「WACK合同オーディション2021」4日目で“みんなの遊び場”が復活

1759

昨日3月24日に音楽事務所WACKによる合宿型オーディション「WACK合同オーディション2021」の4日目が行われた。

GANG PARADEの挨拶をする月ノウサギ、ココ・パーティン・ココ、テラシマユウカ。

GANG PARADEの挨拶をする月ノウサギ、ココ・パーティン・ココ、テラシマユウカ。

大きなサイズで見る(全90件)

毎年恒例となっている「WACK合同オーディション」。今年は新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除された3月21日から27日まで行われ、その模様は全編にわたってニコニコ生放送で生中継されている。

「WACK合同オーディション2021」4日目の救済腹筋対決の様子。

「WACK合同オーディション2021」4日目の救済腹筋対決の様子。[拡大]

脱落が決まった愛に身を寄せるYUiNA EMPiREとアイナスター。

脱落が決まった愛に身を寄せるYUiNA EMPiREとアイナスター。[拡大]

4日目開始の時点で、候補生はもともといた20名から9名に減り、PAST EMPiRE、テラタイリク・ユウカ、キミドリコ、もしもしチャン、イギー、コトチャン、コーラ、メインディッシュ・アカネ、バアユという9人の候補生、WAggメンバーのア・アンズピア、アイナスター、月ノウサギ、YUiNA EMPiREが残った。3日目に脱落が発表されたオキタユア、ハルナスペース、リコチ・F、ウンコグミカンパニー、カトームセンシティ部、ワキ・ガ・ドクソン、コユキデーモン、WAggの愛は、早朝6時15分から救済をかけた腹筋対決に臨んだ。その結果、コユキデーモンが激しく声を上げながら奮闘。腹筋運動を126回行って1位になり、オーディション復帰を果たした。

米とともに横たわるチャントモンキー(BiS)。

米とともに横たわるチャントモンキー(BiS)。[拡大]

ココ・パーティン・ココ(GO TO THE BEDS)

ココ・パーティン・ココ(GO TO THE BEDS)[拡大]

腹筋対決のあとに始まった早朝マラソンでは折り返し地点の1位通過者に米5kg、2~6位にメロンパンという障害物が用意された。チャントモンキーが米袋を抱えて折り返し、ココ・パーティン・ココ(GO TO THE BEDS)、テラシマユウカ(PARADISES)、YUiNA EMPiRE(WAgg)、ミユキエンジェル(豆柴の大群)がメロンパンを食べ終わるまで足止めを食らった。その結果、チャントモンキー(BiS)が米5kgを抱えて1位を保ったままゴール。そのあと月ノウサギ(WAgg)、YU-Ki EMPiRE(EMPiRE)、PAST EMPiRE、バアユ、リンリン(BiSH)、アイナスター(WAgg)、キミドリコ、テラタイリク・ユウカ、もしもしチャン、イギー、コユキ、YUiNA、コトチャン、ア・アンズピア(WAgg)、テラシマ、コーラ、メインディッシュ・アカネ、ミユキと続き、最下位がメロンパンに苦しめられたココという結果になった。

デスソース入りごはんを食べるミユキエンジェル(豆柴の大群)。

デスソース入りごはんを食べるミユキエンジェル(豆柴の大群)。[拡大]

参加者一同は食堂に移動し、「いただきます」と一斉に唱和してからさっそく朝食にデスソースが入っていないか確認する。今回はリンリン、チャントモンキー、ミユキ、テラタイリク、もしもしチャンのごはんがデスソース入りで、チャントモンキーはデスソース入りごはんを食べ終わったあとの口直しに白米をおかわりした。昼の課題曲はBiSH「オーケストラ」、豆柴の大群「豆柴の大群 -お送りするのは人生劇場-」で、短い時間で2曲のパフォーマンスを完成させる必要があるため、候補生、WAggメンバーのみならず、現役メンバーも構成に苦戦している様子だった。

ア・アンズピアとアイナスター。

ア・アンズピアとアイナスター。[拡大]

