ユニコーン

ユニコーン

ユニコーン

1986年に広島で結成。翌1987年にアルバム「BOOM」でメジャーデビューを果たす。メンバーは奥田民生、EBI、手島いさむ、川西幸一、ABEDONの5人。全員が楽曲制作に携わりボーカルを取るフレキシブルなスタイルで、オリジナリティあふれる活動を展開する。「大迷惑」「働く男」「雪が降る町」「すばらしい日々」など数々のヒット曲を生み出すも1993年に惜しまれつつ解散。その後はそれぞれソロ活動を展開していたが、2009年に16年ぶりに再始動する。2月にシングル「WAO!」とアルバム「シャンブル」を発表し、3月より全国ツアー「蘇える勤労」を開催した。ソロ活動と並行してユニコーンとしての活動も行い、メンバーが50歳を迎えた際には「50祭」と銘打ったライブイベントを実施した。2017年10月にデビュー30周年を迎え、12月にリマスタリングボックス「UC30 若返る勤労」をリリース。同月より全国ツアー「UC30 若返る勤労」を開催した。2019年は再始動10周年、現メンバーとなって初のアルバム「服部」リリースから30周年、川西の生誕60周年を迎えることを受けて“ユニコーン100周年”と銘打って活動。3月に「UC100V」、10月に「UC100W」とアルバムを2作発表し、2020年には初の展覧会「ユニコーン100周年展~百が如く~」を東京・表参道ヒルズ内スペース オーにて開催した。最新作は2020年12月リリースの配信限定シングル「TIME-TO-MORE」。

リンク

関連する画像