ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

大杉漣が急性心不全で死去、転形劇場や映像作品で活躍

1221

大杉漣が本日2月21日に急性心不全により死去したことが明らかになった。66歳だった。

これは、所属事務所であるZACCOの公式サイトで発表されたもの。葬儀は本人、家族の意向により親族のみで執り行われる。

大杉は1951年生まれ。太田省吾率いる転形劇場のメンバーとして活動し、1980年に「緊縛いけにえ」で映画俳優デビューを果たす。今後のスケジュールとして、4月から5月にかけて東京・新国立劇場 小劇場で上演される小川絵梨子演出「1984」への出演を控えていた。なお大杉がメインキャストを務めるテレビドラマ「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」の第3話は、遺族、事務所、キャストの意向により、本日21:54から予定通り放送される。

ステージナタリーをフォロー