各チームの練習が始まろうというとき、廊下でアンズピアとWACK代表渡辺淳之介が話しており、アンズピアと昼のパフォーマンス審査で同じチームのココ、アイナスターがその2人の会話を見守っている。アンズピアは持病の腰痛が悪化したことを報告しつつ、合宿参加の継続を希望していた。しかし渡辺から「みんなに活躍してほしくて合宿をやっている。ずっとがんばってるのを俺は見てるし、このオーディションだけがゴールじゃないじゃん。無理する必要はないよ。焼き肉おごるから」と声をかけられ、アンズピアはしばし間を置いてから「今回は辞退させていただきます」と決断した。アイナスターも「WAggの4月公演に全員で出られないことのほうがつらい」と話し、アンズピアにしばし寄り添った。渡辺はニコ生のカメラに向かってアンズピアの合宿参加辞退を報告。ココとアイナスターは2人で昼のパフォーマンス審査に臨むことになった。

チャントモンキーチーム

チャントモンキーチーム[拡大]

リンリンチーム

リンリンチーム[拡大]

YU-Ki EMPiRE(EMPiRE)

YU-Ki EMPiRE(EMPiRE)[拡大]

「WACK合同オーディション2021」昼のパフォーマンス審査後の様子。

「WACK合同オーディション2021」昼のパフォーマンス審査後の様子。[拡大]

「WACK合同オーディション2021」昼のパフォーマンス審査後の様子。

「WACK合同オーディション2021」昼のパフォーマンス審査後の様子。[拡大]

昼のパフォーマンス審査のチーム分けは「リンリンチーム」がキミドリコ、コトチャン、コユキ、「YU-Ki EMPiREチーム」がYUiNA、メインディッシュ、「ココ・パーティン・ココチーム」がアイナスター、「チャントモンキーチーム」が月ノ、コーラ、イギー、「テラシマユウカチーム」がもしもしチャン、バアユ、「ミユキエンジェルチーム」にPAST EMPiRE、テラタイリクという組み合わせ。それぞれのチームがパフォーマンスしたあとに発表された順位は1位チャントモンキーチーム、2位ココ・パーティン・ココチーム、3位ミユキエンジェルチーム、4位テラシマユウカチーム、そしてリンリンチームとYU-Ki EMPiREチームが同率5位となった。渡辺は「全員大差ないです。特に候補生」と話し始め、「候補生はもう9人しかいないのに1位になれなくてどうする。何万人もいる芸能人の中でも1位を目指すのにここでそれがやれなくてどうするんですか。がんばってることは認めますけど、突き抜けてない。現役メンバーもなぜそれをサポートさせてあげられないんですか。もっと上を目指してやらせてあげるべきじゃないですか。自分たちが一番わかってるでしょう、厳しい世界だって」とシビアなコメントを送った。YU-Kiは泣き、リンリンはこの評価になった理由を考えつつ、候補生と接している様子だった。

昼食後、新たなチーム分けが発表された。1組目がコトチャン、キミドリコ、PAST EMPiRE、コユキ、2組目がイギー、コトチャン、もしもしチャン、3組目がバアユ、メインディッシュ、テラタイリク、4組目がミユキ、チャントモンキー、リンリン、5組目がアイナスター、YU-Ki、YUiNA、6組目が月ノ、ココ、テラシマという組み合わせに。次のパフォーマンス審査は19時30分スタート。課題曲は「pretty pretty good」で、振り付けはまねしても新たに作っても問題がない。この曲はGANG PARADEの前身グループにあたるP.O.Pが2015年に発表した楽曲だ。渡辺は課題曲発表に続けて、候補生たちにオーディションの現実を突きつける発言をする。「メンバーが誰かは関係なく、最下位のグループには帰ってもらいます。失敗したら救済がないので気を付けてください。現役メンバーは負けたら半端なくダサいので気を付けて」と語った。チーム分けが決まったあと、リンリンは昼の審査までともに練習に励んだ候補生のキミドリコ、コトチャン、コユキのいる席に向かい、アドバイスを送ってから練習場に向かっていった。

キミドリコ

キミドリコ[拡大]

コーラ

コーラ[拡大]

YUiNA EMPiRE(WAgg)

YUiNA EMPiRE(WAgg)[拡大]

チャントモンキー(BiS)

チャントモンキー(BiS)[拡大]

YU-Ki EMPiRE(EMPiRE)

YU-Ki EMPiRE(EMPiRE)[拡大]

