゃうくらい見どころ満載!」とコメントする日本号役の成松に、和田が「それじゃアカンやん!」とツッコミを入れる一幕も。これを受けた成松は「休憩を挟んで、2幕でまたお腹いっぱいになって帰っていただけたら」とニコリ。続いて、ソハヤノツルキ役の飯山は「山姥切国広と同じく、写しの刀としての生き様を見せられたら」と抱負を語り、「本丸の先輩方が紡いでくださった物語を、大切に丁寧に繋いでいきたいと思います」と意気込みを述べる。

最後に和田は「“最良の結果”をお届けするために稽古に臨んできたので、一致団結してがんばりたいです」とへし切長谷部のセリフを引用して答え、荒牧は「『三つら星刀語り』はとても凝った作りになっていて、僕らのセリフや一挙手一投足に意味が込められています。それらすべてを見ていただいて、最後に『なるほど』と理解してもらえたら幸いです」と観客にメッセージを送った。

上演時間は休憩ありの約3時間10分。東京公演は12月17日まで行われ、その後、21日から24日まで大阪・大阪メルパルクホール、28・29日に福岡・福岡サンパレス ホテル&ホールで上演される。また29日の千秋楽にはライブビューイングも実施。なお本公演のBlu-ray / DVDは4月4日に発売される。

「舞台『刀剣乱舞』ジョ伝 三つら星刀語り」

2017年12月15日(金)~17日(日)
東京都 TOKYO DOME CITY HALL

2017年12月21日(木)~24日(日)
大阪府 大阪メルパルクホール

2017年12月28日(木)・29日(金)
福岡県 福岡サンパレス ホテル&ホール

原案:「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMM GAMES/Nitroplus)
脚本・演出:末満健一
音楽:manzo、テルジヨシザワ

キャスト

山姥切国広:荒牧慶彦
へし切長谷部:和田雅成
小夜左文字:納谷健
骨喰藤四郎:北川尚弥
同田貫正国:武子直輝
山伏国広:横山真史
日本号:成松慶彦
博多藤四郎:木津つばさ
ソハヤノツルキ:飯山裕太

黒田官兵衛:山浦徹
黒田長政:伊阪達也
豊臣秀吉:川下大洋
弥助:日南田顕久
母里友信:松川真也

アンサンブル:伊藤啓太、神崎まどか、高橋広吏、多田聡、塚本卓矢、中西奨、野上聡一、福島悠介、星賢太、守時悟、山下潤、渡辺洋平

(c)舞台「刀剣乱舞」製作委員会

ステージナタリーをフォロー