エビ中安本彩花ソロ生誕祭でそっくりさんと対面、父のギターで「カブトムシ」

1198

6月27日に18歳の誕生日を迎えた私立恵比寿中学の安本彩花が、昨日7月1日に東京・ステラボールでバースデーイベント「安本彩花そっくりさんコンテスト 略して ヤスコン」を開催した。

安本彩花生誕ソロライブ「安本彩花そっくりさんコンテスト 略して ヤスコン」の様子。

安本彩花生誕ソロライブ「安本彩花そっくりさんコンテスト 略して ヤスコン」の様子。

大きなサイズで見る(全30件)

安本彩花

安本彩花[拡大]

6月13日に同会場で行われた小林歌穂のバースデーイベントを皮切りに、メンバー全員が誕生日前後にソロ公演を行うエビ中。ソロ公演第2弾となった今回はタイトルの通り、エビ中ファミリー(エビ中ファンの総称)の中から安本のそっくりさんNo.1を決めるコンテストを軸に進行した。

安本は「私のラブなアイドルたち」をテーマに自身が選曲したBGMで観客を迎え入れ、開演時刻になるとエビ中おなじみのオープニング曲「ebiture」に乗せて1人で登場。「本日司会を務めさせていただきます安本彩花です!」と挨拶した。「ヤスコン」では事前募集でエントリーされた多数のそっくりさんの中から、安本自身が独断と偏見で選んだ4名がステージに呼ばれ、エビ中の“校長”こと藤井マネージャーと舞台監督のミツ氏、そして観客の評価で優勝者を決めることに。コンテストは2名ずつのトーナメント形式で、安本はソロによるライブパフォーマンスを織り交ぜつつ司会として奮闘した。

「仮契約のシンデレラ」の振り付けで安本の特徴を説明するまきちゃんさん(左から2番目)。

「仮契約のシンデレラ」の振り付けで安本の特徴を説明するまきちゃんさん(左から2番目)。[拡大]

「ヤスコン」優勝者・ばかなさん(左)。

「ヤスコン」優勝者・ばかなさん(左)。[拡大]

コンテスト1回戦は、見た目と素朴な雰囲気がそっくりなばかなさんと、「ファッションセンスがそっくり」という唯一の男性候補者・みつなりさんの対決で、ばかなさんが勝利。2回戦では、エビ中が現在行っているツアーの衣装を完全コピーした衣装で挑んださきやんさんに対し、見た目はまったく違うまきちゃんさんが安本の特徴をとらえた“細かすぎるモノマネ”で勝負を挑み、結果さきやんさんが決勝にコマを進めた。決勝では観客がばかなさん、ミツ氏がさきやんさんに1票を投じ、結果は校長に委ねられる。校長は「つらいつらい」とプレッシャーにさいなまれつつ、「2人とももっと近付いて横に並んで」「左側の耳を見せて」「おでこを見せて」と、かつて安本も同じ体験をしたという実際のタレント面接方法で厳密に審査。その結果、軍配は僅差でばかなさんに上がり、安本より優勝景品としてサイン入りTシャツが贈呈された。

安本彩花

安本彩花[拡大]

トランプを撒き散らす安本彩花。

トランプを撒き散らす安本彩花。[拡大]

ライブパートはエビ中初期のナンバー「チャイム!」から始まり、安本は「誘惑したいや」「スーパーヒーロー」など自ら選んだ楽曲をソロで歌い上げる。「こりゃめでてぇな」ではステージに運び込まれた謎のスイッチを安本が押すと、フロアに金色のテープが発射。続く「ハイタテキ!」では安本が次々とマジックを披露し、観客を驚かせた。「ヤスコン」決勝を終えたあとのラストナンバーは、安本の父が演奏するアコースティックギターの録音をバックにしたaikoのカバー「カブトムシ」。安本は自身の活動を支える父についてたびたび話しており、エビ中ファミリーの間では“影のプロデューサー”としてすっかりおなじみ。「お父さんはまったくの素人なんですけど、わからないなりに歌を一緒に練習してくれるんです。そんなお父さんとの練習風景を再現したいと思いまして」と、安本は小学生の頃に描いた父の似顔絵を拡大したパネルを隣に置き、父のギターに乗せて力強く「カブトムシ」を熱唱した。