15時からは練習と並行して全員を対象とした個人面談が行われた。渡辺は候補生10人、WAgg3人、現役6人の計19人と2時間30分をかけて1人ずつと話し合った。候補生には100%以上を出し切ることや突き抜けることの大切さ、一番を目指す意味、失敗することの意義と失敗を恐れて行動しないことの価値のなさなどを説いた。またWAggのYUiNAはオーディション初日から不完全燃焼の状態が続いていた。渡辺は「昇格を目指してきたんでしょ? このままじゃフェードアウトだよ。お前、失敗しかしてないじゃん。起死回生の一打を打たないと。このまま落ちたら、WAggに落ち込んだ気持ちを引きずって帰るじゃん。切り替えてやって。最下位になりそうで怖いよ、そうなったら超ダサい」と伝え、YUiNAは「次はないなと思って。ここで絶対1位を取りたいと思っています」と意気込んだ。チャントモンキーは「初合宿は難しいことがたくさんあるけど、候補生のやる気はすごくあって、真面目な子が多い分、殻を破るのが難しい。例年より盛り上がってないというか、パンチが弱いというか。私が引き出せても80%止まりでまだ120%が引き出せていない」と話し、積極的に渡辺に質問を投げかけた。スタッフ、ファンから雨女として知られているYU-Kiは、今回の合宿でうまくいかないことが続いている。渡辺が「涙を流すより雨を降らせてくれよ。どうなってんだよ」と冗談交じりで話しかけると再び泣き出すも、YU-Kiは渡辺と現状について話し合いをして練習に戻っていった。

左からイギー、コーラ、もしもしチャン。

左からイギー、コーラ、もしもしチャン。[拡大]

「pretty pretty good」を披露する月ノウサギ、ココ・パーティン・ココ、テラシマユウカ。

「pretty pretty good」を披露する月ノウサギ、ココ・パーティン・ココ、テラシマユウカ。[拡大]

抱きあるココ・パーティン・ココ、テラシマユウカ、月ノウサギ。

抱きあるココ・パーティン・ココ、テラシマユウカ、月ノウサギ。[拡大]

夜のパフォーマンス審査では「pretty pretty good」を各チームが披露した。6組中ラストに登場したのは、GANG PARADEのメンバーとして昨年まで活動していたココ、テラシマ、月ノの3人。「はじめまして! 私たち、エンジョイプレイ! みんなの遊び場、GANG PARADEです! よろしくお願いします!」と約1年ぶりにギャンパレの挨拶をし、圧巻のパフォーマンスを見せて1位を獲得した。1位以下は続けて2位がイギー、コーラ、もしもしチャン、3位がミユキ、チャントモンキー、リンリン、4位がYU-Ki、YUiNA、アイナスター、5位がバアユ、メインディッシュ、テラタイリク、6位がコトチャン、キミドリコ、PAST EMPiRE、コユキという結果に。これにより6位の4人の脱落が決定したが、渡辺は「6位は脱落ですが、まだがんばれそうなので救済の措置は取らせてもらおうと思います」と前言撤回。5日目の早朝ババ抜き対決の勝者を救済することを説明した。そしてパフォーマンス審査を振り返り、「みんなの目や飛躍を見ていて、いつもやらなきゃいけない最低ラインなんですよ。ギャンパレチームの3人も気付いたと思うけど、これをやり続けなきゃいけないってことを考えてほしい。メンバーも候補生も思ってほしいです」とコメントした。

「WACK合同オーディション2021」学力テスト結果発表時の様子。

「WACK合同オーディション2021」学力テスト結果発表時の様子。[拡大]

「WACK合同オーディション2021」学力テスト結果発表時の様子。

「WACK合同オーディション2021」学力テスト結果発表時の様子。[拡大]

コーラの解答用紙。

コーラの解答用紙。[拡大]

「WACK合同オーディション2021」学力テスト結果発表時の様子。

「WACK合同オーディション2021」学力テスト結果発表時の様子。[拡大]

夕食後には前日に行われた学力テストの結果が発表された。1位は79点テラシマ、2位は77点チャントモンキー、3位は76点コユキ、最下位は同率37点でもしもしチャンとキミドリコとなった。珍回答ではYU-Kiが「ミイラ取りが〇〇になる」の空欄を埋める問題で、「ミイラ取りが灰になる」、コーラが理科のイラスト問題で水上置換法、上方置換法、下方置換法が答えのところを「水中集め」「上から集め」「下から集め」と解答するなどがあった。その後、夜のパフォーマンス審査で最下位になり、脱落したPAST EMPiRE、コトチャン、コユキ、キミドリコの4人は、5日目の早朝にババ抜きで勝負してイチ抜けすれば救済されることがアナウンスされた。

