音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

ももクロ、“ノーサイド”テーマに豪華ゲストと歌合戦!横浜アリーナで華やかな年越し

3651

「行くぜっ!怪盗少女 -ZZ ver.-」で年越しの瞬間にジャンプする出演者たち。

「行くぜっ!怪盗少女 -ZZ ver.-」で年越しの瞬間にジャンプする出演者たち。

ももいろクローバーZが2019年12月31日から2020年1月1日にかけて神奈川県・横浜アリーナで年越しライブイベント「第3回 ももいろ歌合戦」を開催した。

大晦日恒例のももクロのカウントダウンライブ「ももいろ歌合戦」。毎回出演者が2チームに分かれ、歌合戦を繰り広げている。今回は玉井詩織高城れにが率いる紅組と百田夏菜子佐々木彩夏が率いる白組が“ノーサイド”というテーマのもと対決。AbemaTV、BS日テレ、ニッポン放送にてイベントの模様が生中継される中、1万2264人の観客が集まった横浜アリーナを舞台に、総勢50組以上のゲストを交えた華やかなステージが展開された。

歌合戦の前に、まずはももクロによる「年忘れ!ももクロLIVE」がスタート。4人は「Re:Story」「笑一笑 ~シャオイーシャオ!~」など全8曲を歌ってモノノフ(ももクロファンの呼称)を沸かせた。続いて始まったのは、テレビ朝日の小松靖と弘中綾香アナウンサー、徳井健太平成ノブシコブシ)、永野ノブ千鳥)が司会を務める「年の瀬芸能ショー」。アップアップガールズ(2)、EBiDAN KiDS 、カミングフレーバー(SKE48)、B.O.L.T、松浦航大、眉村ちあき、みぎてやじるし ひだりてはーと from 今日、好きになりました。によるフレッシュなライブや、ジョーク東郷、東京ホテイソン、この日限りで結成されたノブと玉井のコンビ“小鳥”によるネタが次々に披露された。

そして時刻が18:30になると、吉永小百合の開会宣言映像を合図に令和初の「ももいろ歌合戦」が開幕。総合司会の東京03、紅組応援団長の野々村真、白組応援団長の森尾由美を含む全出演者が勢ぞろいした華々しいオープニングを経て、「つかみはOK!の先手必勝対決」と題した最初の勝負が始まった。トップバッターである赤組のアップアップガールズ(仮)は赤いTシャツを破って振り回す“アップアップ筋肉軍団”を従えてハイテンションなステージを展開し、白組の私立恵比寿中学は持ち味のエネルギッシュなパフォーマンスで序盤から会場をヒートアップさせていく。

カジサック、上沼恵美子による応援コメントが上映されたあとの「ももクロリスペクト対決」には氣志團が登場。ももクロの最新シングル「stay gold」をサプライズでカバーし、迫力ある演奏でモノノフを驚かせた。センターステージに現れたスターダストの後輩グループ・SUPER★DRAGONは、モノノフ芸人からなる応援隊を従えてももクロの代表曲「行くぜっ!怪盗少女」をパフォーマンス。「大人気アニメ対決」では高橋洋子がアニメ「エヴァンゲリオン」の映像をバックに主題歌「残酷な天使のテーゼ」を歌い、アニメ「BanG Dream!」から生まれ5人組ガールズバンド・Poppin'Partyは「キズナミュージック♪」を演奏する映像で歌合戦に参加した。

ここでももクロは両組への応援パフォーマンスとして「ももいろクローバーZスペシャルパフォーマンス ノーサイドアニメメドレー」を披露。「クレヨンしんちゃん」「ちびまる子ちゃん」といったこれまでに担当した国民的アニメの主題歌をメドレーで届けた。その流れを受け、今度はディズニー映画の楽曲で構成された「夢の国対決」へ。塩乃華織は「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」「Let It Go~ありのままで~」を透き通るような声で歌い上げ、ドレス姿の妃海風は4人のダンサーと共に「これが恋かしら」「夢はひそかに」を歌唱して幻想的な空間を作り上げた。また「本格派アーティスト対決」ではm-floが「come again」をプレイして会場をダンスフロアに変化させ、対するC&Kは「Y」を熱唱。「ももクロ同期対決」では和田彩花が赤いペンライトの光に包まれながら自ら作詞した初ソロ曲「Une idole」を、東京女子流が代表曲の1つ「鼓動の秘密」をパフォーマンスした。「あーりん好きやんちゃ系男子対決」で登場したBOYS AND MENは佐々木を交えた寸劇を展開。Fischer'sの出番には、あーりんとコラボレーションできる権利を賭けて障害物レースを繰り広げる映像が上映された。