父の似顔絵をそばに置いて「カブトムシ」を歌う安本彩花。

父の似顔絵をそばに置いて「カブトムシ」を歌う安本彩花。[拡大]

歌い終え「お父さんへの感謝を改めて感じるきっかけを作ってくれた皆さんに感謝します」と挨拶した安本は、「ちょっとお話してもいいですか」とさらに話を続ける。「皆さんには申し訳ないんですけど、ツーショット会とか私は本当に苦手で。やっぱり人気の差が目に見えてわかっちゃうじゃないですか。それがつらくて悩んだ時期もあったんですけど、この間の握手会のとき、ほかのメンバーのファンの方が来てくれて、『彩ちゃんの握手会のレーンに並んでる人は、みんなすっごい楽しそうに帰っていくね』って言ってもらえたんですね。それが本当にうれしくて。私はファンの方が本当に誇りで、いつも味方でいてくれる皆さんには感謝してもしきれません。本当にありがとうございます」と胸の内を伝えた。さらに「過去のメンバーも含め、エビ中のメンバーや、メンバーのみんなを支えてくれるスタッフさんにもたくさんたくさん感謝して、これからもがんばっていきたいと思います。いつもありがとう」と身内への感謝を述べ、「私にはエビ中という居場所しかないと思ってるんですね。だから『もう彩花はクビだ!』と言われるまでは、ずっと、ずーっとここにいたいです。ここにいさせてください!」と宣言すると、観客からは温かい拍手が送られた。

安本彩花生誕ソロライブ「安本彩花そっくりさんコンテスト 略して ヤスコン」の様子。

安本彩花生誕ソロライブ「安本彩花そっくりさんコンテスト 略して ヤスコン」の様子。[拡大]

「あら? そう言えばあの歌、歌ってないですね? ということで皆さん、ごきげんよう! ……アンコール待ってるよー」と言い残して立ち去った安本は、希望通りアンコールがかかると再び笑顔でステージへ。そして秦基博「ひまわりの約束」、藤原さくら「Soup」と2曲のカバーを披露したのち、「あの歌、いっちゃいます?」とオリジナルのソロナンバー「またあえるかな」を最後に歌い、18歳になって初めてのライブを幸せなムードで締めくくった。

本日7月2日には東京・東京国際フォーラム ホールAにて、エビ中のライブツアー「私立恵比寿中学JapanホールKeikiiiiツアー2016 ~the snack bar in gakugeeeekai~」の最終公演が開催。7月19日には東京・ステラボールにてソロ企画第3弾、松野莉奈のバースデーイベント「rinanan RADIO SHOW!!」が行われる。

この記事の画像(全30件)

安本彩花生誕ソロライブ「安本彩花そっくりさんコンテスト 略して ヤスコン」
2016年7月1日(金)ステラボール セットリスト

01. チャイム!
02. ナチュメロらんでぶー
03. 誘惑したいや
04. スーパーヒーロー
05. こりゃめでてぇな
06. ハイタテキ!
07. カブトムシ(オリジナル:aiko)
<アンコール>
08. ひまわりの約束(オリジナル:秦基博)
09. Soup(オリジナル:藤原さくら)
10. またあえるかな

「私立恵比寿中学JapanホールKeikiiiiツアー2016 ~the snack bar in gakugeeeekai~」最終公演

2016年7月2日(土)東京都 東京国際フォーラム ホールA

松野莉奈生誕ソロライブ rinanan RADIO SHOW!!

2016年7月19日(火)東京都 ステラボール

中山莉子生誕ソロライブ

2016年10月27日(木)
※詳細は後日発表

星名美怜生誕ソロライブ

2016年11月4日(金)
※詳細は後日発表

真山りか生誕ソロライブ

2016年12月16日(金)
※詳細は後日発表

廣田あいか生誕ソロライブ

2017年1月31日(火)
※詳細は後日発表

柏木ひなた生誕ソロライブ

2017年3月29日(水)
※詳細は後日発表

全文を表示

関連記事

私立恵比寿中学のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 私立恵比寿中学 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。