音楽ナタリー

BABYMETAL、Foo Fightersらオーディエンス沸かせた「SUMMER SONIC」2日目

1158

BABYMETAL

BABYMETAL

音楽フェスティバル「SUMMER SONIC 2017」が8月19、20日に千葉と大阪で開催された。この記事では千葉公演2日目の模様をレポートする。

RAINBOW STAGEのトップバッターのさユりは1曲目「平行線」からエモーショナルな歌声で観客の心を掴んでいくが、途中で声がうまく出なくなる事態に。それでも彼女は「声は出なくなったけど、私どうしても歌いたいです」と語り、ラストナンバー「十億年」まで力強く歌を届けていった。MOUNTAIN STAGEはLittle Glee Monsterによるアカペラメドレーで幕を開ける。圧倒的な歌唱力でフロアを魅了したあと、「My Best Friend」からはバンドの演奏に乗せてパフォーマンスを披露。最後に9月13日にリリースされる新曲「明日へ」をエモーショナルに歌い上げ、ステージを締めくくった。

日差しが照りつける13:00台にMARINE STAGEに現れたINABA / SALASは、1曲目「SAYONARA RIVER」から堂々としたパフォーマンスを見せつけていく。続く「苦悩の果てのそれも答えのひとつ」では稲葉浩志がそれまでかけていたサングラスを外してオーディエンスとコール&レスポンスで盛り上がり、「WABISABI」ではスティーヴィー・サラスが速弾きを披露して大歓声を浴びていた。

SONIC STAGEに登場したBLUE ENCOUNTは熱のこもった演奏で「THE END」や「HEART」などを届け、序盤からオーディエンスに強いインパクトを与えていく。田邊駿一(Vo, G)は「洋楽も邦楽もジャンルも関係なく、みんな笑える会場が『サマソニ』だと思います!」とうれしそうに語っていた。BEACH STAGEに出演したパスピエは1曲目「あかつき」からラストナンバー「MATATABISTEP」までMCは控えめにノンストップでステージを展開。さわやかな風に乗せて、みずみずしく躍動感のあるサウンドを届けていった。MAN WITH A MISSIONは地鳴りのようなコールが響く中「Hey Now」「Raise your flag」などを次々と繰り出し、MARINE STAGEに熱狂の渦を巻き起こしていく。MCではJean-Ken Johnny(G, Vo, Raps)が「自分タチニ影響ヲ与エテクレタバンドガヘッドライナーノ日ニ、同ジステージニ立テタノヲ光栄ニ思イマス」と、Foo Fightersへのリスペクトを言葉ににじませていた。

初出演のクリープハイプは「HE IS MINE」などで鮮烈なプレイを見せたあと「二十九、三十」「5%」をゆったりと奏でていく。最後には尾崎世界観(Vo, G)の「好きな海外アーティストがいて、(自分の部屋の)壁に画鋲でポスターを貼っていました。今は壁に空いているその穴が愛おしい。観ているあなたにちょっとでも穴や傷が残れば」という言葉と共に「傷つける」が演奏された。涼しげな風が吹く夕方のGARDEN STAGEに登場したのはEGO-WRAPPIN'。中納良恵(Vo)と森雅樹(G)はキーボーディストやホーンセクションを加えたEGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX編成で、セッションから軽やかに「love scene」へとつなげ、オーディエンスの体を揺らしていく。「60分1本勝負! 損はさせないぜ」と呼びかけた中納は「サイコアナルシス」や「GO ACTION」で躍動感のあるパフォーマンスを行い、最後までファンを惹き付けていた。

2012年に飲食エリアの一角にあるSIDE-SHOWにて「サマソニ」初出演を果たしたBABYMETALは、Foo Fightersの前の“2ndヘッドライナー”としてMARINE STAGEに登場。彼女たちの「サマソニ」での軌跡を追う映像が上映されたあと、3人は「BABYMETAL DEATH」でライブをスタートさせた。神バンドの迫力のあるソロパフォーマンスを経て届けられた「Catch me if you can」ではSU-METAL(Vo, Dance)が「ついにここまで来ました!」と笑顔に。続けて彼女は「ここで大きなサークルが見たい!」と願望を明かし、MOAMETAL(Scream, Dance)は「みんなの本気はそんなもんですか?」、YUIMETAL(Scream, Dance)は「ちゃんと見えてるよ!」とMARINE STAGEを煽る。アリーナにいくつもの巨大なサークルが発生する中、3人は「Road of Resistance」や「ヘドバンギャー!!」などを披露。ラストの「イジメ、ダメ、ゼッタイ」まで駆け抜け、達成感に満ちた表情でフォックスサインを掲げながら「See you!」とステージを下りた。

いよいよMARINE STAGEのヘッドライナー・Foo Fightersの出番に。デイヴ・グロール(Vo, G)がステージに駆け込むように登場し「Are you ready!?」とシャウトすると、バンドは1曲目「All My Life」からフルスロットルのパフォーマンスを披露する。デイヴがギターを鳴らしながらじっくりと歌声を響かせた「Big Me」ではオーディエンスがスマートフォンのライトを点灯させ、会場はロマンチックなムードで包まれた。

ライブ後半ではテイラー・ホーキンス(Dr)がリードボーカルを務める代わりに、デイヴがドラムを叩く形でQueen&デヴィッド・ボウイの「Under Pressure」がカバーされる一幕も。デイヴのドラムプレイ披露にオーディエンスの興奮冷めやらぬ中、さらにステージにはこの日MOUNTAIN STAGEに出演していたリック・アストリーがゲストとして迎えられる。彼はFoo Fightersの演奏に乗せ、自身のヒット曲「Never Gonna Give You Up」を披露してステージをはけた。客席から大きなシンガロングが起こった「Best of You」の演奏を経て、Foo Fightersがこの日ラストナンバーとして選んだのは「Everlong」。曲中にはスタジアムの後ろから盛大な花火が打ち上げられ、演奏を終えたメンバーはリックと共に肩を組み一礼した。

(C)SUMMER SONIC All Rights Reserved.

音楽ナタリーをフォロー