音楽ナタリー

ももクロ佐々木彩夏、映画「聖闘士星矢」でアテナ役に抜擢

2760

佐々木彩夏(ももいろクローバーZ)が、車田正美原作によるCGアニメーション映画「聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY」に声優として出演することが明らかになった。

この映画は車田の画業40周年を記念して製作されるもので、原作でも屈指の人気を誇る「聖域十二宮編」を映像化した作品。佐々木は戦いの女神アテナの化身・城戸沙織を演じる。今回の起用は“挑戦を恐れず、戦いの中で成長していく”という城戸沙織像とももクロの姿勢が重なったことと、清楚かつ可憐な容姿を持ち、強い芯を感じさせる女性という城戸沙織のイメージに佐々木が最も近いことから実現した。

大役に抜擢された佐々木は「聖闘士星矢ファンのみなさんにも、今回の城戸沙織よかったね!と言ってもらいたいし、これをきっかけに、今まで『聖闘士星矢』を見たことがなかったももクロファンの方にも観てもらいたいです」とコメント。さらに「ここから、彩夏レボリューションが始まりますので、みなさん楽しみにしていてください!」とメッセージを送っている。

「聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY」は6月21日より全国ロードショー。監督はテレビアニメ「TIGER & BUNNY」などを手がけるさとうけいいちが務め、主人公のペガサス星矢役は「翠星のガルガンティア」レド役などで知られる石川界人が担当する。

佐々木彩夏コメント

アテナ役に決まったと聞いた時、凄く嬉しかったのですが「なんで私なんだろう」と不思議でした。足を怪我してロボットのような恰好をしていた何日か後だったので、それが「聖闘士星矢」っぽかったのかな。と思いました。「かよえ!チュー学」以外では、「お願い!ランキング」や、ライブで流す自分自身の映像に声を当てたことはあるのですが、今までは私の声に映像を合せてもらっていたので、(今回の様な体験は)ほぼ初めてで、アニメの口に合わせながら喋るのが大変だったのですが、監督さんやスタッフさんに助けてもらってやりきることができました。
演じさせていただいたアテナは、綺麗で逞しくて、リーダーなので憧れます。聖闘士が守ってくれるというところは、モノノフのみなさんが私を守ってくれるという関係と似ているな。と思いました。聖闘士星矢ファンのみなさんにも、今回の城戸沙織よかったね!と言ってもらいたいし、これをきっかけに、今まで「聖闘士星矢」を見たことがなかったももクロファンの方にも観てもらいたいです。グループを離れての活動は、楽屋も寂しいし、隣に誰もいなくて心細かったのですが、メンバーに今回の仕事の話をしたら応援してくれたので、早く観てもらいたいです! ここから、彩夏レボリューションが始まりますので、みなさん楽しみにしていてください!

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【ナタリーストア】