星野源

星野源

ホシノゲン

1981年1月28日埼玉県生まれの音楽家、俳優、文筆家。2000年には自身が中心となりインストゥルメンタルバンドSAKEROCKを結成。2003年に舞台「ニンゲン御破産」への参加をきっかけに大人計画に所属する。2010年に1stアルバム「ばかのうた」でソロデビュー。2015年5月にリリースしたシングル「SUN」が大ヒットを記録し、同年12月にリリースしたアルバム「YELLOW DANCER」は自身初となるオリコン週間アルバムチャートで自身初となる1位を獲得した。2016年10月にリリースしたシングル「恋」は、自身も出演したドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の主題歌として話題を集め、ドラマのエンディングでキャストたちが踊る“恋ダンス”は大ブームを巻き起こした。2019年には初の5大ドームツアーとワールドツアーを開催。同年10月にはSuperorganismやトム・ミッシュといった海外アーティストをフィーチャリングした意欲作「Same Thing」をリリースした。2020年、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言下でSNSを通じて新曲「うちで踊ろう」を発表し大きな話題に。同年末には「第71回NHK紅白歌合戦」に出場し、「うちで踊ろう」のフルバージョンを披露した。2021年2月に任天堂「スーパーマリオブラザーズ」35周年記念CMソング「創造」を配信リリース。俳優としてはドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」「MIU404」のほか、映画「箱入り息子の恋」「引っ越し大名!」「罪の声」などに出演。2020年6月から9月には綾野剛とのダブル主演ドラマ「MIU404」が放送され好評を博した。

リンク

関連する画像