「WACK合同オーディション2021」スタート、候補生20名が合格を目指す

1579

本日3月21日に音楽事務所WACKによる合宿型オーディション「WACK合同オーディション2021」がスタートした。

「WACK合同オーディション2021」候補生

「WACK合同オーディション2021」候補生

大きなサイズで見る(全35件)

毎年恒例となっている「WACK合同オーディション」。今年は新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除された本日3月21日から27日までの行程で行われ、その模様は全編にわたってニコニコ生放送で生中継される。合宿に参加する現役メンバーはチャントモンキー(BiS)、リンリン(BiSH)、YU-Ki EMPiREEMPiRE)、ミユキエンジェル(豆柴の大群)、ココ・パーティン・ココ(GO TO THE BEDS)、テラシマユウカ(PARADISES)、そしてWAggからア・アンズピア、愛、アイナスター、月ノウサギ、YUiNA EMPiREの11名。WAggメンバーは2日目に、そのほかの現役メンバーは3日目に合流する。

「WACK合同オーディション2021」会場に到着した渡辺淳之介と候補生。

「WACK合同オーディション2021」会場に到着した渡辺淳之介と候補生。[拡大]

初日の午前、東京・渋谷区道玄坂にあるWACKの事務所前には候補生20名が集合し、WACK代表・渡辺淳之介やスタッフとともにバスに乗って合宿会場に移動。渡辺は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、マスク着用の徹底を呼びかけつつ、会場に到着後に課題曲を使った歌唱審査を行うとアナウンスした。今年の候補生はリコチ・F、アユミ・H、PAST EMPiRE、コトチャン、アクム・ミタカナ?、テラタイリク・ユウカ、バアユ、キミドリコ、モノノケヒメ・コッゾウ、コユキデーモン、ウンコグミカンパニー、もしもしチャン、カトームセンシティ部、ハルナスペース、イギー、コーラ、サケブサケ、オキタユア、ワキ・ガ・ドクソン、メインディッシュ・アカネの20名で、リコチ、コトチャン、もしもしチャン、コーラの4名はWACKによる公開型全世界リアルタイムオーディション「Project WACKちん」からの参加だ。候補生がWACKの一員になることを目指す、6泊7日の過酷な合宿オーディションがいよいよ始まった。

「WACK合同オーディション2021」1日目・歌唱審査の様子。

「WACK合同オーディション2021」1日目・歌唱審査の様子。[拡大]

「WACK合同オーディション2021」1日目・歌唱審査の様子。

「WACK合同オーディション2021」1日目・歌唱審査の様子。[拡大]

「WACK合同オーディション2021」1日目・歌唱審査の様子。

「WACK合同オーディション2021」1日目・歌唱審査の様子。[拡大]

会場に到着後、ニコニコ生放送による生中継がスタート。メインホールに集まった候補生に向け、渡辺は「本気でやらないと、本気以上でやらないとあとあと後悔するのは自分なので。全力で来てくれたら全力でスタッフも返します。先に言っておくと、めっちゃえこひいきするので。それが芸能界。自分が目立ってやってやるんだって気持ちでいてください」と呼びかけ、歌唱審査の課題曲がBiS「STUPiD」であることを発表。続けて「1週間後にはうちのアーティストになる可能性があります。この場を初ライブだと思って、お客さんがいると思ってパフォーマンスしてください」と呼びかけ、歌唱審査が始まった。候補生たちは順番にステージに上がり、審査を務める渡辺の目の前で「STUPiD」を歌っていった。候補生の様子は振り付けを交える人、大きな声で意気込みをアピールする人、緊張を隠しきれず声が裏返ってしまう人などさまざまだ。

歌唱審査終了後、夜に行う審査内容が発表され、候補生は5組に分かれてBiSHの「オーケストラ」を披露することに。チームは1組目がキミドリコ、アユミ、ウンコ、コトチャン、2組目がPAST、リコチ、コーラ、アクム、3組目がもしもしちゃん、イギー、ハルナ、テラタイリク、4組目がメインディッシュ、ワキ・ガ、バアユ、カトー、5組目がコユキデーモン、モノノケヒメ、サケブサケ、オキタユアという組み合わせになり、それぞれ練習に移った。

「WACK合同オーディション2021」より個人面談の様子。

「WACK合同オーディション2021」より個人面談の様子。[拡大]

「WACK合同オーディション2021」より個人面談の様子。

「WACK合同オーディション2021」より個人面談の様子。[拡大]

練習の合間に設けられた個人面談では渡辺が候補生の思いに耳を傾けつつ、「一瞬一瞬が勝負。全力を出して後悔のないように」といった具合に、緊張している候補生に声をかけていく。そんな中、モノノケヒメとの面談時には「このままだと最初に落ちそうだよ。言っていることが真を突いていない。本当の言葉でしゃべらないと見透かされちゃうよ」と厳しい言葉を向ける場面もあった。また面談中のヒアリングにより、候補生たちはほとんどがBiSへの加入を希望していることが明らかになった。

夜のグループ審査後、渡辺が総評を候補生に伝えた。「五十歩百歩で何がよかったとかはない。3時間しか練習時間がない状況だったけど、お互いのことを信頼してないだろうなという雰囲気。アイコンタクトもなければ、誰かを気遣うもない。なぜこのグループの組み合わせなのか、アイドルはグループワークなのにそれを理解していない。あとは表情が固いし下を向いているし、あと1週間であなたたちはアイドルになるかもしれない。もう少し考えてもよかったんじゃないですか」と苦言を呈し、「うまいやつもうまくできないやつもいてグループなんだよ。そのグループがまとまってこそ価値が上がると思う。ミスったときにどう助けようかという意識が見えなかったのでよく考えて」とアドバイスを送った。

