音楽ナタリー

バニビ、虫や電波と格闘しながらデビュー10周年!ベストアルバム12月発売

311

デビュー10周年を迎えたバニラビーンズ。

デビュー10周年を迎えたバニラビーンズ。

バニラビーンズがデビュー10周年を迎えた本日10月3日、東京・渋谷マルイ屋上でフリーライブを行った。

「北欧の風に乗ってやってきた、清楚でイノセンスな雰囲気を持つ“オシャレ系アイドル”」として、2007年10月3日にシングル「U▽Me」でデビューしたバニラビーンズ。本日のフリーライブにデビュー時の衣装で登場したバニビのレナとリサは、照明の灯りで寄ってきた虫やワイヤレスマイクの微弱な電波と格闘しながらも、そのデビュー曲「U▽Me」をはじめ、ピチカート・ファイヴのカバー「東京は夜の七時」、2009年1月発売の3rdシングル「サカサカサーカス」、淡い夏の情景を歌った「Summer vacation」と4曲を披露した。

ライブ終了後にはステージ上にデビュー10周年を祝したケーキとくす玉が運び込まれ、2人がくす玉を割ると「祝 VANILLA BEANS 10th」と書かれた垂れ幕が飛び出し、会場に集まったファンからは盛大な拍手が送られた。そして2人がその垂れ幕を裏返すと、そこには「セイヤ HAPPY BIRTHDAY」と本日28歳の誕生日を迎えたスタッフをお祝いするメッセージが。スタッフへのねぎらいの言葉を送ったレナとリサは、ここで「お知らせがあります!」と、10周年記念ベストアルバム「Vani Best II」がエイベックスより12月6日にリリースされることを発表した。

バニビがベストアルバムを発表するのは、2枚目のフルアルバムとして2010年9月にリリースされた「VaniBest」以来となる。今作には現在所属するエイベックスの音源のみならず、初期の徳間ジャパンコミュニケーションズ時代、2011~15年のT-Palette Records時代の楽曲もレーベルの垣根を越えて収録。10年の歴史の中から2人が厳選した楽曲に、録り下ろしの新曲(タイトル未定)と、作者である小西康陽自身がバニビのためにリアレンジした「東京は夜の七時」のカバー新バージョンを加えた18トラックが収められる予定だ。また本作はCD+Blu-ray、CD+DVD、CDのみの全3形態が用意され、ジャケットは各仕様ごとに異なるデザイン。ジャケットではレナとリサがデビュー時を彷彿とさせる北欧テイストの新衣装を着用している。

結成時からのオリジナルメンバーであるレナは「私は学生の頃から10年同じことを続けたことがなかったので、まずは『職業アイドルを10年続けてみよう』というのが目標だったんです。けど正直、10年やっても『アイドルって何もわからない』というのが結論かな。あと5年10年続けていけばわかるのかなと思う。10年経ってもわからないことだらけなんですよ」と語り、2008年3月からレナと共に歩んできたリサも「3年目4年目とか記憶がぐちゃぐちゃだもんね」としみじみ振り返った。そしてレナは「ベストが出ると解散フラグとなりそうですが、私たちはなりませんので、明るい感じで拡散してください」とベストアルバムをアピールした。

バニビはこのあと、10月7日に東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGEでデビュー10周年記念ライブ「バニラビーンズ ~10th Anniversary Live~」を開催。この日はひさびさのバンド編成でのライブとなり、本編終了後にはアフターパーティも予定されている。

バニラビーンズ「Vani Best II」収録内容

CD

・ニコラ
・東京は夜の七時(小西康陽氏リアレンジ)
ほか新曲を含む合計18トラック収録予定

Blu-ray

ミュージックビデオ多数収録予定+10周年ライブダイジェスト

DVD

10周年ライブダイジェスト+オフショットインタビュー映像を予定

バニラビーンズ ~10th Anniversary Live~

2017年10月7日(土)東京都 渋谷duo MUSIC EXCHANGE

音楽ナタリーをフォロー