ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

生田斗真が「冥界にて待つ!」、劇団☆新感線39興行「偽義経冥界歌」幕開け

1672

2019年劇団☆新感線 39(サンキュー)興行・春公演「いのうえ歌舞伎『偽義経冥界歌(にせよしつねめいかいにうたう)』」ゲネプロより。(撮影:田中亜紀)(c)2019『偽義経冥界歌』/ヴィレッヂ・劇団☆新感線

2019年劇団☆新感線 39(サンキュー)興行・春公演「いのうえ歌舞伎『偽義経冥界歌(にせよしつねめいかいにうたう)』」ゲネプロより。(撮影:田中亜紀)(c)2019『偽義経冥界歌』/ヴィレッヂ・劇団☆新感線

2019年劇団☆新感線 39(サンキュー)興行・春公演「いのうえ歌舞伎『偽義経冥界歌(にせよしつねめいかいにうたう)』」が、本日3月8日に大阪・フェスティバルホールで開幕する。

劇団☆新感線の旗揚げ39周年を記念した「39興行」の一環として上演される「偽義経冥界歌」は、3年ぶりとなる「いのうえ歌舞伎」の新作。“奥州三代”と“義経黄金伝説”をモチーフとした本作では、作を中島かずき、演出をいのうえひでのりが手がけ、主演を生田斗真が務める。

開幕に際し、いのうえは「劇団☆新感線史上最大といえるほど立ち回りの多い公演」と本作を紹介。生田は「劇団☆新感線版アベンジャーズ×ハムレット×リメンバー・ミー! さぁ訳が分からなくなってきただろう? 楽しみになってきただろう? 自信あり! そして当日券も数枚あり! 劇場にて、、、否! 冥界にて待つ!」と観客にメッセージを送っている。

大坂公演は3月21日まで。その後、4月に石川・金沢歌劇座、長野・まつもと市民芸術館で上演され、来年2020年2月に東京・TBS赤坂ACTシアター、4月に福岡・博多座で公演が行われる。

いのうえひでのりコメント

「偽義経冥界歌」は劇団☆新感線史上最大といえるほど立ち回りの多い公演です。立ち回りがダンスのようにお芝居として複雑に入り込んでいて、キャストの動きにうまく馴染まないと台詞とのリズムが悪くなり、物語のうねりが客席に伝わらなくなってしまうので、開幕までにしっかり間に合わせて良い形でお届けしたいと思っています。
生田斗真くんは、今では弟キャラではなく、すっかり立派な俳優さん。新感線のことも良く分かってくれていて、差し引き、駆け引き、気遣いすべてにおいて任せられる主役です。
大阪公演は3年ぶり。豊洲(IHIステージアラウンド東京)にずっといたので、一つの場所から解放されるエネルギー、そして劇団員が揃う楽しさもある公演です。ぜひご期待ください。

生田斗真コメント

前作「Vamp Bamboo Burn~ヴァン!バン!バーン!」(2016年)は大阪フェスティバルホールにて大千秋楽を迎えました。あれから3年近く時が経ち、また同じ場所からスタート出来る事に喜びを感じています。かなり大きな会場ですが、最前列から、2階席、3階席の1番後ろのお客様まで、誰一人置いていかない、お芝居にしたいと思っています。
稽古中は橋本さとし先輩の天然ぶりに終始翻弄された稽古場でした。久しぶりに本公演に参加する、さとしさんと、それを心から喜んでいる劇団員の皆さん。素晴らしい連帯感と幸せに満ちた稽古場でした。
「偽義経冥界歌」は久しぶりの劇団☆新感線の新作! とにかく役者が駆け回る! 闘う! 歌う! 少年漫画のようでありながら、誰もが楽しめるスペクタクル作品です。難しい事は考えず、僕らが創り上げる劇空間にお付き合い下さい。
劇団☆新感線版アベンジャーズ×ハムレット×リメンバー・ミー! さぁ訳が分からなくなってきただろう? 楽しみになってきただろう? 自信あり! そして当日券も数枚あり! 劇場にて、、、否! 冥界にて待つ!

関連する特集記事

WOWOW「劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season月 下弦の月」鈴木拡樹 / いのうえひでのりインタビューPR

2019年劇団☆新感線 39(サンキュー)興行・春公演「いのうえ歌舞伎『偽義経冥界歌(にせよしつねめいかいにうたう)』」

2019年3月8日(金)~21日(木・祝)
大阪府 フェスティバルホール

2019年4月2日(火)~7日(日)
石川県 金沢歌劇座

2019年4月18日(木)~21日(日)
長野県 まつもと市民芸術館

2020年2月上演予定
東京都 TBS赤坂ACTシアター

2020年4月上演予定
福岡県 博多座

作:中島かずき
演出:いのうえひでのり
出演:生田斗真 / りょう中山優馬藤原さくら / 粟根まこと山内圭哉早乙女友貴 / 橋本じゅん(大阪、金沢、松本公演のみ出演)、三宅弘城(東京、福岡公演のみ出演)/ 橋本さとし / 右近健一河野まさと逆木圭一郎村木よし子インディ高橋 / 山本カナコ(東京、福岡公演のみ出演)、礒野慎吾吉田メタル、中谷さとみ、保坂エマ / 新谷真弓(大阪、金沢、松本公演のみ出演)、村木仁川原正嗣武田浩二 / 狩野新之介、鈴木智久、山崎翔太、渡部又吁、小板奈央美、後藤祐香、齋藤志野、鈴木奈苗藤家剛川島弘之菊地雄人、あきつ来野良、藤田修平、北川裕貴、紀國谷亮輔、下島一成

※山崎翔太の「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。

ステージナタリーをフォロー