「WACK合同オーディション2021」コント審査に参加するWACKスタッフの堂前氏、平山氏。

「WACK合同オーディション2021」コント審査に参加するWACKスタッフの堂前氏、平山氏。[拡大]

明日の昼のパフォーマンス審査の内容は2人1組によるコントに決定。YUiNAとメインディッシュ、月ノとコーラ、ココともしもしチャン、ミユキとテラタイリク、チャントモンキーとイギー、リンリンとアイナスター、テラシマとバアユ、YU-Kiと救済者がコントバトルを繰り広げる。さらにゲスト枠としてWACKスタッフの平山氏と堂前氏が参加することがアナウンスされた。和やかな夜の締めくくりになったが、渡辺は「コントでも脱落、あるからね」と一同に釘を刺した。

この記事の画像(全90件)

ニコニコ生放送「【前半】全て見せます!WACKオーディション合宿2021完全密着 6泊7日の死闘」

配信日時:2021年3月21日(日)14:30~
配信URL:https://live2.nicovideo.jp/watch/lv330779980

ニコニコ生放送「【後半】全て見せます!WACKオーディション合宿2021完全密着 6泊7日の死闘」

配信日時:2021年3月24日(水)12:00~
配信URL:https://live2.nicovideo.jp/watch/lv330779981

「WACK合同オーディション2021」4日目

マラソン

1位 チャントモンキー(BiS
2位 月ノウサギ(WAgg
3位 YU-Ki EMPiRE(EMPiRE)
4位 PAST EMPiRE
5位 バアユ
6位 リンリン(BiSH
7位 アイナスター(WAgg)
8位 キミドリコ
9位 テラタイリク・ユウカ
10位 もしもしチャン
11位 イギー
12位 コユキデーモン
13位 YUiNA EMPiRE(WAgg)
14位 コトチャン
15位 ア・アンズピア(WAgg)
16位 テラシマユウカ(PARADISES
17位 コーラ
18位 メインディッシュ・アカネ
19位 ミユキエンジェル(豆柴の大群
20位 ココ・パーティン・ココ(GO TO THE BEDS

WACK / WAggメンバーポイント結果

1位 チャントモンキー(BiS)61P
2位 ココ・パーティン・ココ(GO TO THE BEDS)38P
3位 アイナスター(WAgg)33P
4位 月ノウサギ(PARADISES)32P
5位 リンリン(BiSH)27P
6位 テラシマユウカ(PARADISES)25P
7位 YU-Ki EMPiRE(EMPiRE)21P
7位 ミユキエンジェル(豆柴の大群)21P
9位 YUiNA EMPiRE(WAgg)16P

視聴者投票結果

1位 イギー 1870票
2位 もしもしチャン 1664票
3位 コトチャン 820票
4位 コーラ 580票
5位 テラタイリク・ユウカ 457票
6位 PAST EMPiRE 261票
7位 メインディッシュ・アカネ 250票
8位 コユキデーモン 194票
9位 バアユ 130票
10位 キミドリコ 68票

総合ポイント結果

1位 イギー113P
2位 もしもしチャン95P
3位 PAST 80P
4位 テラタイリク・ユウカ 78P
4位 コーラ 78P
6位 メインディッシュ・アカネ 74P
7位 コトチャン 68P
8位 バアユ 59P
9位 コユキデーモン 38P
10位 キミドリコ 37P

学力テスト

1位 テラシマユウカ 79点
2位 チャントモンキー 77点
3位 コユキデーモン 76点
3位 メインディッシュ・アカネ 76点
5位 コトチャン 75点
6位 ココ・パーティン・ココ 73点
7位 YU-Ki EMPiRE 71点
8位 イギー 70点
8位 月ノウサギ 70点
10位 アイナスター 67点
11位 バアユ 64点
12位 リンリン 63点
13位 PAST EMPiRE 61点
14位 コーラ 57点
15位 ミユキエンジェル 48点
16位 テラタイリク・ユウカ 44点
17位 YUiNA EMPiRE 38点
18位 もしもしチャン 37点
18位 キミドリコ 37点

全文を表示

※記事初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

関連する特集・インタビュー

関連記事

渡辺淳之介のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 渡辺淳之介 / BiS / BiSH / EMPiRE / 豆柴の大群 / GO TO THE BEDS / PARADISES / WAgg の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。