ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

「偽義経冥界歌」東京・博多へ、いのうえひでのり「10分くらいは短くなる」

885

左から中山優馬、生田斗真。

左から中山優馬、生田斗真。

2020年劇団☆新感線 39(サンキュー)興行・春公演「いのうえ歌舞伎『偽義経冥界歌(にせよしつねめいかいにうたう)』」の記者会見が、本日1月21日に東京都内で実施された。

劇団☆新感線の旗揚げ39周年を記念した「39興行」の一環として上演される本作「偽義経冥界歌」は、“いのうえ歌舞伎”の新作。昨年3月から4月にかけては、大阪、石川、長野で上演された。

会見には作の中島かずき、演出のいのうえひでのり、出演者の生田斗真りょう中山優馬藤原さくら粟根まこと山内圭哉早乙女友貴三宅弘城橋本さとしが出席した。中島は、生田が高校生のときに初めて出会ったと言い、「ずっと書き下ろしをやりたかった。いざ書いたらバカな役になり、『すまん』と思っています」と場内の笑いを誘う。また昨年の公演を「想像以上に光に満ちた舞台だった。真ん中に立つ斗真くんの魅力で、明るくて不思議な作品になっていました」と振り返った。

いのうえは昨年の公演について「気合のあまり詰め込みすぎて、新感線史上、最も立ち回りが多い作品になった。こんなはずじゃなかった……」と苦笑いを漏らし、登壇者を笑わせる。さらにいのうえは「若手が中心の作品だと思って階段や八百屋舞台を使ったら、2幕ではうちの“おじいさん”たちを走らせる展開になった(笑)。そのあたりも考えてブラッシュアップしているので、10分くらいは(上演時間が)短くなるんじゃないかな」と話した。

生田は大阪、石川、長野公演を「階段と傾斜がついた舞台でできているステージだったので、我々は常に体が斜め(笑)。みんなヒイヒイ言いながらがんばりました」と回顧し、「令和版『偽義経~』では、さらにクオリティが上がります」と自信をのぞかせる。またキャストたちはこの日の会見に、おそろいの黒い鯉口シャツ姿で登場。このシャツを贈った生田は「チームワークをさらによくするために、みんなで同じものを着たくて」と笑顔で意図を明かした。りょうは「前回観た方も、初めての方も楽しめると思う」と観客の期待を煽る。座長である生田の印象を司会に尋ねられると、りょうは生田と照れくさそうに「えっへっへ」と笑い交わしてから、「斗真くんは稽古でもいろいろ提案してくれる。頼りになります」とコメントした。

中山は鯉口シャツを示しながら「斗真くんがシャツにコロコロをかけてくれたので、きれいな状態で会見に登場できました」と話して会場の笑いを誘う。初参加の劇団☆新感線については「毎日稽古場に行くのが楽しみです」と充実ぶりを語る。また今作が初舞台となった藤原は、劇中で演奏や歌唱を披露することに触れ、「この作品では歌が鍵になります。今回は大阪、金沢、松本では歌わなかった曲が増えるので、精一杯歌いたい」と意気込んだ。

粟根は「今回は立ち回りがシンプルになり、“年かさ組”も楽をさせていただきます。まあ私は去年も今年も殺陣は2手だけで、あとはただ逃げ回っています」と記者たちを笑わせ、続く山内も「過去2年、豊洲でグルグル回っていた新感線が久しぶりの通常営業で、まるで“懲役”が明けたよう」と冗談を飛ばして場内を笑いで包む。また「前回は公演中に体重が7kg落ちた」と明かす早乙女は「今回は昨年より公演数が多いのですが(笑)、最後まで楽しみたい」と抱負を述べた。

東京・博多公演から参加の三宅は、「これまで新感線では大体、うつけ者とロボットを演じていました。今回初めて、比較的まともな人間役です」と切り出して登壇者の笑いを誘う。長物を用いた立ち回りや、博多座、TBS赤坂ACTシアターに立つことも初めてだと言う三宅は「50歳を過ぎてここまで初めてづくしの公演はなかなかない。その幸せを噛み締めながら、経験者たちの中で1人苦戦しています」と笑い交じりに語った。

橋本は「『偽義経~』にはロックや笑い、バカだけどカッコよくてグッとくる、など、大好きなものが詰まっている。これぞ新感線という舞台です」と本作をアピール。さらに福岡・博多座公演があることに触れて橋本は「僕は今までいのうえさんに2回、本気の『死ねー!』を言われたことがあります。そのうち1回が、新感線が博多に初上陸したとき。僕がいのうえさんに追いかけられるシーンで出とちりをしたせいで、いのうえさんが1人で舞台を走り回ることになりました。いのうえさんに『死ねー!!』と、聞いたこともないハイトーンボイスで言われて。今度こそ成長した姿をいのうえさんにお見せし、最高の舞台を東京と博多に届けたい」とエピソードを明かしつつ決意を表明し、会見場を爆笑で包んだ。

会見後に実施された囲み取材には、生田、中山、りょう、藤原が出席。中山は今作で初共演した生田を「ちょっとムカつくぐらい、ほとんど完璧な人です」と称賛。生田に点数を付けるなら「99点」と語った中山は、100点ではない理由を「舞台メイクが下手なところ(笑)」と明かす。これを受けた生田は「優馬は化粧が上手なんです! 僕、ダメですわ……」と肩を落とし、記者たちを和ませた。

公演は2月15日から3月24日まで東京・TBS赤坂ACTシアター、4月4日から28日まで福岡・博多座にて。博多座公演は2月8日10:00にチケットを発売。

2020年劇団☆新感線 39(サンキュー)興行・春公演「いのうえ歌舞伎『偽義経冥界歌(にせよしつねめいかいにうたう)』」

2020年2月15日(土)~3月24日(火)
東京都 TBS赤坂ACTシアター

2020年4月4日(土)~28日(火)
福岡県 博多座

作:中島かずき
演出:いのうえひでのり
出演:生田斗真 / りょう中山優馬藤原さくら / 粟根まこと山内圭哉早乙女友貴 / 三宅弘城 / 橋本さとし / 右近健一河野まさと逆木圭一郎村木よし子インディ高橋 / 山本カナコ礒野慎吾吉田メタル、中谷さとみ、保坂エマ村木仁川原正嗣武田浩二 / 狩野新之介、鈴木智久、山崎翔太、渡部又吁、小板奈央美、後藤祐香、齋藤志野、鈴木奈苗藤家剛川島弘之菊地雄人あきつ来野良藤田修平北川裕貴、紀國谷亮輔、下島一成

※山崎翔太の「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。
※2020年2月27日追記:2月28日(金)から3月10日(火)までの公演は、新型コロナウイルスの影響で休演になりました。

ステージナタリーをフォロー