音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

加山雄三が声優初挑戦に「幸せだなあ」、ファーストサマーウイカの目標は“令和の若女将”

639

左からファーストサマーウイカ、加山雄三。

左からファーストサマーウイカ、加山雄三。

加山雄三ファーストサマーウイカBILLIE IDLE)が、本日12月4日に東京・パークタワーホールで行われた映画「ジュマンジ/ネクスト・レベル」の声優発表&会見イベントに登場した。

12月13日より全国上映がスタートする「ジュマンジ/ネクスト・レベル」は、2017年公開「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」の2年後を描いた作品。ゲームの世界に吸い込まれてしまった主人公たちがもとの世界に戻るため大冒険を繰り広げる。今回の声優発表&会見イベントでは、まず本作で初めて吹替えに挑戦するファーストサマーウイカがステージに現れた。子供の頃から声優に憧れていたという彼女は「巡り巡って子供の頃の夢が叶いました。本当に感無量です。とくにゲームの中の声優さんに憧れていたので、『ジュマンジ』のゲームの中に吸い込まれてしまうという設定は『私のためにあるんやん!』と思って光栄でした(笑)」と喜びを語った。また本作の見所を聞かれると「主人公の学生4人以外にもエディとマイロ・ウォーカーというおじいちゃんのキャラクターが登場するんですけど、おじいちゃんがゲームの中に入っているというのが今回の超面白ポイントなんじゃないかと思います(笑)」と回答。すると司会からマイロ・ウォーカー役の声優をこの場で発表することが告げられ、加山がサプライズ登場した。

前作「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のPRイベントにも出席している加山は、「吹替えをやるのは初めてで緊張しましたね。何回もやり直したという、そういう情けないジジイでございます」と笑顔で挨拶。吹替えに挑戦しようと思ったきっかけについては、「僕はこの作品に非常に興味を持っていて、前作も面白いなと思ったんです。今回も非常に楽しみにしていました」と語った。そして司会者から「声優に挑戦してみて、今のお気持ちはいかがですか?」と質問が飛ぶと、「幸せだなあ」と返して記者陣を和ませた。またファーストサマーウイカは、ゲーム好きとしても知られる加山に対して「ゲーマーと、ドラマーという共通点が見つかりました。とてもうれしいです」とコメント。加山は「僕はゲーム始めちゃうと19時間くらいやっちゃう(笑)。夜中の3時頃にゲームをクリアすると周りに誰もいないんだよ(笑)」とゲーマーとしての一面を明かした。

イベント後半には質疑応答の時間も設けられた。11月に軽度の脳梗塞を発症し入院していた加山に、記者から入院生活についての質問が飛ぶと、彼は「脳梗塞と言われて『ついに来たか』という気持ちだったのですが、よく調べてもらったらなんの影響もなかった。入院してみて健康のありがたさが初めてわかりましたね」と回答。そして加山と初共演した感想を聞かれたファーストサマーウイカは「加山さんは1人のエンタテイナーとして、すごく尊敬できる方」「なにより昭和、平成、令和と3時代を渡っての若大将ですので、私はこの共演をきっかけに“令和の若女将”を目指そうかなと思います(笑)」と笑顔で話した。

映画「ジュマンジ/ネクスト・レベル」

公開日:12月13日(金)日米同時公開
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

音楽ナタリーをフォロー