音楽ナタリー

ゆず20周年ベストでいきもの、バクナン、セカオワとコラボ

11559

「YUZU 20th Anniversary ALL TIME BEST ALBUM ゆずイロハ1997-2017」のコラボアーティスト。右上から時計回りに、ゆず×いきものがかり、ゆず×SEKAI NO OWARI、ゆず×back number。

「YUZU 20th Anniversary ALL TIME BEST ALBUM ゆずイロハ1997-2017」のコラボアーティスト。右上から時計回りに、ゆず×いきものがかり、ゆず×SEKAI NO OWARI、ゆず×back number。

4月26日にリリースされる、ゆずのデビュー20周年記念ベストアルバム「YUZU 20th Anniversary ALL TIME BEST ALBUM ゆずイロハ1997-2017」。この作品に収録される「スペシャルトラック」の全貌が明らかになった。

このスペシャルトラックでは、いきものがかりback numberSEKAI NO OWARIの3組が、ゆずとのコラボレーションを果たしている。本作の制作にあたり「20周年だからこそできる面白いこと」として、ゆずと親交のある後輩アーティストとのコラボレーション案が浮上。ゆず自らが3組のアーティストにオファーを行い、それぞれが快諾して今回のコラボへと至った。

いきものがかりは昨年秋から年末にかけて、3人のイメージから選曲されたという2013年発表の「イロトリドリ」をレコーディング。初めて3人で路上ライブで歌った曲が、ゆずの「夏色」だったという吉岡聖恵は「仮歌からレコーディングまで、ワクワクしながら歌い、とても素敵な時間を過ごさせていただきました!」と振り返っている。

back numberとのコラボ曲は、清水依与吏(Vo, G)が好んで聴いていたという1999年発売のシングル「サヨナラバス」。清水は「原曲が好き過ぎてあんまり変えたくないし、自分達みたいに原曲を聴き込んでる人も違和感なく聴ける方がいいなぁと思って」と、今回のアレンジに込めた思いを語った。

また、SEKAI NO OWARIとはメンバーたってのリクエストで2ndアルバム「ゆずえん」収録の「悲しみの傘」でコラボレーションした。Nakajin(G)とは、ゆずがきっかけで仲良くなったというFukase(Vo, G)は「このコラボレーションがどんなにミラクルな出来事か、計り知れません」と喜びを明かしている。

この3組とのコラボについて、ゆずの2人は「僕たちにとっても新しい発見ばかりの刺激的なレコーディング現場で、『イロトリドリ』『サヨナラバス』『悲しみの傘』に新たな息吹がふきこまれました」とコメント。各トラックは3枚組のベストアルバムの各ディスクに1曲ずつ収録される。

いきものがかり コメント

吉岡聖恵

ゆずさんに憧れて、高校時代に路上ライブをしていたいきものがかりメンバー3人。
なので、今回のコラボのお話は本当に嬉しかったですし、仮歌からレコーディングまで、
ワクワクしながら歌い、とても素敵な時間を過ごさせていただきました!
「イロトリドリ」、とても賑やかな楽曲で、ゆずさんとコラボさせていただいた楽しい空気感もたっぷり伝わる曲になったのではないかと思います!
曲を聴いてくださる皆さんに、楽しんでいただけましたら幸いです!!!

水野良樹

「ゆず」というグループがいなかったら、
僕ら3人の物語は始まってもいなかったわけで、
今回のコラボは、ヒナ鳥が親鳥のもとへ戻っていくようなものです。
20周年を祝う特別なアルバムに参加できたことは、
僕らにとって、つまりは、夢みたいなことでした。
北川さん、岩沢さん、本当に…本当に…ありがとうございました。

山下穂尊

この度はゆずさんにコラボレーションのお話を頂き大変光栄に思っております。
ゆずさんがいなければ「いきものがかり」は存在しませんでした。
そんな、音楽、路上、そして神奈川の大先輩とのレコーディングはとても貴重な
そして純粋に楽しい経験でした。
宝箱をひっくり返したような楽曲に仕上がりましたので是非お楽しみください。

清水依与吏(back number)コメント

原曲が好き過ぎてあんまり変えたくないし、自分達みたいに原曲を聴き込んでる人も違和感なく聴ける方がいいなぁと思って。なのでサヨナラバスの爽やかな切なさが消えないで、でも出来るだけパワフルに伝わるように、まっすぐ演奏して、まっすぐ歌いました。生まれて初めてのカバーが、この曲で、この形で、この人達とで、幸せでした。

Fukase(SEKAI NO OWARI)コメント

ゆずのマークを僕が上履きに描いてた事をきっかけにNakajinと仲良くなり、そして今のSEKAI NO OWARIに繋がった僕たちにとって、このコラボレーションがどんなにミラクルな出来事か、計り知れません。大人になってから歌った悲しみの傘は木漏れ日の中降る通り雨のような、あたたかい雨になっていました。

ゆず コメント

20周年を記念したベストアルバム「ゆずイロハ 1997-2017」発売にあたり、いままで他の誰もやったことのない面白いことができないか考えていました。そんななか、カバーでもトリビュートでもない、今回のコラボレーションのアイディアが出てきました。先輩でも同世代でもなく、僕たちより若い、だけどとてもリスペクトしている3組のアーティストに声をかけさせてもらいました。僕たちにとっても新しい発見ばかりの刺激的なレコーディング現場で、「イロトリドリ」「サヨナラバス」「悲しみの傘」に新たな息吹がふきこまれました。いきものがかり、back number、SEKAI NO OWARI、ありがとう!

ゆず「YUZU 20th Anniversary ALL TIME BEST ALBUM ゆずイロハ1997-2017」収録曲

DISC 1 イ「いくつもの 日々を越えたよ 20年」

01. 夏色
02. 栄光の架橋
03. 雨のち晴レルヤ
04. 虹
05. 飛べない鳥
06. いつか
07. 表裏一体
08. からっぽ
09. アゲイン2
10. 桜木町
11. イロトリドリ
12. 少年
13. スマイル
14. 嗚呼、青春の日々
15. 逢いたい
16. 見上げてごらん夜の星を ~ぼくらのうた~
17. イロトリドリ(ゆず×いきものがかり)

DISC 2 ロ「路上から 思えば遠くへ きたもんだ」

01. サヨナラバス
02. 贈る詩
03. LOVE & PEACH
04. 恋の歌謡日
05. OLA!!
06. ヒカレ
07. 桜会
08. 春風
09. 青
10. 雨と泪
11. Yesterday and Tomorrow
12. 翔
13. 月曜日の週末
14. 3カウント
15. よろこびのうた
16. 友達の唄
17. サヨナラバス(ゆず×back number)

DISC 3 ハ「ハモります いつでもきみは ひとりじゃない」

01. with you
02. 終わらない歌
03. いちご
04. 友~旅立ちの時~
05. REASON
06. 超特急
07. うまく言えない
08. かける
09. Hey和
10. センチメンタル
11. シシカバブー
12. HAMO
13. 守ってあげたい
14. ストーリー
15. またあえる日まで
16. 悲しみの傘(ゆず×SEKAI NO OWARI)

音楽ナタリーをフォロー