音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

こだわりと愛を詰め込んだ初「のんフェス」、銀杏やサンボの後押し受け大成功

795

「のん、KAIWA フェス Vol.1 ~音楽があれば会話が出来る!~」の様子。(写真提供:MICE ENTERTAINENT INC.)

「のん、KAIWA フェス Vol.1 ~音楽があれば会話が出来る!~」の様子。(写真提供:MICE ENTERTAINENT INC.)

のんが12月28日に東京・恵比寿ガーデンホールで主催ライブイベント「のん、KAIWA フェス Vol.1 ~音楽があれば会話が出来る!~」を開催した。

イベントは架空のラジオ番組「KAIWA RADIO」とライブが交互に行われるスタイルで進行し、のんのほか、堀込泰行銀杏BOYZサンボマスターが出演。まずはラジオDJ役ののんが登場し、ゲストの堀込とトークを繰り広げる。そしてのんは、堀込の弾くアコースティックギターに合わせてTHE TIMERSの「デイ・ドリーム・ビリーバー」やキリンジ「エイリアンズ」を歌い上げた。

続いて銀杏BOYZのライブに。峯田和伸(Vo, G)は「光」を弾き語りで披露し、エモーショナルな歌声で会場を圧倒する。その後バンドメンバーも加わり熱演が展開されていく。ステージ前方に観客が押し寄せると、峯田は「今日は俺たちライブではなくて、のんさんのフェス。みんなでいいフェスにしよう」と呼びかけた。

そのあとに登場したサンボマスターも、銀杏BOYZに負けぬ情熱的なステージを披露。山口隆(Vo, G)は「のんさんのように美しいフェスにしなくちゃいけない。よろしくお願いします!」と挨拶し、「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」「YES」など新旧の代表曲を届けた。

最後は主役であるのんの出番。若森さちこ(G)、岩崎なおみ(B)、ヒグチケイ(G)からなるバンド“のんシガレッツ”が音を鳴らす中、派手なマントをまとったのんが堂々と現れた。彼女は赤いテレキャスターを手にすると、「おれ、のん! 楽しみましょう!」と観客に呼びかけデビュー曲「スーパーヒーローになりたい」でライブをスタートさせた。さらに自身が作詞作曲した「あることないこと」「ストレート街道」などをパフォーマンス。RCサクセション「I LIKE YOU」のカバーもするなど、アーティストとしての存在感をしっかりと観客にアピールした。

MCでは「この衣装、全身タイツみたいな感じなのですごく暑いです(笑)。でも、すごく楽しいです!」とイベントを全力で楽しんでいることを明かした彼女。本編の最後には1月1日リリースの2ndシングルの表題曲「RUN!!!」を演奏し、アンコールでは出演者全員を呼び込んでサディスティック・ミカ・バンド「タイムマシンにおねがい」をセッションして、にぎやかに初の「のんフェス」を締めくくった。

音楽ナタリーをフォロー