左から列ごとにチームうんち、チームしこしこ、チームあなあな、チームおまんまん、チームおちんちん。

左から列ごとにチームうんち、チームしこしこ、チームあなあな、チームおまんまん、チームおちんちん。[拡大]

その後、次の課題を同じチーム分けで行うことと、5組のチーム名が発表された。チーム名はチームおちんちん(サケブサケ、コユキデーモン、モノノケヒメ、オキタユア)、チームおまんまん(コーラ、リコチ、アクム、PAST EMPiRE)、チームあなあな(メインディッシュ、バアユ、ワキ・ガ、カトー)、チームしこしこ(イギー、ハルナスペース、もしもしチャン、テラタイリク)、チームうんち(ウンコ、キミドリコ、アユミ、コトチャン)となった。次の課題発表会は明日3月22日正午。課題曲はWACKグループの楽曲の中でもダンスの難易度が高いEMPiREの「Have it my way」に決定した。

「WACK合同オーディション2021」1日目の夕食の様子。

「WACK合同オーディション2021」1日目の夕食の様子。[拡大]

「WACK合同オーディション2021」1日目の夕食の様子。

「WACK合同オーディション2021」1日目の夕食の様子。[拡大]

合宿1日目の夕食は候補生全員のごはんにデスソース入り。時間内に食事を食べきらないと減点となることもあり、候補生たちは「(水を)飲まないとやってられない!」と辛さで顔や耳を紅潮させていた。食事のあとには渡辺が“WACK代表からのありがたいお話”を披露。WACKの成り立ちや、第1期BiSの話、WACK所属グループの楽曲のサウンドプロデュースを手がける松隈ケンタの魅力などを語った。そして「失敗なんていっぱいあるからもっと飛び込んで来てほしい。意識を変えてもらわないと合格者が出ない」と釘を打った。さらにWACKではダンスや歌が下手なこと、口下手なことは気にしないと説明し、「80%しか力を出さないかわいい、きれいなだけの人はうちにはいらない。BiSのチャントモンキーが『WACKは顔じゃない』って言うんですけど、顔でも選んでます」と求めるメンバー像について言及。そして「大事にしているのはあきらめない気持ち、やり抜く気持ち。ちょっとした甘えとかもバレます。券売が落ちます。一番シビアなところです。お金を払いたくないと思われたら来てくれないんです」と話を続けていく。その後、渡辺は「広末涼子と結婚したい」と発言したほか、「ありがとう、愛してる、渡辺淳之介が好き」と候補生に唱和させるなどフリートークを織り交ぜながら候補生の質問に答えた。

視聴者投票、スタッフ投票、食事を完食できなかった場合のペナルティなどを加味した順位が発表され、1位イギー、2位もしもしチャン、3位コーラと続き、最下位はカトーという結果に。本日の脱落者は「該当なし」で、候補生全員が明日の課題に臨むことになった。明日の課題で最下位のグループは問答無用で脱落となることが周知され、候補生たちは就寝時間になるまでチームで練習を続けた。

なお明日は早朝6時30分からマラソンが行われる。ニコニコ生放送では24時間にわたって合宿オーディションの模様が生配信されている。

ニコニコ生放送「【前半】全て見せます!WACKオーディション合宿2021完全密着 6泊7日の死闘」

配信日時:2021年3月21日(日)14:30~
配信URL:https://live2.nicovideo.jp/watch/lv330779980

ニコニコ生放送「【後半】全て見せます!WACKオーディション合宿2021完全密着 6泊7日の死闘」

配信日時:2021年3月24日(水)12:00~
配信URL:https://live2.nicovideo.jp/watch/lv330779981

この記事の画像(全35件)

「WACK合同オーディション2021」

視聴者投票結果

1位 イギー(1870票)
2位 もしもしチャン(1664票)
3位 コーラ(1556票)
4位 アクム・ミタカナ?(933票)
5位 メインディッシュ・アカネ(715票)
6位 リコチ・F(690票)
7位 PAST EMPiRE(617票)
8位 テラタイリク・ユウカ(565票)
9位 コトチャン(462票)
10位 ハルナスペース(408票)
11位 ワキ・ガ・ドクソン(406票)
12位 バアユ(310票)
13位 ウンコグミカンパニー(262票)
14位 キミドリコ(257票)
15位 モノノケヒメ・コッゾウ(228票)
16位 オキタユア(199票)
17位 サケブサケ(119票)
18位 アユミ・H(105票)
19位 コユキデーモン(71票)
20位 カトームセンシティ部(53票)

総合ポイント

1位 イギー 24P
2位 もしもしチャン 21P
3位 コーラ 20P
4位 アクム・ミタカナ? 17P
5位 リコチ・F 16P
5位 メインディッシュ・アカネ 16P
7位 PAST EMPiRE 15P
8位 テラタイリク・ユウカ 14P
9位 コトチャン 13P
10位 ハルナスペース 12P
11位 ワキ・ガ・ドクソン 11P
12位 バアユ 9P
13位 ウンコグミカンパニー 8P
14位 キミドリコ 7P
15位 オキタユア 6P
16位アユミ・H 4P
16位 サケブサケ 4P
18位 モノノケヒメ・コッゾウ 3P
19位 コユキデーモン 2P
20位 カトームセンシティ部 1P

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

渡辺淳之介のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 渡辺淳之介 / BiS / BiSH / EMPiRE / 豆柴の大群 / GO TO THE BEDS / PARADISES / WAgg の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。