歌合戦の中盤にはサプライズゲストのニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が見守る中、「魂の熱唱対決」が繰り広げられる。ファンキー加藤は2018年の田中の登場ソングとして書き下ろしたももクロ「吼えろ」をセルフカバー。ももクロもステージに駆け付けて田中へエールを送り、続く演歌歌手・中澤卓也は「さくら(独唱)」で艶やか歌声を響かせた。台湾プロ野球チームのチアリーダー・チュンチュン、新木優子、岡田将生の応援コメントを挟んでスタートした「ガールズバンド対決」にはFLOWER FLOWERCHAIが登場。FLOWER FLOWERは「パワフル」「CHE.R.RY」といった人気曲をメドレーで届け、CHAIは「N.E.O.」を演奏して独特な世界感で観客を包み込んだ。

次に出番を迎えたサイプレス上野とロベルト吉野は“タコライス玉井”を交えて「Let's Go 遊ぼうZE 2 feat. YOUR SONG IS GOOD」を披露する。Creepy NutsはDJ松永によるショーののち、ヒプノシスマイクのオオサカ・ディビジョン「どついたれ本舗」に提供した「あゝオオサカdreamin' night」をセルフカバー。この「ライバルラッパー対決」はSNS上でも大きな反響を呼んだ。「次世代アイドル対決」ではももクロの後輩グループであるたこやきレインボーが最新シングル曲「もっともっともっと話そうよ-Digital Native Generation-」を元気いっぱいにパフォーマンスし、バーチャルYouTuber・Kizuna AIはアプガ(仮)、スパドラ、ボイメンとコラボ。花柳糸之社中による日本舞踊でステージに華が添えられた「大御所対決」では3回目の出場となった水前寺清子が「いっぽんどっこの唄」を歌唱し、サプライズで登場した若大将・加山雄三は「お嫁においで」をウクレレで弾き語った。

「ガンダム対決」に突入すると、西川貴教T.M.Revolution)自らセレクトした「機動戦士ガンダムSEED」のシーンと共に、12月24日に埼玉・さいたまスーパーアリーナで行われた「ももいろクリスマス 2019 ~冬空のミラーボール~」での「Meteor-ミーティア-」のライブ映像が上映される。一方の森口博子は芸能界きってのガンダム好きで知られる土田晃之が選んだ名シーンをバックに、「第61回 輝く!日本レコード大賞」で企画賞を受賞したカバーアルバム「GUNDAM SONG COVERS」より「水の星へ愛をこめて/with寺井尚子」を歌唱。「新旧エンタメ対決」ではヒプノシスマイクによる「ももいろ応援ラップ」のムービーが上映されたほか、昨年夏に東京・明治座で上演されたももクロの舞台「ももクロ一座特別公演」のスピンオフ劇を挟んで松本明子が「お祭りマンボ」を披露した。

「熱い男対決」で登場したビートきよしはたけし軍団ら“ガンバルマン”が熱湯風呂に入っている間だけ歌えるというシステムで「浅草キッド」の歌唱に挑んだが、制限時間オーバーとなりあえなく途中で終了。大友康平は男性グループを率いて「BRIDGE~あの橋をわたるとき~」を歌い、力強いボーカルで観客を圧倒した。「憧れ、憧れられ対決」には東京03の角田晃広が参加し、学生時代に憧れていたという杉山清貴の「さよならのオーシャン」を全力で熱唱する。曲中、杉山本人がステージに現れ、歓喜の表情を浮かべる角田とデュエット。そのまま杉山は「ふたりの夏物語」を伸びやかな歌声で披露した。

歌合戦が終盤に差し掛かると、イベントはももクロ、和田、東京女子流、松本、森口ら女性アイドルの出演者を中心にした応援パフォーマンス企画「昭和~平成~令和アイドル祭り ノーサイドアイドルメドレー」へ。キャンディーズ「年下の男の子」、東京女子流「おんなじキモチ」、スマイレージ「夢見る 15歳」などのアイドルソングが世代を超えてメドレー形式で披露される中、元プロレスラーの飯塚高史がステージに乱入して百田をジャイアントスイングしたり、玉井を担ぎ上げたりする一幕もあった。そのあとの「THE名曲対決」には東京・両国国技館でカウントダウンコンサートを行っていたさだまさしが生中継で参加し、「償い」を歌唱。平松愛理は1992年発表のヒット曲「部屋とYシャツと私」の続編として昨年リリースした「部屋とYシャツと私~あれから~」を佐々木のコンテンポラリーダンスと共に披露した。「歌姫DIVA対決」で7人のダンサーを従えて登場した倖田來未は、「GOLDFINGER '99」をダンサブルにアレンジした「GOLDFINGER 2019」で迫力のステージを展開する。対するNOKKOはレベッカの代表曲「フレンズ」を熱唱し、色褪せない歌声で観客を魅了した。

