大貫妙子と坂本龍一のコラボ曲、湯浅政明監督のNetflixアニメ「日本沈没2020」主題歌に

1006

大貫妙子坂本龍一の楽曲「a life」(エーライフ)が、7月9日(木)よりNetflixで配信されるオリジナルアニメ「日本沈没2020」の主題歌に決定した。

左から大貫妙子、坂本龍一。

左から大貫妙子、坂本龍一。

大きなサイズで見る(全3件)

湯浅政明が監督を務める「日本沈没2020」は、小松左京の小説「日本沈没」を初めてアニメ化した作品。大地震により崩壊した日本を舞台に、ごく普通の家族・武藤家を中心とする人々が力を合わせて困難に立ち向かう様子が描かれる。

「a life」は2010年に発売された大貫と坂本のコラボアルバム「UTAU」の収録曲で、プロデューサーの厨子健介はこの曲を選んだ理由について「『a life』は、その世界観が『日本沈没2020』のテーマとシンクロし、聴いているとイメージが際限なく広がっていく曲でした」とコメント。YouTubeでは「a life」が流れる「日本沈没2020」のオープニング映像が公開された。

大貫妙子 コメント

誰かのせいにしたりせず現実と向き合い、姿勢を正し自分の軸をきちんとつくることがこれからの時代を生きていく自分の助けになると思います。歌うということは変わらないけれど、あらたな価値観で力強く生きていこうとするひとのために歌っていきたい。

坂本龍一 コメント

あたりまえの日常がどんなに大切か、ぼくたちは知っている

湯浅政明 コメント

透明感、日常感がありながらも、地に足がついた素敵な曲でした。殺伐とした天変地異後の暗い本編とは対照的な、明るい爽やかな朝のルーチンを毎回見る事で、失ったものの尊さを感じてもらえると良いと思いました。
朝の光、柔らかい布団や温かい飲み物、自然の風景や小動物のクローズアップを、記憶の中にある様に柔らかいタッチで断片的にオーバーラップしながら、透明感ある白い光の中に描きます。

厨子健介(プロデューサー)コメント

「a life」は、その世界観が「日本沈没2020」のテーマとシンクロし、聴いているとイメージが際限なく広がっていく曲でした。湯浅監督が描く、ささやかな日々、家族や友人、国や国家すらも失うようなとてつもない困難に直面しても、前を向き力強く歩もうとする人々の物語。坂本龍一さんの美しい旋律と大貫妙子さんの透明感のある歌声で“心の力で飛び越えよう”と歌う「a life」。この素敵なコラボレーションを、是非お楽しみ頂けたらと思います。人を優しくする、人を笑顔にする“つぶやき”で溢れる世界になることを心から願っています。

この記事の画像・動画(全3件)

関連記事

大貫妙子のほかの記事

リンク