ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「1984」大杉漣が演じる予定だった高級官僚・オブライエン役に神農直隆

168

4月12日に東京・新国立劇場 小劇場で開幕する「1984」の高級官僚・オブライエン役を、大杉漣に代わり神農直隆が務める。

これは、大杉が2月21日に急性心不全により死去したことを受けて決定されたもの。神農は1981年大阪府出身。マキノノゾミが主宰した劇団M.O.P.に所属し、劇団解散後もマキノ作品に数多く参加している。また昨年2017年には豊原功補が脚本・演出をが手がけた明後日プロデュース「芝居噺『名人長二』」に出演した。

「1984」は1948年に執筆されたジョージ・オーウェルの小説「1984」をもとに、その小説の中にある"附録"に記された「ニュースピークの諸原理」の意義に迫った戯曲。今作では小川絵梨子が演出を手がけ、出演者には井上芳雄ともさかりえらが名を連ねている。

「1984」

2018年4月12日(木)~5月13日(日)
東京都 新国立劇場 小劇場

2018年5月16日(水)・17日(木)
兵庫県 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール

2018年5月20日(日)
愛知県 穂の国とよはし芸術劇場PLAT

原作:ジョージ・オーウェル
作:ロバート・アイク、ダンカン・マクミラン
翻訳:平川大作
演出:小川絵梨子
出演:井上芳雄ともさかりえ / 森下能幸宮地雅子山口翔悟神農直隆、武子太郎、曽我部洋士 / 青沼くるみ、下澤実礼、本多明鈴日

ステージナタリーをフォロー