最後に用意された対決は「しげる対決」。まずは昨年11月の「ももいろ歌合戦」の記者会見にも参加した泉谷しげるが「春夏秋冬」を演奏し、渋みのある歌声を響かせる。トリの松崎しげるはももクロのライブでお馴染みの「愛のメモリー」を力強く歌い上げて貫禄を見せつけ、場内に約5000枚におよぶ松崎のお面が降り注ぐというサプライズで観客を驚かせた。そして全出演者のステージが終わったところでSNSでの投票も含むAbemaTVの視聴者による投票結果が発表され、白組の勝利が決定。百田がももクロのプロデューサーである川上アキラより優勝旗を受け取ったのち、出演者たちが水前寺清子を中心に「三百六十五歩のマーチ」を合唱し、歌合戦をフィナーレに導いた。

歌合戦の終了後、ももクロはこれまでの年越しイベントと同様にカウントダウンのタイミングで「行くぜっ!怪盗少女 -ZZ ver.-」を披露。年が変わる瞬間にモノノフや出演者と一緒に勢いよくジャンプし、大盛りあがりの中で新年を迎えた。さらに「stay gold」「吼えろ」などを立て続けにパフォーマンスした4人は最後に「今宵、ライブの下へ」を歌い、8時間以上にわたって行われた年越しライブイベントの幕を閉じた。

ももいろクローバーZ「第3回 ももいろ歌合戦」2019年12月31日 横浜アリーナ セットリスト

紅組

01. アップアップガールズ(仮)「アッパーレー」
02. 氣志團「stay gold」
03. 高橋洋子「残酷な天使のテーゼ」
04. 塩乃華織「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」「Let It Go~ありのままで~」
05. m-flo「come again」
06. 和田彩花「Une idole」
07. BOYS AND MEN「炎・天下奪取」
08. ファンキー加藤 feat. ももいろクローバーZ「吼えろ」
09. FLOWER FLOWER「パワフル」「CHE.R.RY」
10. サイプレス上野とロベルト吉野 feat. タコライス玉井「Let's Go 遊ぼうZE 2 feat. YOUR SONG IS GOOD」
11. たこやきレインボー「もっともっともっと話そうよ-Digital Native Generation-」
12. 水前寺清子「いっぽんどっこの唄」
13. 西川貴教T.M.Revolution)「Meteor-ミーティア-」
14. ヒプノシスマイク「ももいろ応援ラップ」
15. ビートきよし「浅草キッド」
16. 角田晃広東京03)「さよならのオーシャン」
17. さだまさし「償い」
18. 倖田來未「GOLDFINGER 2019」
19. 泉谷しげる「春夏秋冬」

白組

01. 私立恵比寿中学「ジャンプ」
02. SUPER★DRAGON「行くぜっ!怪盗少女」
03. Poppin'Party「キズナミュージック♪」
04. 妃海風「これが恋かしら」「夢はひそかに」
05. C&K「Y」
06. 東京女子流「鼓動の秘密」
07. Fischer's「未完成人」
08. 中澤卓也「さくら(独唱)」
09. CHAI「N.E.O.」
10. Creepy Nuts「あゝオオサカdreamin' night」
11. Kizuna AI「AIAIAI(feat. 中田ヤスタカ)」
12. 加山雄三「お嫁においで」
13. 森口博子「水の星へ愛をこめて/with寺井尚子」
14. 松本明子「お祭りマンボ」
15. 大友康平「BRIDGE~あの橋をわたるとき~」
16. 杉山清貴「ふたりの夏物語」
17. 平松愛理「部屋とYシャツと私~あれから~」
18. NOKKO「フレンズ」
19. 松崎しげる「愛のメモリー」

・三百六十五歩のマーチ / 水前寺清子&LINE UP

ももクロカウントダウンライブ

00. overture ~ももいろクローバーZ参上!!~
01. 行くぜっ!怪盗少女 -ZZ ver.-
02. stay gold
03. オレンジノート
04. 吼えろ
05. 走れ! -ZZ ver.-
06. 今宵、ライブの下で

撮影:増田慶、高田真希子

音楽ナタリーをフォロー