音楽ナタリー

DAOKOの初ワンマン大成功、3つの新曲で次なるステージを示す

220

DAOKO(撮影:鳥居洋介)

DAOKO(撮影:鳥居洋介)

DAOKOが初のワンマンライブ「DAOKO THE LIVE 2」を8月17日に東京・WWWで行った。チケットはソールドアウトとなり、WWWは彼女のパフォーマンスを体験しようと集まったたくさんの観客でにぎわった。

会場暗転後、全面に薄い幕が張られたステージの向こう側に、ツインテールにしたDAOKOがバンドメンバーとともに登場。1曲目「高い壁には幾千のドア」がスタートすると、DAOKOが口にする言葉が次々とグラフィックになって曲に合わせて浮かび上がっていく。その立体感のある演出に観客が圧倒される中、DAOKOは映像が流れるスクリーンの向こうで薄明かりを浴びて、リズムを刻みながらラップを披露。さらに「ぼく」ではステージからレーザーを発射する演出も加わり、洪水のように押し寄せる光と映像がオーディエンスを曲の世界に飲み込んでいく。一方MCでは、しゃべろうとしてマイクに口をぶつけたり、トークをしながら照れて舞い上がってしまったりと、彼女はクールでミステリアスなイメージを覆す親しみやすい一面を見せていた。

ライブ中盤には「ちょっと気分を変えて、インディーズ時代の曲をやってみたいと思います。バンドでやるのは初めてです」という紹介とともに、「夕暮れパラレリズム」「ニルバーナ」「BOY」といった楽曲を歌唱。ステージで楽しそうに歌うDAOKOに観客もハンドクラップで応え、曲が終わるたびに大きな歓声が沸き上がった。

「BOY」の演奏が終わるとDAOKOとバンドメンバーがステージから去り、DAOKOの楽曲をBGMにした短編アニメが突如スクリーンに流れ始めた。アニメが終わると、10月21日にDAOKOの1stシングル「ShibuyaK / さみしいかみさま」が発売されること、そしてアニメ「ME!ME!ME!」でDAOKOとコラボレートした吉崎響監督と再びタッグを組むアニメが「日本アニメ(ーター)見本市」で発表されることがスクリーンで告知された。衣装をチェンジしてステージに戻ったDAOKOは、このアニメで使用される新曲「さみしいかみさま」「ゆめみてたのあたし」を打ち込みをバックに初披露。「さみしいかみさま」は振り付けのある楽曲で、キュートなダンスがDAOKOのライブに新たな魅力を加えていた。

その後もライブは生バンドなしの打ち込みセットで続行。DAOKOは「最近ずっとバンドでライブやってたから、寂しい気もするな」と語りつつ、切実な思いを吐き出すように「ないものねだり」「JK」などを歌唱した。本編最後に彼女は「私自身への応援歌です」と曲紹介をして、バンド編成で「きみ」をパフォーマンス。オーディエンスのハンドクラップに後押しされながら、彼女は笑顔を見せつつラップを披露した。

アンコールでは「次の曲は“アゲー!”な曲なので、みんなと一緒に“アゲー!”ってしたい」と観客に告げ、10月21日に発売される1stシングルの表題曲であるアッパーなダンスチューン「ShibuyaK」を振り付きで熱唱。ラストに「水星」を歌い、2時間弱にわたる初のワンマンライブを終えた。

DAOKO「DAOKO THE LIVE 2」
2015年8月17日 WWW セットリスト

01. 高い壁には幾千のドア
02. かけてあげる Live ver.
03. ぼく
04. ミュージック
05. 流星都市
06. 一番星
07. 夕暮れパラレリズム
08. ニルバーナ
09. BOY
10. さみしいかみさま
11. ゆめみてたのあたし
12. ないものねだり
13. JK
14. ゆめうつつ
15. 嫌
16. きみ
<アンコール>
17. ShibuyaK
18. 水星

音楽ナタリーをフォロー