軍議も充実!舞台「刀剣乱舞」再演に鈴木拡樹「戦い続ける座組でありたい」

6642

「舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺」再演が、本日12月15日に東京・天王洲 銀河劇場にて開幕。これに先がけ、ゲネプロと囲み取材が行われた。

「舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺」再演より、軍議のシーン。

「舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺」再演より、軍議のシーン。

大きなサイズで見る(全49件)

「舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺」再演の新キービジュアル。

「舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺」再演の新キービジュアル。[拡大]

本作は、DMMゲームズとニトロプラスが共同制作した刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」が原作。今年2016年5月に行われた初演に引き続き、脚本と演出を末満健一が担当する。

劇中では、三日月宗近に代わって近侍に任命された山姥切国広や、織田信長の愛刀・宗三左文字、薬研藤四郎、へし切長谷部、不動行光を中心とした物語が展開。元主人との関係や自らの存在意義に葛藤しながらも、本丸の仲間と共に戦いに身を投じていく12振りの刀剣男士の奮闘が描かれる。次々と繰り広げられる殺陣に加え、初演でも話題となった軍議のシーンにも注目したい。

「舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺」再演より、囲み取材の様子。

「舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺」再演より、囲み取材の様子。[拡大]

ゲネプロ後に行われた囲み取材には、刀剣男士を演じる鈴木拡樹荒牧慶彦佐々木喜英瀬戸祐介納谷健北村諒和田雅成椎名鯛造廣瀬大介杉江大志東啓介健人の12名が登壇。「織田信長とは何者なのか」が本作のテーマと語る三日月宗近役の鈴木は「『刀剣乱舞』は、夢を与えられる作品だということを強く感じています。そのためにそれぞれがキャラクターにこだわって勉強したことが板の上に乗ればいいなと思います」と意欲を見せる。

「舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺」再演より、左から荒牧慶彦演じる山姥切国広、鈴木拡樹演じる三日月宗近。

「舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺」再演より、左から荒牧慶彦演じる山姥切国広、鈴木拡樹演じる三日月宗近。[拡大]

山姥切国広を演じる荒牧は「前作との違いを見つけてほしい」と見どころを挙げ、「舞台『刀剣乱舞』の近侍・山姥切国広として、たくさんの主を満足させるべく努めて参ります」と宣言。続く宗三左文字役の佐々木も「前作との違いについて、どういう意味があって変わったのかを想像しながら見るとより一層楽しめると思います」とコメント。また「皆さんの期待に応えられるように、宗三左文字として生き抜きます」と意気込みを述べた。

新キャストとして登場する江雪左文字役の瀬戸は「髪の毛の扱いに大半の稽古日数を費やしました(笑)。ぜひ髪の毛さばきを見てください」とおどけつつ、「大好きなこのカンパニーの熱量を届けたいです」と笑顔を見せる。小夜左文字役を務める納谷は「瀬戸さんが加わったことで新しい兄弟感が出ました」と左文字兄弟の絆をアピール。また自身が演じる小夜左文字のセリフを引用して、「精一杯、復讐の黒き道を進んで行こうと思います!」と意気込んだ。

「舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺」再演より、ゲネプロの様子。

「舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺」再演より、ゲネプロの様子。[拡大]

薬研藤四郎役の北村は、織田信長の愛刀4振りの関係性に言及。「舞台全体もパワーアップしていますし、4振りの織田信長への思いもさらに深まっているんじゃないかと思います」と語り、へし切長谷部役の和田は「再演にあたって、研ぎ澄まして稽古に挑んできました。最良の結果を主に」とファンにメッセージを送った。

「舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺」再演より、左から椎名鯛造演じる不動行光、和田雅成演じるへし切長谷部。

「舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺」再演より、左から椎名鯛造演じる不動行光、和田雅成演じるへし切長谷部。[拡大]

「個人的には不動行光の成長物語だと思っています」と語るのは、本作の鍵を握る不動行光役の椎名。「ほかの皆が笑っているとき、不動行光はどんな表情をしてるかを観ていただけたら」と注目ポイントを挙げ、続く一期一振役の廣瀬は「見どころは、不動行光の健気さ、鯛ちゃん(椎名)の熱量、そしてヒデ様(佐々木)の真剣必殺です! 以上です」と熱弁し、周囲の笑いを誘う。また鯰尾藤四郎役を演じる杉江は、同じ刀派である一期一振との関係性に着目し、「織田の刀が中心の話ではありますが、粟田口派の僕たち2人にも原作通りのシーンがあるので注目してくださいね」と微笑んだ。

燭台切光忠役の東が「新キャストの健人くんが加わって、軍議がさらに面白くなるんじゃないかと思います」と期待を煽ると、鶴丸国永役の健人は「驚きの結果をもたらせるように、また鶴らしく舞えるようにがんばります!」と自身のキャラクターになぞらえて答えた。そして最後に鈴木が「舞台『刀剣乱舞』は、戦い続ける座組でありたい。千秋楽まで全員で戦い続けることを誓って本番に臨みたいと思います。よろしくお願いします」と挨拶し、囲み取材を締めくくった。

東京公演は12月30日まで。その後、2017年1月7・8日に福岡・アルモニーサンク 北九州ソレイユホール、1月12日から17日まで大阪・大阪メルパルクホールにて上演され、1月17日の大千秋楽公演には、ライブビューイングも実施される。なお本公演のDVDは4月12日に発売予定。

この記事の画像(全49件)

「舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺」再演

2016年12月15日(木)~30日(金)
東京都 天王洲 銀河劇場

2017年1月7日(土)・8日(日)
福岡県 アルモニーサンク 北九州ソレイユホール

2017年1月12日(木)~17日(火)
大阪府 大阪メルパルクホール

原案:「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMM GAMES/Nitroplus)
脚本・演出:末満健一

キャスト

三日月宗近:鈴木拡樹
山姥切国広:荒牧慶彦

宗三左文字:佐々木喜英
江雪左文字:瀬戸祐介
小夜左文字:納谷健

薬研藤四郎:北村諒
へし切長谷部:和田雅成
不動行光:椎名鯛造

一期一振:廣瀬大介
鯰尾藤四郎:杉江大志
燭台切光忠:東啓介
鶴丸国永:健人

森蘭丸:丸目聖人
明智光秀:窪寺昭

アンサンブル:岩倉隼人、内海一弥、大沢顕、掛川僚太、後藤菊之介、精進一輝、白井雄弥、橋本浩人、町田尚規、三上竜平、山下潤、吉田邑樹

全文を表示

関連記事

鈴木拡樹のほかの記事

リンク

関連商品

(c)舞台「刀剣乱舞」製作委員会

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 鈴木拡樹 / 末満健一 / 荒牧慶彦 / 佐々木喜英 / 瀬戸祐介 / 納谷健 / 北村諒 / 和田雅成 / 椎名鯛造 / 廣瀬大介 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします