音楽ナタリー

桜井和寿×GAKU-MC、サッカー日本代表応援ソング制作

721

桜井和寿(Mr.Children)とGAKU-MCによるユニット・UKASUKA-Gが、サッカー日本代表の応援ソングを制作することが明らかになった。

3月に“音楽とフットボール”を通じて新たなコミュニケーションを生み出すことを目的としたプロジェクト「MIFA」を設立し、UKASUKA-G名義の楽曲「でも、手を出すな!」のリリースやイベント「MIFA presents YOYOGI CUP」の開催などさまざまな活動を展開してきた桜井とGAKU-MC。彼らは今回日本サッカー協会公認のもと、「日本サッカーの未来とともに、いつまでも歌い継がれていく応援ソング」というテーマで楽曲を制作する。

この企画の始動にあたりUKASUKA-Gはコメントを発表。「これだけサッカーを愛し、週に3回位のペースでサッカーをやっているようなミュージシャンは他にはいないのではないかと思いますし、ファンの皆さん、応援をする皆さんの気持ちを理解しているミュージシャンはいないのではないかと思っております」とサッカーへの愛情を伝えたほか、「日本代表チームの試合の時に、みんなで一緒に声を出して応援出来るような、そして、その声援を聴いた選手が一つになれるような楽曲を制作したいと思っています」と意欲を見せている。

音楽ナタリーをフォロー

  • 読者アンケート実施中【音楽ナタリー】