音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

ユニコーン、星野源の主演映画「引っ越し大名!」に主題歌「でんでん」書き下ろし

4074

ユニコーンが8月30日公開の映画「引っ越し大名!」の主題歌を担当する。

「引っ越し大名!」は、土橋章宏原作の時代小説「引っ越し大名三千里」を実写映画化した作品。生涯に7回もの国替えを命じられた実在の大名・松平直矩のエピソードをもとに、姫路藩の藩士たちが莫大な費用と労力のかかる引っ越しを知恵と工夫で乗り切ろうとする物語が描かれる。犬童一心が監督を努め、星野源が主人公である姫路藩書庫番の片桐春之介を演じる。

約8年ぶりに実写映画の主題歌を担当するユニコーンは、本作に新曲「でんでん」を書き下ろし。曲名は読書好きの“引きこもり侍”春之介のあだ名が「カタツムリ」であることにちなんで付けられた。ユニコーンは楽曲について、「映画の内容を踏まえて、今回は詞から先に書きました。曲も、『でんでん』っていう感じになってます(笑)」とコメント。星野は「人間と日本と季節を感じる、『引っ越し大名!』にぴったりの素晴らしい主題歌でした。まさか自分の主演映画にユニコーンの皆さんが、しかも奥田民生さん川西幸一さんという大好きなお二人が主題歌を書き下ろしてくださる日が来るとは」と語っている。

YouTubeでは「でんでん」を使用した「引っ越し大名!」の予告映像を公開中。

音楽ナタリーをフォロー