音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

BiSH、BiS、ギャンパレ、EMPiRE集結!WACK映画「せかかな」豪華舞台挨拶

859

映画「世界でいちばん悲しいオーディション」上映会イベントでの集合写真。

映画「世界でいちばん悲しいオーディション」上映会イベントでの集合写真。

ドキュメンタリー映画「世界でいちばん悲しいオーディション」の舞台挨拶が、本日1月18日に東京・丸の内ピカデリー1で開催された。

この映画は2018年3月に九州の離島・壱岐島にて7日間にわたって実施された音楽事務所WACKのオーディション「WACK合同オーディション2018」の模様を追った作品。本日の上映会にはWACK代表の渡辺淳之介、本作でメガホンを取った岩淵弘樹監督、BiSHBiSGANG PARADEEMPiREが参加し、トークとミニライブを行った。

まず本作のプロデュースを手がけた渡辺淳之介は「この映画は僕が毎年行っております、ただの“SMショー”という体のオーディション合宿を1時間半に詰め込んだ作品です。僕自身この映画を改めて観て、勉強するところが非常に多く、自分の言葉すら今の自分に向けてしゃべっているみたいな感じがあって、『がんばります』という気持ちになる映画だと思います。ぜひ楽しんでいただけたらなと思います」とコメント。また2018年のオーディション合宿で合格し、GANG PARADEに加入したハルナ・バッ・チーンは「この合宿オーディションに参加したんですけど、毎日心拍数がすごくて、体に血が巡りわたっている感覚、生きているという感覚を噛み締めていました。オーディションに受かりたい気持ちがすごく大きくて、それに向かって突っ走ってました。今も同じ気持ちになることがあって、今は1人じゃなくてGANG PARADEのメンバーみんなで戦っているという感じがあります」とオーディションを振り返った。

BiSHのメンバーとして昨年のオーディション合宿に参加したモモコグミカンパニーは、もともとは渡辺のオーディションのやり方に反対していたことを明かしつつ、「劇中でも渡辺さんと口論になって対立しているシーンもあります」と映画の場面についても言及。さらに「このオーディションはアイドルになりたい子が夢を持って受けるものなんですけど、合格してもまだ終わりじゃない。落ちても終わりじゃなくて、普通の毎日が続く。受かったとしても現役のWACKメンバーを見ればわかるように、個々が日々戦っていて。今も毎日が合宿みたいだと思うこともたくさんあるので、皆さんも映画の登場人物と自分の日常を重ね合わせて、一緒に戦っていこうという気持ちになっていただけたらうれしいです」と来場者にメッセージを送った。そしてオーディション合宿に密着した岩淵監督は「この作品は普通の女の子がアイドルになろうとして、目まぐるしいスピードで変化していく1週間のドキュメンタリー映画です。参加した子たちにとっては一生で1回しかない瞬間がたくさん詰め込まれた内容ですので、一瞬も見逃さずに、名シーン、いろんな場面を楽しんでいただけたら」と述べた。

トークのあとにはミニライブが行われ、EMPiREが「アカルイミライ」、GANG PARADEが「LAST」、BiSが「TiME OVER」、BiSHが「Story Brighter」をそれぞれ披露。最後にモモコグミカンパニーが登壇者を代表して、「これからこの映画を観て、4グループが所属するWACKをもっと好きになって、興味を持っていただけたらいいなと思っております」と挨拶し、イベントを締めくくった。

「世界でいちばん悲しいオーディション」は全国の映画館で上映中。一部の上映回はWACKメンバーによる舞台挨拶付きとなっているので、詳細は映画のオフィシャルサイトで確認しよう。

音楽ナタリーをフォロー