「月刊ニュータイプ」で中島かずきの連載スタート、早乙女太一&友貴と鼎談

262

中島かずきの新連載「中島かずきと役者人(やくしゃびと)」が、3月9日発売の「月刊ニュータイプ」4月号(KADOKAWA)でスタートする。

左から早乙女友貴、中島かずき、早乙女太一。

左から早乙女友貴、中島かずき、早乙女太一。

大きなサイズで見る(全2件)

「月刊ニュータイプ」4月号(KADOKAWA)

「月刊ニュータイプ」4月号(KADOKAWA)[拡大]

「中島かずきと役者人」は、劇団☆新感線の座付き作家であり、アニメの脚本を多数手がける中島が俳優たちに切り込んでいく連載企画。初回には、早乙女太一早乙女友貴が兄弟そろって登場する。

劇団☆新感線作品にも出演経験がある兄の早乙女太一は、中島が脚本を手がける劇場アニメーション「プロメア」で声優を務め、弟の早乙女友貴は、同じく中島が脚本を担当した劇団☆新感線「いのうえ歌舞伎『偽義経冥界歌』」の公演を間近に控えている。3人からどのような話題が飛び出すのか、ファンは楽しみにしておこう。

「偽義経冥界歌」は、3月8日に大阪・フェスティバルホールで開幕。その後、4月に石川・金沢歌劇座、長野・まつもと市民芸術館で上演され、来年2020年2月に東京・TBS赤坂ACTシアター、4月に福岡・博多座で公演が行われる。

この記事の画像(全2件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

中島かずきのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 中島かずき / 早乙女太一 / 早乙女友貴 / 劇団☆新感線 / プロメア の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします