音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

SUGIZOソロ20周年作にRYUICHI、Toshl、TERU、辻仁成、Kダブシャイン参加

863

SUGIZOが11月29日にソロデビュー20周年を記念したニューアルバム「ONENESS M」をリリース。今作に参加するゲストボーカリスト第1弾が発表された。

LUNA SEAX JAPAN、Juno Reactorのギタリスト・バイオリニストを担い、ワールドワイドな活動を展開しているSUGIZO。彼のソロ活動の節目を飾る新作のゲストボーカリスト第1弾として、RYUICHI(LUNA SEA)、Toshl(X JAPAN)、TERUGLAY)、辻仁成Kダブシャインという5人がラインナップされた。今後、さらなるゲストの発表が予定されている。

なお今作は彼の音楽への飽くなき探究心がパッケージされた作品。エレクトロ、トランス、テクノ、ダブ、アンビエント、ノイズ、インダストリアル、ニューウェイブ、オルタナティブ、プログレッシブロック、ソウル、ジャズ、民族音楽、現代音楽、クラシックなど幅広い音楽ジャンルの要素を取り入れた多彩な内容となる。初回限定盤はCD2枚組にフォトブックが付属する仕様で、DISC 1にはゲストボーカルをフィーチャーした楽曲、DISC 2にはDISC 1の音源のインストゥルメンタルバージョンを収録。約100Pになる予定のフォトブックには、撮り下ろし写真とライナーノーツが掲載される。

SUGIZO コメント

ソロデビュー20周年という節目に相応しい、特別なアルバムが生まれました。
是非楽しんでいただけたら嬉しいです。

今作に魂を注入してくれた、敬愛するシンガーの友人達に心から感謝します。
今もなお共に歩んでくれているリスナーのみんなの存在に心から感謝します。
そして、波乱万丈の中、20年間走り続けてこれたこの現実に心から感謝します。

音の探求の旅はさらに続きます。
これからも未知なる感動をみなさんと共に体験していけたら本望です。

音楽ナタリーをフォロー